どんちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

どんちゃん

どんちゃん

レビューが全く追いつかず…

映画(228)
ドラマ(0)

デンジャラス・ラン(2012年製作の映画)

3.0

サスペンスよりもアクションを楽しむ作品かなー。内容的にはよくあるCIAものって感じだし。正直あんま記憶に残ってない…。
なんだか銃声がうるさかったなぁー。

エスター(2009年製作の映画)

3.9

これは全く予備知識を入れずに見るべき作品です。でも有名なんで少しは情報入ってきちゃいますよねー。でもね、それでも十分怖いですよ。ホラー映画専門のダークキャッスル・エンタテインメントの製作ですしね。
>>続きを読む

顔のないスパイ(2011年製作の映画)

3.2

分かりやすくてテンポもいいし、時間も90分ちょいなんでサクッと観れるスパイ映画です。
誰も顔を見たことがない伝説の殺し屋カシウスは誰?ってなとこが最後までのクエスチョンなのかと思いきや結構早めにアンタ
>>続きを読む

バロン(1989年製作の映画)

3.3

お伽話をテリー・ギリアムが作ったらこんな感じになりますよね。もう30年近くも前にCG無しでここまでやっちゃうってどんだけ制作費かかってんのやろ?当時としては精一杯の見せ方なんだろうけど、それが逆に今見>>続きを読む

ミーシャ/ホロコーストと白い狼(2007年製作の映画)

3.2

ナチスに連れ去られた両親を探すため8歳の少女ミーシャがベルギーからドイツ、ポーランドを横断しウクライナまで3000マイルを1人で旅する物語。
普通の女の子が生きる為にどんどん勇敢になっていき生肉やミミ
>>続きを読む

ザ・スピリット(2008年製作の映画)

2.8

オープニングで期待させてそーでもない典型的なやつです。
ビジュアルは革新的に見えるがストーリーはやっつけ感ありあり。
ヴィランを嬉々として演じるサミュエル・L・ジャクソンは見る価値ありかなー。
スカヨ
>>続きを読む

ファースター 怒りの銃弾(2010年製作の映画)

2.7

ロック様を主演にした意味がないやんかー。だって銃でドンパチなんだもん。
ビリー・ボブ・ソーントンまで出てるのにこんなんやったら勿体ないわ。

ヴァイラル(2016年製作の映画)

2.6

虫が…どばぁ〜ッと…うー、気持ち悪ッ!!
ん?グロいシーンあまりないなー…あれ?終わっちゃった…。
低予算ならアイデアを絞り出して見せ方くらいなんとかして欲しかったです。

ミスターGO!(2013年製作の映画)

3.0

万年最下位のダメダメ球団が起死回生の策としてサーカスで調教されたゴリラを入団させる。一応ルール上はOKらしいです…ほんまかいな。

そんなアホな!ってのを楽しめるかどーかですね。
片手でバットをぶん回
>>続きを読む

ドライヴ(2011年製作の映画)

3.8

ライアン・ゴズリングがこんなに魅力的でかっこいいとは…なんせ「ブルー・バレンタイン」を観てたもんで役の振り幅が凄くていい俳優さんなんだなぁ〜と改めて認識しました。
今まで幾多の危険な仕事をこなしてきた
>>続きを読む

ライク・サムワン・イン・ラブ(2012年製作の映画)

3.3

しっかり寝て体調のいい時、ベストな状態で神経を研ぎ澄まして観ないといけない…キアロスタミ監督の作品は僕にとってはそんな位置付けです。深読みしすぎる事で純粋に物語を楽しめなくなるパターンもありますが…。>>続きを読む

カンパニー・メン(2010年製作の映画)

3.2

実際にこんな目にあった人はいっぱいいたんじゃないかな?
リーマンショック後の業績悪化で会社から突然リストラされた人達の物語。リストラ対象がエリートや重役、勤続30年のベテランさんと容赦ない。社員あって
>>続きを読む

スプラッター・ナイト 新・血塗られた女子寮(2009年製作の映画)

