PORKさんの映画レビュー・感想・評価

PORK

PORK

女優大好き

ツイッターID @porkporkpork555 で毎日うんち的なこと呟いてます

映画(632)
ドラマ(1)

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.5

「可愛くないヒロインが童貞を嘲笑う」
マリちゃん役の女優どうにかならんの?本気で映画の質に関わってると思う。

さっくり見れて斬新という作品は、長期映画生活において重要やな。ただやっぱり語り口が淡々と
>>続きを読む

GF*BF(2012年製作の映画)

3.2

ん〜これはハードルが高い。
台湾の社会情勢の経年変化の知識がある程度求められるということ以前に、青春と圧政への反発がどれだけ自人生の中でウエイトを占めているかがどうしても重要になっちゃいますね。

>>続きを読む

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.4

門脇麦のストーカーなので視聴。まーた香ばしいニオイがする作品かなと暖簾をくぐってみたが、意外や苦しゅうない。僕の地元だとこれくらいのサイズの邦画をやる映画館はほとんど決まっていて、今回もこの映画館でや>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

3.6

田舎の平日昼間上映狙っていったのに、まさかの独り言ブツブツおじさんが隣席に。炎の宿敵は独りごちおっさんだった。

拙者ロッキー〜クリードで初めて劇場で見たけど、リングシーンは気持ちよいすな。パンチのバ
>>続きを読む

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.6

リスベット「預金口座の暗証番号8931!今まで虐待された娼婦のみなさん!今がチャンスです!」

この作品のテーマは「ぐう有能」。みんなこぞって有能だから楽しいぞ。ヒンチャー版のドラタトゥ女を見てること
>>続きを読む

FAKE(2016年製作の映画)

4.0

佐村河内というある意味ポップで興味をもつ題材でありながら、同時に自分とほとんど関係ないものなので深入りできるようなものでもない。しかし最後の最後まで息を呑んで見ていたよ。

佐村河内が眉唾だけど、最大
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.5

スパムリー「Welcome to underground...」

ゲームがオンライン化するのかと思ったら単純にネット世界に行くのね。このあたりが自分の最初の腑に落ちなかった点で、前作は現実世界とゲー
>>続きを読む

ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow(2019年製作の映画)

1.3

ルビカス「誠に遺憾」鹿角理亞のAqours加入を巡り、臨時国会召集へ - 共同通信

キャラ萌えや楽曲などのコンテンツに対して一切興味がなくなった、俗にいう「ラブライブ去勢」状態にある人間には非常に苦
>>続きを読む

HOUSE ハウス(1977年製作の映画)

3.6

童貞は絶対クンフーを好きになってしまう映画。ワイ名将、競合回避してファンタを一本釣り。

元祖アイドルホラーとされているこの作品。おっぱい出した池上季実子が、2年後に『太陽を盗んだ男』でいい役やってる
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.4

近くの劇場のドルビアトモス上映が今日までだったので、見る。そりゃ音楽の映画なので音響も重要だけど、この映画は大画面の要素の方が大事な気がする。アップが多いのと、画がとにかく綺麗。

最初のジャックの
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.7

シュガーラッシュ見るつもりだったけど、バカ混みでね。あんまり興味なかったこっちに乗り換え。結果思わぬ掘り出し感。

そもそもたびたび見させられていた予告の時点から、高畑充希に惚れていたんだと気づいた。
>>続きを読む

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

3.8

去年は「午前10時の映画祭」で『ペーパー・ムーン』を見て年末映画として最高だって思った記憶あるんだけど、今年はキネ旬シアターの特集上映でこれを鑑賞し、これこそ年末映画だと思った。結局何でもいいんだな。>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

3.7

資産家になって「You like anal sex?」ってギャルの耳元で囁きたいっていう少年たちに夢を与える。それは冗談として、この映画中盤までドラゴンタトゥーの女全然目立たねえから、『ドラゴンタトゥ>>続きを読む

太陽(2016年製作の映画)

3.5

これは本当に惜しい。神木隆之介・門脇麦が主演張ってて設定も存分に惹かれるんだけども、ごく一部を除いてほとんど心動かされないまま終わった。

「頭脳・身体共に大きく進歩している新人類と、平凡な旧人類が共
>>続きを読む

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

3.9

『結婚できない男』の1話で桑野が建築家を目指したきっかけとしてブレードランナーとともにあげられていた作品。桑野の言う通り、確かにブレードランナーより先に見たほうがいいかもしれない。

個人的にはギャグ
>>続きを読む

だれかの木琴(2016年製作の映画)

3.4

ピヨ彦「木琴関係ねぇーーー!!!」ガビーン
いや言ってることはわかるんだけど、無理くり感強くてな。

常盤貴子がエロくてびっくりする。そして池松が出てくるから、こりゃ濡れ場確定やろなあとチャックを
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.5

顔芸一家の年末コンペ。嫁の顔は平常時から怖い。

小説家志望のジャックが辺鄙なホテルの管理人職にありつき、嫁子供とともに誰もいない冬のホテルに籠もる。核家族一組、幽閉、冬季。何も起きないはずがなく…
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

