AkioSogoさんの映画レビュー・感想・評価

AkioSogo

AkioSogo

映画(325)
ドラマ(0)

プリティ・リーグ(1992年製作の映画)

4.0

AbemaTVで鑑賞。

戦争中の11年だけアメリカに存在した全米女子プロ野球リーグに
飛びこんだ姉妹が、
様々な困難、苦悩、好奇の目を
乗り越え、いや、吹っ飛ばして
ワールドシリーズ制覇を目指した
>>続きを読む

プレデターズ(2010年製作の映画)

2.5

金曜ロードショウで鑑賞。

序盤の登場人物集合までは
ツカミはOK🙆なのに
そこからプレデターが出るまでが長いなぁ〜
途中、長いこと生き残ってきたローランドが
なにかやってくれると期待したのにあっさり
>>続きを読む

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

4.5

映画館で鑑賞。

本作のプロデューサーであるジョナサン・キャベンデッシュの実の両親、
ロビンとダイアナの、幸せに生きぬいた家族の記録。
「いちばん高くついたホームビデオ」とは言い得て妙ですね。

ポリ
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.6

映画館で鑑賞。

レバノンの首都ベイルートで起きた小さな事件。
住宅の補修工事をしていたパレスチナ人のヤーセルと、その住宅に住む
レバノン人のトニーとの間で、
1.トニーの家のバルコニーからこぼれた水
>>続きを読む

トップガン(1986年製作の映画)

4.0

午前十時の映画祭で鑑賞。

ストーリーは、トップガン(全米の上位1%の精鋭)に選ばれたマーベリック(トム・クルーズ)が、教官の女性や親友にして相棒グースやライバルであるアイスマンやハリウッドたちと、ト
>>続きを読む

シャークネード(2013年製作の映画)

3.0

GYAO!で観たので記録。

これが第6作までいった理由がわかる気がします。
サメ🦈➕トルネード🌪なんて
思いつく気がしないし、
サメに飲み込まれてチェーンソー使って脱出とか、よーやるわ。
不思議とき
>>続きを読む

マガディーラ 勇者転生(2009年製作の映画)

4.1

バーフバリの原点と銘打って緊急公開。

CGとか9年近く前だからやっつけ感がある時もあるけど
これはそんなの関係ねえとばかりに
歌って踊って殺しまくり。
いっそ気持ちいい(*゚▽゚)そしてやはりインド
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

4.7

映画館で鑑賞。

今作も映画館では笑いがおこりまくり。
冒頭から、日本アカデミー賞いじり、他作品いじりがぼんぼん放り込まれ、
さらに映画泥棒も。
爆笑してもいいんだよ、と場を暖めたところでさあ本編。
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.8

映画館で鑑賞。

やはりMCUは明るい方がいいですね。
スコットとキャシー、ピム博士とホープ、
世界を救うというよりも身近な人を助けるために戦うスタンスが
いいですね。
そしてヴィランが明確な敵ではな
>>続きを読む

攻殻機動隊 新劇場版(2015年製作の映画)

3.5

攻殻機動隊は実写版とこれのみ。

押井守版を観るべきか漫画を読むべきか。
最初に観るべきではなかった。

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.7

リアルタイムでコギャル文化を見てきた人のための映画なのかもねー
オリジナルの韓国映画を観ないと評価し辛いです。
まぁぼくは劇中音楽を聴きに行ったのでそれで充分です。
Filmarksスコア3.7のうち
>>続きを読む

メガ・シャークVSジャイアント・オクトパス(2009年製作の映画)

1.0

Firmarksスコア久々に1.0にした気がする。
CGが雑なのは低予算映画でしょうからいいとして、
巨大サメと巨大タコをおびきよせるための方法を考えるとして
ひたすら薬を混ぜる実験というのはどういう
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.8

映画館で鑑賞。

前作もそうですが、ABBAの楽曲の力でぐんぐん勧めていくミュージカル。
必ずしも楽しいだけではない歌でも、聞いているとどこかなつかしくて
気持が浮き立ってきますね。

これは文句なし
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.7

まず、映画を放送してくれたEテレに、ありがとうございました。

見ていて心をえぐるいじめ描写が
キツくて、映画館で観ていたらもっと否定的な評価をしていたかもしれない。
テレビで見たからいい感じに気分そ
>>続きを読む

皇帝ペンギン ただいま(2017年製作の映画)

4.1

ドローン撮影などあらたな技術を駆使して、皇帝ペンギンの子育てに迫ったドキュメンタリー。
日本語版吹替は草刈正雄さん。

過酷だ。
二十病以上卵が地面につくと命が危うくなる、とか卵を抱え込むのに失敗して
>>続きを読む

猫の恩返し(2002年製作の映画)

3.5

金曜ロードショウで鑑賞。

監督は宮崎駿ではないので、絵はジブリっぽくないですが、
短くスパッと終わらせるのには好感。

街の路地裏を抜けたら本当に猫の事務所があったらいいなぁ。
あとムタさんが空気を
>>続きを読む

スターリンの葬送狂騒曲(2017年製作の映画)

1.5

笑えなかった。
黒すぎてとかではなくて単純に面白くなかった。

スターリンの後継者という立場を手に入れるために必死なフルシチョフの姿が印象的だったかな。

タリーと私の秘密の時間(2018年製作の映画)

