財前さんの映画レビュー・感想・評価

財前

財前

  • List view
  • Grid view

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

4.5

スピーチシーンは涙腺崩壊!

交流シーンとエンディングは最高!!

あっちの子役は演技が自然でいい。

〔CS〕

X-MEN2(2003年製作の映画)

4.0

1と2は面白くて何度も見てしまう。

ムキムキシャープになってあか抜けたローガン

〔CS〕

X-メン(2000年製作の映画)

4.0

ローガン物語の始まり

まだぽっちゃりだけど、葉巻をふかすローガンがカッコいい。

〔CS〕

テラフォーマーズ(2016年製作の映画)

2.5

恐るべし三池マジック!
みんな大根に見える。

〔CS〕

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

5.0

耳鳴りと興奮!

やっぱりリバイバル上映は外せない。

〔LIVE ZOUND〕

プロメテウス(2012年製作の映画)

4.0

深く考えずに見る者としては面白い

ストーリーはあまり覚えていないが、記憶に残っていたシーンは多い

〔Blu-ray〕

ロッキー3(1982年製作の映画)

4.0

「クリード」へ繋がる映画

ムチムチからムキムキに変貌して、すっかり垢抜けしたロッキー。

ミッキーの死とアポロとの友情、そして強くなったエイドリアン。

〔CS〕

少女ファニーと運命の旅(2016年製作の映画)

3.5

子供たちの逃避行物語として見たら健気さに涙があふれるが、反ナチ・反戦映画としては緊迫感や刺激は少ない

ビニー/信じる男(2015年製作の映画)

4.0

マイルズ・テラーって苦手な俳優さんなんだよな。

でも、『 セッション 』もコレも、凄まじい役作りと演技には魅入ってしまう。

シン・レッド・ライン(1998年製作の映画)

4.0

公開時に見た時は???だったけど、今見たら戦争映画の名作かも。
〔CS〕

インサイダーズ 内部者たち(2015年製作の映画)

3.5

ドロドロした物語を想像していたら『ベテラン』のようなスッキリ爽快系の韓国映画だった。“窮鼠猫を噛む”展開は面白い!

それでもやはり韓国映画。手首切断シーンはさすがに目を背けてしまう。

しかし韓国女
>>続きを読む

>|