りさんの映画レビュー・感想・評価

り

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~(2018年製作の映画)

-

アニメ2期くらいの後にみるのがベストだった〜
最新話まで観てたからデクがどこまでの状況か頭が追いつくのに時間がかかってしまった
普通に良い

あの夏のルカ(2021年製作の映画)

-

夏に絶対に見るべき、
イタリアの街最高だな!さわやか!
ルカのお母さんの心配も、アルベルトの嫉妬も全て等身大でいいな〜と思った

地獄の花園(2021年製作の映画)

-

エンケンの脚がとっても綺麗!何を観てるんだ?と時々なる笑
バカリズムってなんで女子の中身のない会話わかるんだろう、、?

ファーザー(2020年製作の映画)

-

認知症って今までは介護する側の苦悩をよく目にすることが多かったけどなった側もすごく苦しそうだった

介護する側も想定以上のしんどさで自分のことを忘れられたり、暴力を振るわれそうになっても介護し続けられ
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

-

音楽がとても良い!リージェンツパーク行ってみたいな
復讐のために自分の人生を台無しにしてしまうのは個人的になんだか損だと思っているから、やりたいことや強みでしかも同じ土俵で勝負しているのがかっこいい
>>続きを読む

望み(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

原作を読んでいたので観た
SNSが発達したことで、本来まだ出される情報ではないものが明るみになって事実かわからないことが広まっていくのは最近よくあることだな〜と
家族3人どの気持ちもわかる。1番近いの
>>続きを読む

ボウリング・フォー・コロンバイン(2002年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ひとつの意見として観なければいけないなと思ったし、銃社会についてまだまだ知らないことばっかりだと打ちのめされた

加害者を悪魔みたいに吊し上げて自分達とは違うと決めつけた方が簡単に安心を得られるけれど
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

-

お酒飲めるようになりたい〜!!と深く思った、もしかしたらまだ観るのは早かったのかもしれない
偏屈王の話おもしろかったーミュージカルっぽくて好き!

映画 賭ケグルイ(2019年製作の映画)

-

アニメにはない話だから新鮮だった〜
意外なところが得をしたな、、

時をかける少女(2006年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

不運がその時にある量は変わらず、自分が避けられる分誰かに降りかかるっていうのがなんかいいな〜と思った
夏の高校生って全てがキラキラしてる!

オアシス:スーパーソニック(2016年製作の映画)

-

音楽は聴いたことあったけどここまでクレイジーというかやんちゃなイメージはなかったので驚き!
リアムがバットで殴られたら音楽に目覚めた話いいな〜いい曲たくさんなので改めて聴くぞ🎧

Viva!公務員/公務員はどこへ行く?/オレはどこへ行く?(2015年製作の映画)

-

ケッコの底抜けの明るさと対応力があるからか左遷もただのご褒美の旅行に見えてくる不思議
この社会を生き抜くにはメンタルの強さが1番求められるのかな!笑

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

途中のパーティーでの男の人の話がなんだか好き、でも最後にはそうでもないよね。って思えた
何かを世界に残しても残せなくても、自分の周りの少しを変えられたのならそれでいいのかなーって思った

死んだ後に残
>>続きを読む

ダンプリン(2018年製作の映画)

-

自分のことに自信がある人が1番輝いて見える!

外見が大衆が思う美の基準に合わなくても、自分が美しいと思える人であり続けるのって難しいけれどすっごく大切
自分が自分のこと好きじゃなきゃ他人からいくら褒
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)

-

英語圏の人におすすめの映画聞くと結構この映画を答える人が多い気がする!
前半1時間戦い始まらないから焦った笑
弓ってかっこいいな〜🏹
色々え?という部分もあった笑

グリーンブック(2018年製作の映画)

-

やっとみれた映画!思っていたより重くなくてでも素敵だった
60年代だとトイレも違うのか〜、その時代の人をひどい!と言うよりも今よりも理解とか教育が少なかったんだろうな、と
一人ひとりに向き合って関係を
>>続きを読む

まったく同じ3人の他人/同じ遺伝子の3人の他人(2018年製作の映画)

-

誰にも思いつかないことや出来なかったことをやるからこそ評価されることもあるけれど、自分の意思ではなく科学者の興味心に翻弄されてしまうのは辛いだろうな
遺伝か環境か、きっとどちらかというわけではなく複雑
>>続きを読む