5.0

映画館で鑑賞。

18kgもの増量を敢行し、出産後のワンオペ育児のすさまじさを
見せつけるシャーリーズ・セロンの女優魂に尽きる。
物語の謎が明らかになった直後、本気で震えるほどこわかった。
駐車場に車
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.5

映画館で鑑賞。

トム・クルーズのアクションをこれでもかと詰め込んだ超大作。
ストーリーも結構面白いのだが途中で謎が明かされてからは
ひたすらトムのアクションを堪能するべし。
めっちゃお腹一杯で楽しん
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

映画館で鑑賞。

オーシャンズ11から続く計画的超犯罪映画。
それぞれ専門では超一流の腕を持つ女性たちに声をかけて
「ニュー・オーシャンズ」を結成したデビー・オーシャン。
彼女達が狙うのは、カルティエ
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.9

映画館で鑑賞。

前作終了直後から始まるので、予習しておくとより楽しめますが、
いきなり本作から見はじめても十分楽しいですね。

ヒーロー活動が禁じられたため仕事も家も失ったインクレディブルファミリー
>>続きを読む

ナチョ・リブレ 覆面の神様(2006年製作の映画)

3.0

ああ、何故くだらなくもクスッと笑えるどうでもいいこんな映画を見ようと思ったのか。

そして何故こんな泥試合を見て悪くないと思うのか。

ところでルチャ・リブレは本当にキリスト教で禁じられているのだろう
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

4.1

土曜プレミアムで鑑賞。

テンポよく進むカジノ強盗計画に
ワクワク、そしてハラハラ。

ここまでの計画、相当費用かかるはずだけど
ダニー・オーシャンがすべて出したんだろうな。
テスとの関係も計画に組み
>>続きを読む

ボディガード(1992年製作の映画)

3.5

午前十時の映画祭で鑑賞。

思い出補正あったのでしょう、今見たら名作とは言いがたいものが…(/ _ ; )
ホイットニー・ヒューストンの歌がなければそこまでおすすめな感じではないかな。

オデッセイ(2015年製作の映画)

3.4

金曜ロードショウで鑑賞。

なんと言うか、淡々と進む感じがありますね。
科学的に嘘がないストーリー進行はむしろTV向きかな。
主人公があまり孤独に見えなくて、うーん🤔

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

まわりのFilmarksユーザーがすごい高評価なのにつられて、
初シネマスコーレ鑑賞。

朝の時間に行ったはずなのにすでに整理券が40番だったので危なかったw
そして行ってみたらパイプ椅子追加+立ち見
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

4.5

マーベルのアベンジャーズに直接つながる物語にして、キャプテンアメリカのはじまりを丁寧に描いた作品です。

40年代という背景から、独特の古さがありますが、
マーベルの作り込みは素晴らしいですね。
そし
>>続きを読む

子どもが教えてくれたこと(2016年製作の映画)

5.0

より多くの人に見て欲しいと
子供たち、医者・看護師、家族の方々に敬意を込めて
Filmarksスコアは満点にしました💯

難病を抱えながら、ここまで楽しい治療ができるんだ!と
ガツンと撃たれました。
>>続きを読む

世界でいちばん長い写真(2018年製作の映画)

4.9

映画館で鑑賞。

すべてにおいて無気力、消極的で写真部の幽霊部員として部長の三好におこられっぱなしのノロブこと宏伸が、ある日従姉が店番をしているリサイクルショップで今まで見たことがないカメラに出あった
>>続きを読む

アイ・アム・タレント(2016年製作の映画)

3.7

今何かを成し遂げようと突き進む姿はどこで見ても尊いです。

とはいえ、エンドロールにクラウドファンディングの文字が読めたから、タレント本人をさらに支援しようという意図もあったのでしょうね〜

プロスケ
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.9

映画館で鑑賞。

名作ジュラシックパークへの
オマージュが詰まった大作。
夏休みにぴったり。
ストーリー云々より恐竜の恐怖を
映画館で楽しみましょう。

ジュラシックワールドを金ローで見ていてよかった
>>続きを読む

テイク・エブリイ・ウェーブ(2017年製作の映画)

4.9

映画館で鑑賞。

ビックウェーブに乗り続けるサーファー、レイアード・ハミルトンの
半生に迫るドキュメンタリー。
周囲から「金髪の白人だから」いじめをうけた少年時代から
彼の成し遂げた偉業・革新、そして
>>続きを読む

トランスフォーマー/リベンジ(2009年製作の映画)

2.9

土曜プレミアムで鑑賞。

人間パートが、サムが本編に絡むまでイライラする。
ヌルヌル変形するオートボットと
ペットになっちゃったあいつがなかなか印象に残ってます。

ピース・ニッポン(2018年製作の映画)

4.5

美しい日本の景色を残そうとして生まれた作品です。

エンタメではないですが志に一票。

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

2.5

金曜ロードショウで鑑賞。

トランスフォーマーの描写がすごくて思わず胸熱な感情が。
そして主人公サムにイライラして冷めてしまう。
その繰り返し。

シリーズ丸ごと自分は好きになれないかもしれません。

>|