siaさんの映画レビュー・感想・評価

sia

sia

主に洋画を見ます アニメ映画も好きです

映画(528)
ドラマ(74)

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.2

DCEU3作目はヒーローチームならぬヴィランチーム結成の物語。
まさかジャスティス・リーグより先に集結しちゃうとは。

前作もそうだったんだけど、DCEUは全体的に先を急ぎすぎている感じがします。
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.4

飛び出している釘には気を付けましょう。

絶対に音を立ててはいけないという極限の状況下で生活する一家の戦いを描いたサバイバルホラー。

こういうアイディア一発勝負な映画っていかにオリジナリティーを演出
>>続きを読む

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

3.2

DCの二大ヒーロー、バットマンとスーパーマンの世紀の対決。

今回新たにバットマンスーツを纏うベン・アフレックのブルース・ウェインは良かったです。
まだヒーローとして目覚めたばかりのスーパーマンとは対
>>続きを読む

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

3.7

目の不自由な退役軍人フランクと苦学生チャーリーの友情を描いたヒューマンドラマ。

タイトルで勝手に恋愛ドラマかと思い込んでいたのですが、まったく逆で、むしろ男の物語でした。

気難しかったフランクが徐
>>続きを読む

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.1

DCEUの第一作目はスーパーマンのオリジンストーリー。

他の作品を見たことがないのでなんとも言えないのですが、スーパーマンってシリアス路線で作るのが難しい題材なんだろうなと思いました。
バットマンと
>>続きを読む

恋はデジャ・ブ(1993年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

どういうわけだか同じ一日を何度も繰り返すことになってしまった男のロマンチック・SFコメディ。

タイムループ系の作品ってそれこそ星の数ほどありますが、この映画は一連のプロセスに説得力があり、なおかつ深
>>続きを読む

ダイバージェント(2013年製作の映画)

3.3

ティーン向けヤングアダルト小説を原作としたSFディストピア映画。
要するに『ハンガー・ゲーム』のフォロワー的作品なんだけど、個人的にはこっちの方が楽しめました。

この世界のすべての人々は適性テストの
>>続きを読む

タクシードライバー(1976年製作の映画)

3.6

この作品を観るのは初めてだったのですが、『タクシードライバー』に触発された学生がレーガン大統領暗殺を企てたというエピソードを昔テレビで見たことがあって、それがとても印象に残っていました。

本作はいわ
>>続きを読む

ニック・オブ・タイム(1995年製作の映画)

3.5

先に言っておくと結構おバカな脚本ですよ。でも個人的には割と好きな映画でした。

娘を人質に取られ、90分以内に州知事を暗殺しなくてはならなくなった男の戦いを描くサスペンススリラー。

『24 -TWE
>>続きを読む

フットルース(1984年製作の映画)

3.2

都会から保守的な田舎町へと引っ越してきた若者がロックとダンスの魅力を広めていくという、シンプルかつ王道な青春ドラマ。

この映画を見たことのない人でもきっと一度はどこかでテーマ曲のFootlooseを
>>続きを読む

リトル・マーメイドII Return to The Sea(2006年製作の映画)

3.3

一作目とは真逆に、陸で育ち海の世界に憧れるアリエルの娘メロディの物語。

アリエルとエリックの遺伝子を見事に受け継いだメロディのデザインは好き。
こういうのって大体母親似のデザインにされそうなものだけ
>>続きを読む

リトル・マーメイド/人魚姫(1989年製作の映画)

3.5

アリエルちゃん可愛いですよね。

一目惚れした男と結婚するために怪しい契約書にうっかりサインしちゃうような世間知らずなヒロインではあるのですが、ひたむきで好奇心旺盛な彼女を見ているとつい応援したくなっ
>>続きを読む

X-メン(2000年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

派生作品はいくつか見たことがあったけど本家X-MENを見るのは初めてだったのでなんだか新鮮な気分でした。

撮影やCGにはさすがに時代を感じてしまいますが、名前を聞いたことのあるミュータントたちが登場
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

3.6

バレエの世界での成功を目指す女性が徐々に狂気に駆られていく姿を描いたサイコスリラー映画。

サイコスリラーの魅力は、理解しがたい狂気の世界に足を踏み込んでしまう感覚を追体験できるところにあります。
>>続きを読む

レインメーカー(1997年製作の映画)

3.8

前々から見てみたいなと思っていたマット・デイモン主演の法廷ドラマ。
『グッド・ウィル・ハンティング』と同じ年の作品なんですね。

驚くような意外な展開があるわけではないし、『エリン・ブロコビッチ』みた
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

とにかくライトで楽しい雰囲気を目一杯に押し出した作品で、そのコンセプト通り『アントマン』の世界を思いっきり楽しむことができました。

前作のユニークな世界観やキャラクターはそのまま、戦闘やギミックはさ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

「俺はガンダムで行く!」


我らがスピルバーグ監督が送る、全オタク垂涎のポップカルチャー満載エンタメSF映画。
オタクであればあるほど楽しめるというこの作品ですが、想像以上に日本のポップカルチャーへ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.5

