ryokaneyaさんの映画レビュー・感想・評価

ryokaneya

ryokaneya

よろすく

グロリア(1980年製作の映画)

4.5

金髪の頃ジーナローランズにあこがれて髪を巻いて黒いコートを着ていた

散歩する惑星(2000年製作の映画)

4.0

余計なものはなに一つない絵画のような




「人は生まれながらにして俳優だ」

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

-

試写

同世代の役者陣
いい顔するなあいいなあ

救われない満たされないモヤモヤがずっと、ずっとずっと
漫画を読んだ時に感じたあの灰色な感情を感じたかったもっと

最前線物語ザ・リコンストラクション(1980年製作の映画)

3.7

最前線。

花のヘルメット
ベルギーおばちゃんの見破り
出産のシーンは笑ったな
少年

最初と最後はなんとも、切ない

初サミュエルフラーでした

キカ(1993年製作の映画)

3.5

狂ってる

ロッシデパルマが若い!
あの取材コスチュームキチガイでさいこう

ガンモ(1997年製作の映画)

3.6

奪い奪われて荒んでいく
町ごと全部汚れた水でいっぱいの風呂みたい

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

5.0

ありがとうありがとう
2018年最初のボロ泣き
大好きなスタジオライカの世界が今回は日本が舞台。それだけでもう嬉しい
丁寧に作り込まれた情景とわびさびの美学。海外で育った彼らなりの日本の「解釈」
ここ
>>続きを読む

落下の王国(2006年製作の映画)

5.0

最後に監督の思いが全て込められていた
ブラボー
いちばん美しい、大切にしたい映画。


インドの景観すげーーーーーーー。

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

4.0

うんうん!!!!!!!!!世の中って思い込みで回ってるよね!!!!


相手のことを見ているようで自分のことしか見てない

クロエ・モレッツはかわいい

わたしたち(2016年製作の映画)

4.6

なんだこのトラウマど直球映画は!

見た直後は、苦い感情の方が大きく残っていたけれど、時間が経って反芻すると、あれを映画にしたこと自体、映画の中であそこまで成立したこと自体が、すごいなあと思う
全て
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.5

観終わってぼーっと家帰ってきた後早く玄関閉めなきゃ!ってなったの私だけか

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.6

たのしそう〜〜

エンドロールのNG集的なの久しぶりに見て、いいなって

>|