MAYAHさんの映画レビュー・感想・評価

MAYAH

MAYAH

映画(8)
ドラマ(0)

葛城事件(2016年製作の映画)

3.0

ただただ不愉快。でも何処にでも潜んでいそうな、抑圧された環境。家族は小社会。個人の性格、言動が良くも悪くもダイレクトに反映され、築きあげられる。逃げたくても逃げられない、血はキツくお互いを縛る。家族は>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.5

音楽、映像、内容、全てに明るさと温かさがある。炎上→ドン底→再起、でもどの場面も暗くならない。前向きでステキな映画。次はサンドとビール片手に観よう

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.0

音楽と映像の融合、美しさが私好み。オーシャンズ11の監督と聞いて納得。
繰り返し観たい映画に久々に出会った。内容に爽快感、伏線回収の心地良さはあまりないけど、まぁそれも伏線なのかもしれない。

きみはいい子(2014年製作の映画)

3.9

教師、母親、ママ友、ばーちゃん、保護者…私の場合、いろいろな立場から見られた映画で、つっこみたいところもありつつだけど、ホント感情移入し過ぎてまたも号泣。
教師ってホント奥深い仕事なんですね。。。子ど
>>続きを読む

八日目の蝉(2011年製作の映画)

4.0

開始3分から泣くという笑
母性って計り知れない強さをもたらす。小池栄子の、私も母親ならなれるかもって言葉、響いた。みんなに備わってるものなのね、きっと。子どもに寄り添う、子どもが一番って改めて思えた。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.5

母が強くて、あったかくて、大きくて、そしたら家族って一つになる。みんなそこに帰りたくなる。寄り添いたくなる。母の愛、私も双葉さんのように与えられる女性になりたい。ずっと号泣だったわ