りほさんの映画レビュー・感想・評価

りほ

りほ

映画(967)
ドラマ(0)

チワワちゃん(2018年製作の映画)

-

観終わったあと、吉田志織ちゃんのインスタグラム観た時がいちばんよかった

運び屋(2018年製作の映画)

4.0

イーストウッド最高じゃん。。。
美しすぎる脚本なのになんでこんなに偉そうに見えないの
それとイーストウッドの説得力

「1st Run」これを字幕出すのセンス良すぎて痺れた〜

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

-

シンプルな失恋映画だったのがとにかく最高でした。

狂気とはぜんぜんおもえず、こんなことはありふれてるよね。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.5

美術と衣装の方と好みの色彩が同じだったので、それだけで大満足でした
ときどき、踊るたのしさを忘れてしまう

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.0

ベスト台詞は「オラフだけ身体バラバラになってずるい」

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

スターウォーズのポンコツさとかダサさで育ってきたのでとにかく最高でした。
先方の「どうだー」ってタイミングで、まんまと泣く

なにから感想書こうかな

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

-

切ないとか、だからこそ良いとか思えずしんどすぎた タクシーに携帯置いてきたらダメとつよくおもいました

ノスタルジア(1983年製作の映画)

4.0

涙出なかったけど泣いてるって感覚
どのシーンも美しすぎて、はやく眠りにつきたかった

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

3.0

伊藤沙莉ちゃんの
ごじゃっぺ〜 が、さいこう

箱田さんと羨望するポイントが似てるなぁと気づいてちょいと恥ずかしかった
自分みたいで

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

好きなシーンはめちゃくちゃありますが、好きではなかったです

帰れない二人(2018年製作の映画)

4.0

ぴんと張り詰めたところと抜けたところのバランスがあやうくてよい

チャオはさいこう

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.0

こじらせティーンムービー大好きだけど、徐々にコンテンツ理解度が下がってきてしまいとてもかなしい

作品の中で描かれる携帯電話と自己表現のあり方に、自分を重ねるなどしてかなしく共感してしまうことが多いけ
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.5

ううう なんてことだ最高〜

オープニングで2人の背中に名前どん、左手でドリンクぐしゃっとしてしまったあぶない(高まりすぎて)
映画館のシーン、大号泣してしまいました・・・

ラブゴーゴー(1997年製作の映画)

4.0

わたしは笑わないわよ!と何度か意気込んでしまったけど、結局笑ってしまう

小さいころ、透明人間の回想シーン。
内容、使い方、最後収集の仕方などなど、キュートでスマートで最高〜

7月の物語(2017年製作の映画)

4.5

なぜかそういうことが起こってしまう、そうなってしまうできごとの数々が俯瞰でみれる 最高ではないか

第1部
傘を落として拾い上げるシーン、ここが1番好き。
マニュキュアと口紅。ていうかフェンシングとい
>>続きを読む

勇者たちの休息(2016年製作の映画)

-

おじいちゃんの自転車、および余生に対する熱量とビーチをよちよちと歩くと姿のコントラストよ

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

3.5

インド映画のまぶしい愛とか、まっすぐな思いやりとか
信仰心とかけっこうすきよ

ワイルドツアー(2018年製作の映画)

-

何度も思い返してもめちゃくちゃ面白かったなぁ。かにぱんのシーン、あれは映像でしか描けない。最高よ

梅ちゃんが自販機で買ってきた飲み物の種類を見て、自己投影してしまいすこしだけ泣いた

イニシエーション・ラブ(2015年製作の映画)

-

なんだかなぁ〜
よっぽどわからない。

きらきらのあっちゃんかわいい

エル ELLE(2016年製作の映画)

-

登場人物多いけど、複雑にならずにそれぞれのひとのこと把握できる感じすごい

アラジン(2019年製作の映画)

-

ガイリッチー、どんな感じで自我出すのかな?と思ったけど、ちゃんとガイリッチーで、ちゃんとアラジンでさいこう涙

長いお別れ(2019年製作の映画)

-

お母さんのメモ
「三軒茶屋」「カルホルニア」がすきだった

>|