3.0

イタズラも度が過ぎるととんでもない事になるんですよ!
邦題から血がドバーッとで楽しめるかもと思ったらそこのところはそこそこクリアです。殺し方もエグいし。
みんなで殺人を隠蔽して秘密を共有してんのに、誰
>>続きを読む

のら猫の日記(1996年製作の映画)

3.5

孤児の姉妹、ローとマニーが万引きを繰り返し男の子とセックスしてガソリンをもらいながらワゴンで旅するロードムービー。
姉ちゃんが妊娠してしまいマタニティ・ショップで出産に詳しそうなエレーンを誘拐、隠れて
>>続きを読む

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

4.5

観終わった後にあーでもないこーでもないと考えちゃう映画が好き。耳から煙が出るほどに考えちゃう…そんなあれこれ考えながら振り返る時間が好きなんです。
これはまさにそんな作品。イニャリトゥ監督初のコメディ
>>続きを読む

パニッシャー:ウォー・ゾーン(2008年製作の映画)

3.0

ただの人殺しと言われればそれまでか。
マーベルヒーローの中でも異端児のパニッシャー。だって人間なんだもの。
晩餐会の殺戮シーンはなかなか良かったんだけど中盤以降はあまり盛り上がらない。
ラスボスの朽ち
>>続きを読む

ハーモニー・オブ・ザ・デッド(2015年製作の映画)

3.1

オブ・ザ・デッドとかいう邦題やからおふざけゾンビものかな?と思ったらしっかりとドラマも描いた作品。
雪深くダークな世界観に聴覚のみで感知するゾンビってかクリーチャーがうまくハマってます。
主演の人をど
>>続きを読む

エネミーオブUSA(2009年製作の映画)

2.7

どこぞの有名俳優さん主演の映画のパクリなのは邦題からも明らかです。
なかなかテンポ良くて前半は楽しめるんです…でもね、後半はツッコミ入れる箇所が多くて…。これは最後まで見せる作戦かもですねー。
手当た
>>続きを読む

天国への郵便配達人(2009年製作の映画)

2.8

日本の脚本家がオリジナル脚本を書いて韓国の俳優が主演、韓国の監督によって作られた「テレシネマ7」の第1作。
儚い物語ゆえに泣かせようとしてるんだろうけど過剰な音楽の煽りと意外とあっさりしたラストで泣け
>>続きを読む

X-ファイル:真実を求めて(2008年製作の映画)

3.0

多分テレビドラマ版を見て詳しかったらいろんな元ネタとかトリビア的なものを発見して楽しめたはず。
そんなにハマらずにさらっとしかドラマ見てない僕としてはグロさだけが残った感です。超常現象に肯定的なモルダ
>>続きを読む

アンダーワールド 覚醒(2012年製作の映画)

2.6

急にケイト・ベッキンセイルを見たくなってめちゃくちゃ前に見たアンダーワールドの続編を鑑賞。
黒づくめのケイトさんが美しい。
ヴァンパイアvsライカンvs進化系vs人間…増やせばいいってもんじゃない。
>>続きを読む

シャークトパス(2010年製作の映画)

2.2

人喰いザメと巨大なタコを掛け合わせて作った海軍の秘密兵器がお約束の事故によって制御不能になって大暴れ。追跡装置とかトラブルシューティングの猥雑さに笑える。こういった作品はヤラレっぷりが一番良かった俳優>>続きを読む

ほどけてゆく人妻(2008年製作の映画)

2.3

劇場未公開作品…まぁ〜納得。
題名からしてちょっとした問題作なのかな?とか思っちゃてた(>人<;)
性教育ビデオが笑えたくらいかな。

白雪姫と鏡の女王(2012年製作の映画)

2.8

衣装の石岡瑛子さんの遺作。
色白のリリー・コリンズが白雪姫の世界に映えてめっちゃ可愛い!小人達も可愛くて良かったけど、エンディングがちょっとね…。

コッホ先生と僕らの革命(2011年製作の映画)

3.8

ベタな展開だからこそすんなり感動できる作品。「ドイツサッカーの父」と言われているコンラート・コッホを描いた伝記映画なので変な見せ方をする必要もないか…。
当時のドイツがイギリスや英語に対してこれほど偏
>>続きを読む

>|