6さんの映画レビュー・感想・評価

6

6

映画(428)
ドラマ(0)

蜘蛛の巣を払う女(2018年製作の映画)

3.8

原作ファンなので、動くリスベットが出てくるだけで大満足。前作とはまた違った強く弱い女に痺れた。ミカエル存在感なさすぎてちょっと残念。

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.0

関係者からチケットをもらい、何を思うでもなく鑑賞。2時間ドラマ系かなとおもっていたら、、、大泉洋と高畑充希の演技が素晴らしい。魅入ってしまった。
個人的には鹿野さんが「この一年、ほんっとに色々なことが
>>続きを読む

ブラック・レイン(1989年製作の映画)

3.5

健さんと優作が出てくるたびに背筋が伸びる。歳を重ねてようやく分かる健さんのかっこよさ。闘病中の優作はとにかく鬼気迫るものがあり怖い。話はさておき、この2人のキャスティングだけで評価。

暁に祈れ(2017年製作の映画)

3.5

想像以上の劣悪な環境に衝撃を受け、家畜のごとく扱われる囚人たちに恐怖を覚える。もうスクリーンから臭いが漂ってきそうだったし。彼らが話す体験はほぼ実話っていうし。その中で周囲の全てと自分と戦うのは並大抵>>続きを読む

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.8

デルトロ健在。1作目とはまた違った人間らしさが出ていて手話のシーンや命令に背くシーンは背景を知ってると泣きそうになる。サントラも主題が流れるだけでこっちまで緊張するほど緊迫感。
また一作目観返そう。

稲穂の無頼 哀しき相克(2009年製作の映画)

2.7

親分、ひとつひとつの発言は素晴らしいんだけど、人の意見でころころ変わりすぎ!
そんな親分をただ1人の親と誓ったできる男が、振り回され続ける上州ヤクザ物語。

青天の霹靂(2013年製作の映画)

3.4

既視感ありつつも、大泉洋の演技に脱帽。
繋ぎつなぎで観ようとしていたけど、タイトル直前の主人公のセリフで一気に引き込まれ、あっという間の90分。
人生の関係各位様、ありがとうございます。

E.T.(1982年製作の映画)

3.8

E.T.のガチャポンを発見し、回したら名シーンのやつが出て、思わずその足でレンタル。幼少期から何度かVHSで観てたけど、やっぱり名作は色褪せない。
エリオット、いい大人になれよ。

ザ・レイド GOKUDO(2013年製作の映画)

3.3

全く極道感はないけれど、アクションは久々に手に汗握るハラハラ感。痛みがリアル。ただ主人公強すぎてちょい萎え。
好きな遠藤憲一が少し無駄使いされてる感じがして切ない。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.1

ポスターとかコピーとか見て、さぞ面白いだろう!と満を持して観たら、うーむ広告に踊らされたかしら、、、って感じのサイコスリラー。
しかし好きな子にこんなことされたらもう立ち直れない。。。
冒頭の不協和音
>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.5

ボーダーラインの流れでエミリーブラントを鑑賞、、、と思ったら想像以上の見応え。SF食わず嫌いからしても先が読めず素直に楽しめた。最後が暗くて速くてよく分からなかったけど。
エミリーブラントはこの作品で
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.0

安田顕シーンで飲んでたビール吹き出した。

寄生獣 完結編(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

原作ファンとしては非常に見応えがあった。ベッドシーンは不要な気がしたのと、後藤対決シーンがターミネーター2感が溢れていたけど、田宮の変化と最期、ミギーとのやりとりには素直に感動。

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.8

なんか丸裸にされた気分。。。

池松さんの「子どもは免罪符」が何故か頭から離れない。

数年したらまた観よう。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

ついに観た。
登場人物全員に短くも丁寧に描かれてて、なんというか、豊かな映画。

男は弱く、女は脆く強い。
母は偉大です。
あなたの願いが叶えられますように。

出張行く新幹線で号泣。

緑色音楽(2017年製作の映画)

3.7

MV系。
最近安定のオダギリ感。最近この人がニタニタしているだけで作品の世界に引き込まれる。

休みのない夏、ひとりで。

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.7

MIシリーズはトムクルーズのジャッキーチェン化だなと思いつつ、やはり観ざるを得ない。
とにかく高い所から落ちる落ちる。
あっという間に引き込まれ、手に汗握った爽快映画。
仕事の隙を縫って鑑賞。

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.3

ひっさびさの映画鑑賞。

安定の面白さとちょい切なさがじんわりくる。
松田優作しかり、永瀬正敏しかり、探偵モノって男心をくすぐるものばかり。

インサイド・マン(2006年製作の映画)

3.0

出てくる人、みんなもれなくイケてる。
冒頭とラストの曲、サイコーです。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

東映の歴史だ、アウトレイジと比べてどうだとか関係なしに、ただただ血が滾る。
人間のもつ圧倒的熱量がほとばしる。
男も女もこうでなきゃ。

亜人(2017年製作の映画)

2.8

やっとこさ休みとれて久々に映画鑑賞。
何となく爽快感を味わいたくて手に取ったけど、アクションやCGがなかなかよい。
原作はもちろん面白いけど、これはこれであり。

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

3.5

シンプルに熱い。

ベッタベタで突っ込みどころ満載だけど、目が離せず一気見。
どんなに体調悪くても、彼女と別れても、男ならやるときゃやれよ的な永遠のロッキーシリーズ。そして筋トレモチベーション映画。

blank13(2017年製作の映画)

4.0

最近観た邦画の中ではかなり良かった。
俳優が監督するのは何だか抵抗があったけど、シュンとして笑ってウルッとして、色々感情が持ってかれてしまった。世界観も好き。偏見は良くない。
しかも最後に名曲カバーな
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

2.8

家で一人で観るもんじゃない。
けど、目が離せなかった。
話し相手が欲しくなる金曜の夜。

アフタースクール(2008年製作の映画)

3.3

自分に見えてるものが全てじゃないよと再認識できるくらい、なんか心地いい伏線回収映画。
大泉洋を好きになった。

クライマーズ・ハイ(2008年製作の映画)

4.0

自分的仕事モチベーションアップ映画。
仕事に全生命をかけて挑む会社員たちの姿を観ているだけで、負けてらんねー!と燃える。

矛盾の海を、時に信念で、時に勢いで、時に仲間に助けられながら泳ぐ姿に憧れてし
>>続きを読む

>|