1.8

このイルミネーションスタジオね、子供たちに夢を与えるアニメ映画製作会社の一角を担っているすばらしい会社だと思うんですがね、この映画はその後の営みを控えたカップルの繋ぎ的な役割になってしまっていたぞ。そ>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

2.3

ブロリーの映画を昔見て設定などは一切忘れていたけど、こんなだっけと思いながら見る。本シリーズのドラゴンボール超もだけど、GTまでの話でよくここまで作れるね。

これ結構なドラゴボファンじゃないと楽しめ
>>続きを読む

紙ひこうき(2013年製作の映画)

1.3

いや仕事しろよ。
悪役という仕事に苦悩するラルフに謝ってほしい。

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.9

オフラインの方を視聴。

いや流石ディズニーという完成度の高さ。リメンバーミーの時にも思いましたが、レベルの高さは認めるけどもう前提にしていいよねっていうくらいぶっちぎってる。その中で自分の好きな作品
>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.7

ウィノナ・ライダーかわいいいいいいひ。枯れそうな植物に吐息を放つ47歳女性愛おしい。「止め俺」の門脇麦と双璧をなす今年の好きになりすぎちゃう女優ですね。

バカップルのしょうもないリゾート結婚式に呼ば
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

3.6

小松菜奈ちゃんの母性に乾杯(チンッ

怖くないのでホラー苦手なガイズにはオススメやな。ホラーっつうかホラー要素をドッカンドッカンやる感じか。僕が見る前の回は女子校生たちが怖い怖い言ってたが、女性にのみ
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.0

ロッキーシリーズは好きなんだけど、1・2から下がっていく感触なんですよね。これを専門用語でSAW曲線と呼ぶ。

くぅ〜疲れましたwこれにて完結です!で終わっていたロッキー。引退詐欺を何度も繰り返し、挙
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

1.3

スマホを落として特殊な過去を背負ってただけなのに。

またも爆弾級のワースト作品が来てしまった。今年も色々な駄作がありましたが、この作品の特徴でいうと白けるところにある。脚本・キャラ・ラストいたるとこ
>>続きを読む

マッドマックス2(1981年製作の映画)

3.2

デスロードから見始めたのは不幸なのか。FFを10からやり始めるとそれ以前のグラフィックに耐えられなくなる現象に似てる。

ヒャッハーな暴走族と完成されたメルギブは良いんだけど、それ以外の要素に強く惹か
>>続きを読む

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

4.1

謎の引力に引き寄せられて、ホラー苦手な小童が電車乗り継いで見に行く。そして見事などストライク題材。更に味わったことのない感覚のホラー。この映画、継承なのに軽傷では済まされない。

ある種この世で最も怖
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

1.5

TOHOフリーパスとかいう貴族階級になったので、小手調べにあんま興味なかった本作へ。結果本当に興味がない作品でしたね。

マジでこんな軽薄な作品があったのかってくらい、今年ナンバーワン見なくていい映画
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

3.0

今をときめく三大女優、小松菜奈・橋本愛・國村隼が出てるということで期待大。

失踪した娘を探す元刑事の父親。話の通じない頭のおかしい言動で真相に迫るが、それを越える娘の化け物の片鱗が見えてくる。はずな
>>続きを読む

マッドマックス(1979年製作の映画)

3.5

原点にして頂点、ではないかな。かといって社会設定とマックスを生み出した功績だけではない。カーアクションのブリブリ感は来るものがあるね。

僕はねぇ、マックスのワイフが好きになれんのですよ。「ブ男に絡ま
>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.7

An angel is born...
イザベラ・モナーちゃん可愛いよおおおおおおお( ´∀`)でもねー、好きまった新進気鋭の女優がインスタでオラついてるのマジでやめーや。

ボーダーライン2だが、ビ
>>続きを読む

セックスの向こう側 AV男優という生き方(2012年製作の映画)

1.3

飛躍の年2015の中島卓也のファウル数を上回る通算600本目のMark!中島卓也もこんなところで名前を出されてるとは思ってないだろうな。

映画はもちろんドキュメンタリーでもない。ただのインタビュー集
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.7

近くの劇場の今年の名画を振り返る的な特集で1000円で見れました。オスカー絡みの作品がラインナップに多い中で、「1987」とこれがぶっこまれてて、おそらく劇場側に「熱い」人がいる模様。有能。

「19
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

4.0

僕は探してた最高のGIFTを 君が喜んだ姿をイメージしながら・・・

引っ越ししたら高校の時の同級生に会って、そこから不気味な贈り物が送られてくるでぇ。住所が割れてるってマジでやばい。オードリー春日の
>>続きを読む

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

3.6

イギリス製作だけどフランス映画っぽい。

性依存症の兄のところにリスカホームレスの妹が転がりこんできてさあ大変。ソレナンテ・エ・ロゲ(1599〜1664 フランス)

これすごく評価に困るのが、ブラン
>>続きを読む

>|