どういう精神状態だったら中年女性と半魚人の恋愛ドラマを作ろうなんて発想が浮かんでくるのか。

それでも、この奇抜すぎる題材をうまく物語として落とし込んでいるのが素晴らしいと感じました。
映像にもストー
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

『オーシャンズ』シリーズはとにかくスター俳優を集めて楽しいことをしよう、というコンセプトの作品です。
なので前回は男性俳優でやったから次は女性俳優で、という方向性は自然だし意味があります。

女性キャ
>>続きを読む

オペラ座の怪人(2004年製作の映画)

3.2

うーん、この映画はファントムに同情できるかどうかでだいぶ印象が変わるような気がします。

音楽は素晴らしいです。あの有名なテーマが流れるだけでワクワクさせられます。
また映像も美しく、特にシャンデリア
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ファンタジーの最大の魅力は、普通の人生では絶対に経験できないような夢や驚きに満ちた世界を体験することができるという点です。
良い意味でも悪い意味でも、そこには見る者を現実から遠ざけてくれる強烈な魅力が
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.6

堅苦しいことは抜きに、とにかくスターを集めて楽しい映画を作ろうという気概が感じられる作品。
ある意味で究極の内輪ノリ映画です。

初めて観た時はハリウッド俳優のことなんて全然知らないまま何気なく見てい
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.6

ひとりの女の子の性の目覚めという世俗的なテーマを、どういうわけだかカニバリズムという題材を通して描こうとしたクレイジーな意欲作。

たしかに食欲と性的欲求って実は紙一重というか、たとえばゾンビ映画とか
>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.4

観る前は『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』に登場するような迷路をイメージしていたのですが、雰囲気は結構近かった気がします。

共同体としての生活だったり、世界そのものに隠された謎だったり、迷路以外に
>>続きを読む

プレデター(1987年製作の映画)

3.3

いつか見ようと思っててやっと見れた映画。
『ダイ・ハード』と同じ監督だってことを最近知りました。

正体不明の敵に次々と襲われていくというシチュエーションはなるほど『エイリアン』によく似ています。
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

毎度トム・クルーズの身体が心配になるミッション:インポッシブルシリーズの最新作。
シリーズでは初めて前作から監督が続投しており、そのためストーリーも『ローグ・ネイション』と直接リンクしています。

1
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ピクサー最新作は大好きだった『Mr.インクレディブル』の第二弾。

基本的に好きな映画の続編ってあんまり作ってほしいと思わないんだけど、この作品はキャラクターが魅力的だったから面白くなりそうだし、ヒー
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)

3.1

ディストピアな世界観で繰り広げられる、少年少女たちの生き残りを懸けたハードなバトルロイヤル……を期待してはいけません。
良いシーンもあるんだけど、それ以上に突っ込みどころが多い作品です。

この手のサ
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

4.5

思い出補正もあるかも知れませんが、正直突っ込みどころがほとんど見当たらないぐらい非常によくできた映画だと思います。

続編に向けて見返したのですが、改めて見ると結構大人向けの内容でびっくりしました。
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

3.4

まさしくいつも通りのミッション:インポッシブル。シリーズのファンは今作も同じくらい楽しめたに違いない。

個人的には前作の『ゴースト・プロトコル』が出色の完成度だと思っているので、それと比べちゃうとス
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

使用人のおばさん不気味すぎ。

ストーリーや世界観自体は色んな映画で見たことがあるような感じで特別目新しさはありませんが、演技や演出のおかげで最後まで引き込まれます。
スリラー映画のはずなのにどこかシ
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

4.2

『カーズ』の続編を作るとしたらこれ以外にない!と断言できる作品。
二作目が個人的にやや残念だったので不安に感じていたのですが、期待以上の面白さでした。

今回のテーマは「世代交代」。

一作目でマック
>>続きを読む

ピープルvsジョージ・ルーカス(2010年製作の映画)

3.4

〝Han Solo shot first !〟

スター・ウォーズ旧三部作の熱狂的ファンたちが、特別編や新三部作に対する想いをぶちまけるドキュメンタリー。

個人的には新三部作の方が面白いと思っている
>>続きを読む

カーズ2(2011年製作の映画)

3.3

聞いていた評判ほど悪くはないし最後まで普通に楽しめたけど、うーん…という感じの作品。

やりたいことは分かるんだけど、わざわざ『カーズ』でやらなくてもいいのでは?という印象が拭えない。
アクションシー
>>続きを読む

カーズ(2006年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

〝Yeah! Ka-chow!〟

ピクサー作品はどれも好きなのですが、中でも特にお気に入りの作品のひとつです。

レースの腕は確かだけど鼻持ちならない主人公ライトニング・マックィーンが、田舎町で人
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

ディズニー・ピクサー映画の一番の魅力は、これまで誰も見たことがなかったようなユニークな世界を見せてくれることだと思います。
おもちゃだったり魚だったり車だったり頭の中だったり、よく考えつくなあと感心さ
>>続きを読む

>|