ぽこ太郎さんの映画レビュー・感想・評価

ぽこ太郎

ぽこ太郎

覚えている限りの映画鑑賞記録

映画(46)
ドラマ(1)

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.5

最近はサスペンスかラブロマンスばかり観ていたため、こういう話は新鮮だった。
とにかく面白い。
ご老人には知恵が、若者には活力があって、それぞれ足りない要素を補い合う理想の関係だったと思う。
やり手の若
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.7

とても面白かった。
アン・ハサウェイの美しさを再認識した。
『バーレスク』に出演していたスタンリー・トゥッチがこの作品にも出演しているとは知らなかった。彼の上司を支えながら、主人公を叱責し道を示す役柄
>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

中だるみすることなく、終始目が離せなかった。
バッファロー・ビルの部屋で流れていた音楽。人皮でドレスを作るという猟奇的なシーンにはそぐわないものだったが、そのちぐはぐが彼の異質さを際立たせていたように
>>続きを読む

テッド 2(2015年製作の映画)

2.9

公開当時に友人に連れられ鑑賞
前作は未鑑賞だったため、あまりに潔い下ネタパレードに笑うしかなかった
下品と感じる前に、逆に爽快さがあった
見返したいとは思わないけど見て損ではなかった

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.5

友人と一緒に騒ぎながらの鑑賞
ジュラシックシリーズ自体が初めてで、こんなにテンポ良く進む映画なのかと驚いた
ニック・ロビンソンに出会った思い出の作品

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

5.0

何度見ても歌の度に泣いてしまう
音楽の魅力が詰め込まれている大好きな作品

ローマの休日(1953年製作の映画)

3.7

とにかくオードリーヘップバーンに魅入った100分だった

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.8

あと少し想いを伝えていれば…というところですれ違ってしまう2人を見るのは、とてももどかしかった。
最後は泣いてしまった。

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

3.0

友人に連れられて、あらすじなどの予備知識は一切なしでの鑑賞
普通に面白かった

耳をすませば(1995年製作の映画)

4.5

若さ故の純粋で真っ直ぐな想いに心動かされた
ジブリ作品はあまり見たことがなかったが、この作品はすごく好き

完全なるチェックメイト(2014年製作の映画)

3.4

時代背景もとても好みで面白かった
鑑賞後のなんとも言えない喪失感は今でも覚えている

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.0

"天才であるが故の苦悩"と一言で片付けてはいけない、生々しくも心を揺さぶるテーマだったと思う
暗号解読までの展開もとても面白かった

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.3

エディ・レッドメインの演じるホーキング博士は、まるで等身大であるかのように自然で人間らしかった
ストーリーも含め、私好みだった

バーレスク(2010年製作の映画)

4.7

何度見ても感動し、アギレラの歌唱力に脱帽してしまう作品
彼女のパワフルな歌声と煌びやかなショーに勇気をもらっている

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

3.5

キリスト教弾圧の事実を改めて認識した作品
キチジローの愚かしくも純粋な人間らしさの描写には目をみはった
信仰についても深く考えさせられた
キリスト教と日本幕府のどちらが悪とは一概に言い切ることは出来な
>>続きを読む

虐殺器官(2015年製作の映画)

3.8

原作を読んでの鑑賞
内容が濃いからか、登場人物の心情など、原作を読んでいなければ理解出来なかったであろうシーンも多かった
しかしながら、文字だけでは想像が追いつかなかった描写も映像として目にすることで
>>続きを読む

屍者の帝国(2015年製作の映画)

3.5

原作未読での鑑賞
作画もとても綺麗で私好みの展開だった
原作を読んでいればより楽しめたのだろうなという期待も込めて、この評価

ガタカ(1997年製作の映画)

3.5

製作当時の"近未来"が堪能できた
ストーリーや雰囲気も含め、私は好みだった

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.6

オーシャンズ8が面白かったので、こちらも鑑賞
「8のあのシーンはここと通じていたのか!」など、8と比較して見れた
ダンディなおじ様の活躍が見れて眼福だった

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.6

アンハサウェイが出演すると聞いて鑑賞
予想以上に面白かった
気持ち良いほどにテンポが良く、ラストにも驚いた
音楽も雰囲気に合っていて良かった
アンハサウェイの美貌だけを目当てに見た作品だったので、予想
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.3

複雑に絡み合う感情が絶妙なバランスで描写されていたと思う
映像が美しい

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

2.9

周りの高評価につられて鑑賞
コナン特有の展開が私に合っていなかった

神は死んだのか(2014年製作の映画)

1.0

キリスト教布教映画という印象
ラストはもっとどうにかならなかったのか
他の人の評価はどうであれ、私は好きではない

セッション(2014年製作の映画)

4.0

ジャズに魅せられた男たちの狂気が感じられた
また観るのには勇気がいりそうだけど、強烈な印象が刻み込まれた作品

>|