りつこ

りつこ

うどんが好き!

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

サービス精神旺盛
ここ数年でマーベル感!っていうのが確立してるのすごい

アメリカン・スリープオーバー(2010年製作の映画)

4.0

くるくる交差して進んでいく感じは好み
卒業前とか卒業後じゃなくて新学期前

ドライヴ(2011年製作の映画)

2.5

タイトルがドライバーじゃなくてドライブだったのがよい

ウィークエンドはパリで(2013年製作の映画)

2.5

わたしも、はなればなれにのマディソンダンス覚えておかないと、もしも居合わせた時に踊れない

プレイタイム(1967年製作の映画)

5.0

音の使い方、無機質な感じ、構図、全てがめんどくさいのに気持ち良くてさいこう!
窓に反射したエッフェル塔、エレベーターが上がっていくビルの見せ方などなど。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.0

マクドナルド、こんなに知ってるのに、ぜんぜん知らなかった。ファッションとか包装紙とかドライブインとかにときめく。

ハイ・フィデリティ(2000年製作の映画)

3.0

音楽よい! だれかをよろこばせるためのテープをつむいでいけたらそれは愛

海辺の生と死 (2017年製作の映画)

4.0

とんでもないです。喋り方や自然の音、わたしが今どんなスピードで生きているか思い知らされる
もらった手紙を、光に透かして眺めているシーンが美しかった

台風クラブ(1985年製作の映画)

3.5

黒板の「目標のある人間はくじけない」っていう貼り紙

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.5

モーガンフリーマン80歳、マイケルケイン84歳、アランアーキン83歳

ハネムーン・キラーズ(1970年製作の映画)

3.0

愛に生きるよろこびと痛み
終わり方も手紙というのが見事
レイのマーサへの愛は嘘か真か、最後までわかんなかったのよかったとおもう。たぶん、彼自身もわかってない。真であってほしいけど、彼はそういう人
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

2.5

誰も笑ってないところで笑ったりしてしまった

世界の果ての通学路(2012年製作の映画)

4.0

こういうドキュメンタリーは否定しにくいなあと思って再生ボタンを押したけど、めちゃくちゃ心を打たれてしまった
こどもの時に見たら、どう思うだろう

東京オアシス(2011年製作の映画)

2.5

市川実日子の使いどころとエンドロールのキャストの文字の色
原田知世と小林聡美の長〜い会話のシーンよかった

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

3.5

昔の映写技師の技術をまじまじと見れるのはよい
映画がまち全体の娯楽だったとき

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.5

観終わったあと、隣に座っていたギャルたちが「恋愛の映画?」「たぶんそう!ぜんぜんわからなかった!」と言ってたのがよかったな それに帰り道の新宿、物量と密度、喧騒、夜の冷えた空気もぜんぶあれでよかったの>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.0

テンポ良いし、美しくって飽きない。第1部での違和感が第2部、第3部でスルスルと回収されていくのがほんとうに見事だし、痛快〜

>|