santoshaさんの映画レビュー・感想・評価

santosha

santosha

コールド・フィーバー(1995年製作の映画)

4.1

「春にして君を思う」が良かったので同監督の作品という事で視聴したが、期待以上に良かった。
監督の独特の音楽や神秘的な演出が素晴らしく他の作品も観てみたいと思う。
春にして君を想うもそうだったが90分の
>>続きを読む

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

5.0

なんて素敵な映画だろう。

言葉が話せないパキスタンの少女。正直者で真っ直ぐなバジュランギ。音楽で気分が高揚して、バカ正直さに笑って、人の温かさに心が温められ、無償の愛で泣いた。
本当に愛に溢れた素敵
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

3.6

クリストファー・ノーランだから観たが、うーん。難解?

とりあえずどんな作品を作ろうとこれからも見続けます。

ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(2012年製作の映画)

4.1

大自然の映像が非常に美しく神秘的でした。

トラと少年の漂流ファンタジーと思って観ていたらラストで作品のテーマがいっきに変わった。美しく神秘的な作品から人間の深いテーマの作品になったのは見事だと思いま
>>続きを読む

愛にイナズマ(2023年製作の映画)

3.3

松岡茉優と窪田正孝が出演していたので視聴したが、うーん。いまいち要領がつかめなかったです。難しいわけじゃないけど入り込めなかった。

楢山節考(1983年製作の映画)

3.9

最近、緒形拳が出演してる作品をよく視聴してるが本当にいい役者。
キャッチ・コピーの「親を捨てるか、子を捨てられるか。」がすごくしっくりくる作品

デューン 砂の惑星PART2(2024年製作の映画)

4.3

評判が良かったのでpart1を観て次の日に映画館に。
スピルバーグが絶賛するのも納得の出来。
part1も面白かったがpart2はそれ以上。こういう映画はやっぱり映画館がいいですね。
続編も決定したみ
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

4.0

スターウォーズ並のSF超大作。

スターウォーズはディズニーになってダメになったけど、この作品には期待できる。
世界観、スケール、映像、全てが一級品。part1.part2と観ましたが久々に期待の持て
>>続きを読む

キツツキと雨(2011年製作の映画)

4.0

心温まるいい作品でした。

役所広司はすごいですねー。めっちゃ笑った。どの作品もはまり役に見える。

偽りなき者(2012年製作の映画)

3.9

小さな町で起こった集団ヒステリー映画。

すごくリアリティのある作品でした。マッツ・ミケルセンの教会でのシーンにしびれました。本当にいい役者。

ベルリン・天使の詩(1987年製作の映画)

3.9

「春にして君を思う」が良い映画で、ブルーノ・ガンツが天使として出演してて「?」となり調べたらこの映画が元。

モノクロとカラーの使い方や、作中に散りばめられた詩。癖のある映画だったが良かった。

暗い日曜日(1999年製作の映画)

4.7

名作。

音楽がとても良く、脚本もよく主演女優も美しい。

大好きです。

マイネーム・イズ・ハーン(2010年製作の映画)

4.3

社会派人間ドラマ映画。

いい映画でした。アメリカ同時多発テロをきっかけに変わってゆく世界。人々の変化をよく描いていて、いろいろと気付かされる作品でした。

なまいきシャルロット(1985年製作の映画)

4.0

13歳の少女の青春映画。

主演のシャルロットもなまいきで可愛いくって主題歌もすごく良かった。夏ならイヤホンで音楽聴きながら外に出かけてた。

サンダカン八番娼館 望郷(1974年製作の映画)

4.7

実話に基づく女性の半生を描いた映画。

すごく良かったです。
女優陣の熱演のせいか吸い込まれるように見入っていた。物語の主人公の若かりし頃を高橋洋子と晩年を演じたと田中絹代の演技が圧巻でした。

鬼畜(1978年製作の映画)

3.6

鬼畜というタイトルがピッタリな映画。

いままで観た岩下志麻で一番怖いかも。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.9

テンポのいい映画。
主演の松岡茉優さんいいですね~。

春夏秋冬そして春(2003年製作の映画)

4.4

不思議な映画でした。すごく好きです。

浮き世離れした映像が美しく、仏教の死生観を美しくも儚くあらわしていて静かだけど胸に残る作品でした。

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.1

昭和の時代のヤクザ映画。
ヤクザ映画としてトップクラスに面白い!

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

4.8

静かないい映画。

観終えてからもジワジワと沁みわたっていく。こういう映画が50年後100年後も細々と残っているんだろうなー。と思わせてくれるような作品。映画館で観れて本当に良かったです。

夜叉(1985年製作の映画)

3.6

いい役者ばかりで内容はともかく演技を観ているだけでも楽しめました。

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

4.2

面白かったー。
今年最初の映画で大当たり。

個人的にはシン・ゴジラはあんまりでしたが、ゴジラ−1.0はめちゃめちゃ良かった。
昭和の時代背景とマッチもしていてストーリーも良く出来ていて非常に楽しめた
>>続きを読む

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

4.7

笑って泣いて泣いて。

コメディベースで明るめの作品だけど随所随所で泣かせにくる。

めちゃくちゃ泣きました。

北斎漫画(1981年製作の映画)

3.9

コメディ時々エロティック映画。

期待せずにみたけどなかなか良かった。
何度もクスッてなったし役者陣の演技が◎。

天城越え(1983年製作の映画)

3.7

田中裕子目当てで視聴したけど思っていたより良かった。若い時から演技派なんですね。

「もののけ姫」はこうして生まれた。(1998年製作の映画)

4.5

今更ながらこのドキュメンタリーの存在を知って速購入。

本編と特別収録合わせて7時間あったが見る前と後でもののけ姫も観てジブリに浸れて至福のひとときでした。

今更ながらエボシが田中裕子と知ってびっく
>>続きを読む

>|