ちよぞうさんの映画レビュー・感想・評価

ちよぞう

ちよぞう

映画(624)
ドラマ(37)

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

2.6

画面の展開はないものの、ストーリーはどんどん展開されていく。
音声だけでも主人公の気持ちや緊迫した状況がつかめました。

昔懐かしのラジオドラマ?ドラマCD?化してもいいかもしれませんね。

メン・イン・ブラック:インターナショナル(2019年製作の映画)

3.0

一人でもみんなとでも楽しめる作品。
質が1から落ちてない。good👍

でた!新種のグレムリン!!
色違い⭐️レアポケモン!!
で、進化したら野獣!!

そして、光る石!もしかして、インフィニティ・ス
>>続きを読む

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

3.4

よぉ〜くわかった🤩💡🤩
私のにぶ〜い頭でやっと繋がった感じ。
今度は時系列で再鑑賞をしよう!

クイックシルバーカッコいい!能力もさながら、いたずら心がナイス🥽

鉄骨のエックス出てきたときは少しうる
>>続きを読む

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

2.3

新幹線上でのアクションはB級っぽくて笑えました。

ハラダのすこーし辿々しい日本語も笑

ヴァイパーの脱皮シーンも笑

今回笑えるシーンが多い中、真田広之はすごいなぁ。トム・クルーズ、キアヌ・リーブス
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.2

ホラーってよりサイコサスペンス!!
ただならぬサスペンス!

最初はなぜ黒人?って思ってましたが、観終わってから『誰でもいい』という選択肢より怖さが引き立つ気がしました。

使用人(家政婦)の顔の演技
>>続きを読む

コントロール 洗脳殺人(2018年製作の映画)

2.3

若い時に観るとよかったのかも。

感性が少し鈍くなってる上にフラッシュ画面についていけない私の視力。
それとも私が洗脳されつつあるのでしょうか……

神と人との間(2018年製作の映画)

2.4

ごめんなさい。
やっぱり谷崎物は苦手なのかなぁ。

穂積・添田・朝子三者三様のダメっぷりがすごくて……あのクズ人間の感覚は日本ならではなのかしら。
人間の弱いところ醜いところを曝け出しているんだけどそ
>>続きを読む

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

2.6

ふむふむ。マグニートーとプロフェッサーの生い立ち。

ヤングメン。

キューブ:ホワイト(2018年製作の映画)

2.5

内容の理解はできなくともこれだけはわかった。
戦争は土地や建物だけでなく、人の心も壊すね。

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

2.8

子どもは未知数。無限の可能性があるよって思った。

自分にコンプレックスがある人へ
この映画観て!
個性を消さずに人生楽しんで!

X-MEN2(2003年製作の映画)

2.4

ジーン、エルサになる?の巻。
最後の戦闘のポージングがエルサに見えちゃう〜。

どの世界でも、やはり女性が強いのよね。

X-メン(2000年製作の映画)

3.0

お話や感想などは皆さんが色々と書いてくださっているかと思います。
私の感想は一言。
胸毛合戦。

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

3.0

東野圭吾作品なので素晴らしいストーリーなのですが、なぜでしょう、主役の二人のキャスティングにとても違和感を感じてしまいました。
もう少し知名度が低くても落ち着いた雰囲気の俳優さんでもよかったように思い
>>続きを読む

少女椿(2016年製作の映画)

2.6

これが、実写になるとは……公開された時はいろんな意味で怖くて観ることはできなかったけど、少し大人になって観てみました。これが実写可能なら他の作品もできそう😏
丸尾さんの独特の世界、是非とも原作漫画で
>>続きを読む

Hell Girl(原題)(2019年製作の映画)

2.7

うまく言えないけど、なんだか好き!
設定がとても変わっていて好みでした。
女性が強い!ってところや母娘の関係性など、なんだかホラーの枠を越えた作品でした。

チャリティーちゃんがとぉーっても残酷なんだ
>>続きを読む

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.0

前半、スティーヴン・キングっぽくてワクワク感が止まりませんでした。
仲間・いじめっ子・幽霊屋敷。ホラーの要素が盛れてる!

意地悪する子だけでなく、仲間も襲われるなんてなかなかスリリング。

出てくる
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

2.8

長いトンネルを抜けるとそこは雪国だった……

クリスマスに家族で見るいい映画がまた一つ増えたね。🎄

マザー・ジンジャーが野沢雅子さんに見えて仕方ない件。

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.0

画面は蜷川実花さんの映像美のようで花冠と白い衣装が可愛くて🌸 穏やかな音楽をバックに、どこかにある地方の習わしのドキュメンタリーを見ているよう。こんな所があってもおかしくないと感じてしまう。映画と現実>>続きを読む

ダーク・スクール(2018年製作の映画)

-

ソフトホラー?
ファンタジーホラー。

父親の愛の力。

ヲタクに恋は難しい(2020年製作の映画)

2.8

いゃ〜全部、佐藤二朗さんに持っていっていかれた感が……σ(^_^;)

いやいや、そんな事はない!
高畑充希ちゃんは歌とダンスがうまかったし、可愛いし。
山崎賢人くんのぎこちないダンスも宏崇ぽかったし
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.0

死者を大事にするところが日本と似ていて異なるところもあり、メキシコのお国柄・文化がよくわかるお話。
小さいお子さんでも理解できるんじゃないかな。家族みんなで楽しめる映画。

ママ・ココが私のひいおばあ
>>続きを読む

前田建設ファンタジー営業部(2020年製作の映画)

3.6

エンタメ感が強く、すっごく面白かった。
就活に悩んでいる学生さんに観ていただきたい映画です。日本の企業の底力。

日本のサラリーマン世界の現実や建設業を焦点にアニメの世界とマッチングさせるところなど、
>>続きを読む

犬鳴村(2020年製作の映画)

2.6

ポスター、よく見ると人の顔。犬じゃないよね……?

途中から、怖いのか怖くないのか分からなくなっていた。
誰を恨んでいるのか、どうしたいのか目的がハッキリしてなかったからかなぁ。
めでたしめでたしで終
>>続きを読む

じゃりン子チエ(1981年製作の映画)

3.0

私の原点。
嫌な事は忘れて、明日もがんばろ〜
と、思わせてくれる。

日本一、いや世界一のヒモ男。テツ
世の男性の憧れ!?あんな風に強く・明るく・自由に生きて行けたら……周りはイイ迷惑か!

声の出演
>>続きを読む

悪と仮面のルール(2017年製作の映画)

2.5

セリフが音楽で消されてしまって良く聞き取れない!ちょいと音楽入れ過ぎかなぁ。
せっかくの玉木宏の低音ボイスが……
歳のせいでしょうか……(´・ω・`)

原作未読ですが、中村文則さんなので読んでみよう
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

3.0

一言で言えないデリケートな問題と時代背景が絡み合った……でも最後ほほっこりしたお話でした。

ドクのピアノはその時の気持ちに反映されていて沈んでいたり、弾んでいたりこちらも一緒になって怒ったり、笑った
>>続きを読む

>|