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

家族でもみられる楽しい映画だった!
高校の時に、自分を愛してなければ他人も愛せないし、愛されたいなら自分から愛するべきだって言ってた先生がいたのを思い出した
恋愛映画あるあるは共感する人多いと思う笑

英雄は嘘がお好き(2018年製作の映画)

-

今までみたフランス映画と比べて明るいな〜と感じた!
ヌヴィル大尉の図太さ見習っていきたい笑

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

-

まず最初のシンガポールの屋台から最高🤤
あの環境でどうやってニックが育ったのかすごく気になる、、
全員キャストがアジア人っていうのを意識しなくても楽しめた

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

パズーがムスカから貰った金貨を捨てるんじゃなく悔しいけど持ってるのがなんかいいな、と思った
シータのナチュラルボーンで人に好かれる感じと、パズーの圧倒的行動力が好きだった

聖☆おにいさん(2013年製作の映画)

-

原作ちらっと読んだことある程度だけど面白かった!お昼にお菓子食べながらみたくなる
キリスト教と仏教を混ぜられるの日本だから許される感じする
もろびとこぞりてを歌うイエスが1番ツボだった

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

犯罪する人って家庭とかそれまでの過程にやる動機みたいなのがあることが多いと思うけれど、カルリートスに関してはわからなかった、、
環境とかではなく、潜在的な衝動なのかな?

多分、本人にとっては自分の想
>>続きを読む

レベッカ(2020年製作の映画)

-

オリジナルも少し前にみた◎
シンデレラストーリーと思いきやじわじわ追い詰められていく
カラーの方が、セットの綺麗さがよくわかった気がする、衣装も景色も綺麗だった⛵️

猫の恩返し(2002年製作の映画)

-

ハルちゃんの性格、優しくて自分を少し見失ってしまうの当てはまる人多い気がする!
誰かを助けて後悔するのではなく、よかった〜と思える世界になってほしいな😌

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

どんな性格でも、長所も短所も全て受け入れてくれる優しい映画だった
自分なんてとか何かにならなくちゃと思ってしまうことってたくさんあるけれど、今生きていてくれていることが大切って思ってくれる人はいるんだ
>>続きを読む

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

-

最後まで踊らされた、、
造り手にしかわからない想像できないことがあって、お金を追い求めるだけでは人の心は掴めないんだなあ

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

-

三國志、歴史ガチ勢じゃないので楽しめた〜ふふって感じで観られる
渡辺直美がやっぱり面白い

ノマドランド(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ファーンにとって失ったものを探し続ける旅だったのかな、やっぱり辛いことや忘れたくないことをうまく消化するのには時間がかかることを再確認した
また会えるかもという希望がノマドの人たちにとっては大きな希望
>>続きを読む

ホットギミック ガールミーツボーイ(2019年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

エモいって感じ、ひとつひとつを切り取っても綺麗だった。
誰を選ぶかは結構最初の方にわかったけど、モノ扱いとか俺様系はもうハマらない歳だと気がついた
多分この3人誰選んでもそんなに一緒に幸せになれなそう
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

思っていた内容とは少し違っていた!
学んだことや経験したことはその時は無駄だと思っていても、そんなことないんだな〜と
テロリストに立ち向かうことは素晴らしいし称えられることだけど、もし自分の子供とか大
>>続きを読む

隔たる世界の2人(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

人種が違うことに偏見があっても、話せばわかるかも、と希望を持てたと思ったら現実を突きつけられた感じ、、
もはや、この映画の警察官のような人は考えとか話し合いで解決するのではなく、根本の無意識的なところ
>>続きを読む

Flipped(2010年製作の映画)

-

Flippedってスラングで夢中になるっていう意味なのね!
英語字幕でみたから完全に理解できてるかはわからないけれど、勉強にもなったし楽しめた〜

むずむずきゅんきゅんした!ブライスに見つめられたらそ
>>続きを読む

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

-

ラーメン食べたくなった🍜
ご飯食べながら眠くなっちゃうポニョかわいいのとピュアな心っていいな、と思った

耳をすませば(1995年製作の映画)

-

雫のお父さん、庵野さんの声にすごく似ている!
お互いが相手も頑張ってるから自分も頑張ろう、と思い合える関係性で素敵〜

海がきこえる(1993年製作の映画)

-

杜崎心ひろいな〜、里伽子にイライラしながらみてた笑、でも高校生の気持ちって不安定でまだ確立されていないものだよね
時間っていろんなものを変えてくれるものだな、全てを柔らかくしてくれる気がする

>|