ayaさんの映画レビュー・感想・評価

aya

aya

🌷🥞🌿
ハッピーエンドな映画が好きです。
それと最悪な悪役がでない映画はもっと好きです。

4.5〜5.0:心に残る作品˖✧
3.5〜4.0:観て良かった◎
1.0〜3.0:一度でお腹いっぱい/響かないor辛くなる…

2017年9月からの鑑賞記録

映画(112)
ドラマ(0)

夢と狂気の王国(2013年製作の映画)

4.5

TVで放送されるジブリのドキュメンタリーとはまた違う雰囲気で良かった。所々クスッと笑える作りで面白かったな〜。声優決める場面とか、オタクじゃない場面とか。
学生の頃、何度も観た「もののけ姫」はこうして
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

最初は画面酔いして、私は何を見せられてるの…と不安になった。所々おかしい場面があって、きっとこうなんだろうな〜と何となく読めそうだけど、それ以上の出来事があった。最後は、心が温まって、涙がでました。>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.5

ハリポタ大好き人間なので、今回のファンタビは前作以上に興奮しました。終始、頭の中で!?!!!????!!!の連続。
ほんとにニュートがどストライク!配役最高!ついでに、吹替版が宮野さんでさらにどストラ
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.5

バーフバリ!バーフバリ!って言いたくなる映画。
アクション映画は興味がなく観たことがほぼ無い私だったけど、最後の終わり方…続きが気になる!

くまのアーネストおじさんとセレスティーヌ(2012年製作の映画)

4.5

水彩+動物の物語で、わたしの心は一瞬でやられた…。ネズミの国を隅々まで見たい!特に好きなシーンは、車を背景に隠しちゃうところ。

いまを生きる(1989年製作の映画)

4.0

後半はもう観ていて胸が苦しくて辛くなる。このまま終わっちゃうの…?え…?と思ったら…めちゃくちゃ泣いた。わたしもこの授業受けたかった。

ある日どこかで(1980年製作の映画)

3.5

タイムトラベルはワクワクするから楽しみにしてたけど、こんなにも切ない話だなんて…。
愛に溺れすぎて個人的には好まない作品だったけど、音楽とノスタルジックな雰囲気は良かった。それとタイムトラベルのやり方
>>続きを読む

うる星やつら オンリー・ユー(1983年製作の映画)

3.5

うる星やつららしい映画だった。
オールキャストがドタバタ騒ぎで面白かった。

これでうる星やつら映画を全部見終わった〜!
ランクをつけるなら、やっぱり1位は完結篇!
2位はビューティフルドリーマー。
>>続きを読む

うる星やつら いつだってマイ・ダーリン(1991年製作の映画)

3.0

序盤から、あれ…作画ミス?と思う部分があったけど、ゆる〜く楽しめる作品だった。

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

4.0

この部分が凄く良かった!とかはっきりしないのに、何故か涙が溢れて心に響いた…。
自分の中にあった靄が観終わった後に、すぅーっと無くなった感じ。

うる星やつら3 リメンバー・マイラブ(1985年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

好きな人とは結ばれない、不幸な人生になる呪いをかけられたラムちゃん。そんな呪いも、あたるとラムちゃんの愛で破壊できる。人類誕生の前から2人は巡り会う運命だった。

アニメに登場した◯島がでてくる。この
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.0

日本の予告と海外の予告が違いすぎると話題で、気になっていた作品。
想像以上に動物たちが動く!動く!
終始コメディ&動物たちが可愛くて、とっても楽しかった◎
エンディングロールでは、その後のお話も見れて
>>続きを読む

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

3.5

実話に基づいた作品。ずっと気になっていたけど、内容が酷すぎると聞いて、観るのを拒んでいた。
想像以上に酷すぎた…。最初から最後まで息がつまる。肌の色が違うだけで差別されて、消耗品のように扱われる。
>>続きを読む

12人の優しい日本人(1991年製作の映画)

3.5

無罪か有罪か。
個性豊かな12人が会議室で判決を出す、という一見コンパクトな感じなのに、こんなにも話が広がるなんて…。三谷幸喜脚本は面白い。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

前半の謎を最後で回収してくれて良かった。
難しい映画かな?と思ったら、とてもシンプルだった。途中、これギャグ映画???と思ってしまうシーンもあって、ユーモアがある作品だった。

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

5.0

想像以上で鳥肌たちまくり…。
100人以上の画家が描くゴッホの世界に引き込まれた。
私が学生の頃、美術の先生から「ゴッホは自分の耳を切って好きだった女性にプレゼントをした気持ち悪い画家。精神的に病んで
>>続きを読む

バオ(2018年製作の映画)

3.5

インクレディブルファミリーと同時上映作品。
子供を想う母。中華料理がとっても美味しそうだった…。

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.5

恐怖の中で自分達の信念を貫く。優しさと度胸と賢さで多くのユダヤ人を救った夫婦。ユダヤ人以外の視点作品は初めて観ました。これが実話なのか…もう色んな感情で心臓ばくばくです。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

アンダーソン監督のストップアニメーションは、今回も最高でした◎
外国から見たJAPANって感じで、ふふっと可笑しい。アタルと犬たちのやりとりが可愛かった。

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

3.5

ユダヤ人の子供たち視点。逃亡の実話映画。
終始ハラハラドキドキで、早く助かってくれ…と思いながら観た。

エタニティ 永遠の花たちへ(2016年製作の映画)

3.5

生死を繰り返しながら、命が繋がっていく。
終始美しい映画。

>|