集団卒業式さんの映画レビュー・感想・評価

集団卒業式

集団卒業式

映画(417)
ドラマ(0)
アニメ(0)

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.8

甘美S級エログロ映画…
興奮なしでは観られませんでした…

バグズ・ライフ(1998年製作の映画)

4.0

懐かしい映画だけど!アリのヤツら、クソ社会の多数派老害ばっかで腹立つ!クソ喰らえ!

ムカデ人間2(2011年製作の映画)

4.6

性癖に刺さるはずの内容で何故か刺さらない映画、初めて…
隣で相方が具合悪くなってた

マーズ・アタック!(1996年製作の映画)

3.0

キャラが可愛いなぁと思って探していた映画を、偶然知人に勧められて歓喜鑑賞!
しかし可愛いだけじゃった、ざんねん。

サプライズ(2011年製作の映画)

4.0

展開は面白くないけど、無双っぷりが1周まわって快感!

キャビン(2011年製作の映画)

4.6

悪魔的トゥルーマン・ショー👨‍💼
ヘルレイザーパロのヘルロード面白すぎwwwww

モンスターズ・インク(2001年製作の映画)

4.8

小さい頃に繰り返し観た大好きな映画を改めて…
登場人物全員の不器用な人間関係に心当たりがある歳になって観ると、より愛が増した…

ザ・フライ(1986年製作の映画)

4.8

🧟チーズバーガー🧟‍♂️

つ!い!に!ディズニープラス加入記念!
1作目はもちろんこいつ🪰
サイコーーーーーー

ピラニア 3D(2010年製作の映画)

4.7

久々に良質なエログロB級に出逢えた乾杯
3Dムーブメント期の映画にこんな面白い作品があったとは…感激……

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

5.0

やっと観れた…ド性癖…
エログロ度も人生論もB級風味も社本くんも愛子ちゃんも最高、、、

ボディを透明にするって表現を実際に使っていた元ネタの死刑囚は凄いセンス…

サスペリア(1977年製作の映画)

4.5

ゴブリンの音楽がカッコよすぎる!
駅メロになって欲しい…

子宮に沈める(2013年製作の映画)

4.0

ずっと観る勇気が無かったのについつい…
どんなグロ映画よりもグロテスクで
さっきまであった食欲がごっそり消えた
観なければよかったと大後悔

ブラック・フォン(2022年製作の映画)

3.0

パッとせず、既視感ばかりで面白くなかった
ブルース山田ってネーミングセンスはおもろい

この監督のヘルレイザー面白いんかな…

震える舌(1980年製作の映画)

4.6

面白いとか言っていい映画じゃない…
破傷風菌に語りかけるシーンはグッときた
しかしバッドエンド希望

死霊館(2013年製作の映画)

4.5

ウォーレン夫妻の実話で内容を把握していたので観るのを避けていたが、まさか泣けるとは…

#フォロー・ミー(2020年製作の映画)

4.5

エンディングの絶望感が最高潮
最後のボロボロの情けない頭蓋が忘れられない

ホステル(2005年製作の映画)

4.5

スラム少年達凄くグッと来た…
特に斜視の子…美しかった…
日本人女性の飛び込み自殺も、日本人らしいケジメと覚悟を感じられて美しかった…

映画としては微妙だったので続編見るか迷う

ファイナル・デッドブリッジ(2011年製作の映画)

4.9

SAWシリーズ並の伏線回収と
R18ならではピタグロスイッチで発狂モノ

グロのディテールに恐ろしいこだわりを感じた…
(あえて眼球をずらして刺して顔の形成を崩すシーン、不必要に足の骨を飛び出させるシ
>>続きを読む

ファイナル・デッドサーキット 3D(2009年製作の映画)

4.6

ネタ切れ・お決まり・中だるみ感
3Dブーム時代の映画はほぼ確でハズレなのが悲しい。

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

4.7

いつ来るかと期待していた「バッファローマン死に」がついに!
日サロの灼熱地獄はえげつない…

トイストーリーと一緒で2は越えられんが
この手の映画はバッドエンドが最高

デッドコースター/ファイナル・デスティネーション2(2003年製作の映画)

4.9

相変わらずピタグロスイッチ
前作で設定された運命論が、伏線と構成にしっかり塗り込まれていて感動もの…前作超え…

予想できないグロ展開が増えてた
スプラッター好きとしてサプライズグロはたまんない

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

4.8

この手のスプラッターは、古いからという理由で観ないようにしていたが…圧倒的後悔
やはりこのドB級スプラッターが最上級なのだ!

お酒のアテに、ツッコミながら観たい

「人にはやらなきゃいけねぇことがあ
>>続きを読む

ヘルレイザー4(1996年製作の映画)

4.7

らしくない近未来宇宙展開に戸惑い
初期の香ばしいB級特有の泥臭さを欲してしまった…

各セノバイトの特性ギミックが性癖グサグサ

無の存在のピンヘッドが「アーメン」言うの面白い

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

4.0

ノンフィクション過ぎる間延びやつまらなさが
間接的なグロテスクに繋がっていてグッときた

ボーはおそれている(2023年製作の映画)

4.5

アリ・アスターの内臓を3時間泳いだ結果
まだ泳ぎ足りませんでした…

血の轍(レベルMAX)みたいなえぐみが
ずっと口の中に残っています…

>|