キムタクさんの映画レビュー・感想・評価

キムタク

キムタク

映画(74)
ドラマ(0)

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

4.2

今回は公安の闇が描かれたシリアスな作品。

内容が少し難しいので、"警察"と"検察"と"公安"の関係を知っておいた方が混乱しないかも。

安室さんの、安室さんによる、安室さんの為の映画といっても過言で
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

まず、IMAXで観なかったことを後悔。

予告編見てから思ってたけど、THIS IS ME はやっぱりお気に入りの曲になった。

凄く楽しくて、ワクワクできる映画だった。

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.5

去年公開の映画『ダンケルク』と一緒に観るとより楽しめると思います。

政治的な駆け引きのお話だが、ある程度チャーチルがポップにも描かれていたのでそこは良かった。

映画ドラえもん のび太の宝島(2018年製作の映画)

3.7

久しぶりに観たけど面白かった。ミニドラ大活躍で可愛い。

星野源の主題歌が本当に良かった。

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.7

大人も楽しめる、テンポ良しな子供向けコメディアニメーション映画。

エルヴィス・プレスリーのシーンは笑ったけど、エンドロール後で凄ぇ!ってなった。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

主人公、キルモンガーの生い立ちや、ウガンダのトンデモ鉱石を使った武器とか、設定は面白かった。
マーベル初心者だが、インフィニティウォーも是非観たい。

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

5.0

結び、期待以上でした。本当にのめり込める作品で、こんな熱いストーリー展開があるのかと。。
キャストも皆素晴らしく、特に周防名人が味のあるキャラで素晴らしい。
過去作の伏線もあるので、前作2つも観ておい
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.3

いかにも大正義アメリカな展開は置いておいて、災害映像は凄くて、不謹慎にも観ててワクワクした。お金かかってるんだろうなー。

災害のなかでもロシアだけ明らかにレーザービーム攻撃されてて笑った。

羊の木(2018年製作の映画)

3.4

一昨年の映画、怒りのようなポスター構成にして、怒りのようなヒューマンサスペンス映画。
サスペンスものとしては好きな雰囲気、展開だったが、全体的な不完全燃焼感は否めない。ヒューマン要素ももう少し周りの人
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.5

ミステリー良し、何よりしっかりした人間ドラマがあって、泣けるところもありのいい映画でした。
松嶋菜々子のミステリアスな演技が良かった。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

殺人犯が22年の時を経て突然世間に現れるというサイコサスペンス映画。
藤原竜也がまたキ○ガイ演じてるのか、面白そうだなと思い鑑賞。
殺人犯とキャスターとの対話シーンは緊迫感があって非常に良かった。
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

4.0

立川の極音で鑑賞。

シングルマザーに育てられたソフィーは、まだ見ぬ父親に会うために、父親の可能性のある3人を結婚式に招待したが、それによって引き起こされたドタバタ劇を描いたミュージカル映画。

序盤
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.5

映画界の大物プロデューサーである叔父さんの元で働くことになったボビーは、叔父さんの秘書ヴォニーと恋に落ちてしまうが、その秘書には実は恋人が既にいて…という大人の恋愛映画。

三角関係だが、そんなにドロ
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

5.0

字幕版。立川の極音で鑑賞。

最初のディズニータイトルの星に願いを〜♪で極音だぁ…って感動し、初っ端からノリのいいミュージカル風で、一気に作品の中に引き込まれた。
大人なエマワトソンは言うまでもなく、
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

エリート学校である海帝高校の生徒会長になるという、主人公赤場帝一の野望を描いたストーリー。

登場人物一人一人のキャラがたっていて、しかもイケメンで、何も考えずに楽しめる映画だった。ギャクもシュールな
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

4.5

劇場版名探偵コナン21作目。今作の舞台は大阪と京都で、平次と和葉が主役です。

大阪で日売りテレビが爆発されるという事件と、京都で百人一首‘‘皐月杯’’の前年の優勝者が殺害されるという事件が起きた。
>>続きを読む

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.6

お嬢様学校で起きた、学校一のカリスマ女子生徒の謎の死を巡るミステリー作品。

文学サークル定例の闇鍋会なるもので、死んだ白石いつみについて、サークルのメンバー一人ひとりが自作の小説で証言していき、真相
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.5

地球から新たな惑星に移住する目的の宇宙船で、90年間人工冬眠する筈だった男が、システムの破損でたった一人早く目覚めてしまい、孤独に耐えきれなくなった男は禁断の選択をしてしまう…というストーリー。

>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.8

母親から育児放棄されてしまった少女トモと、トランスジェンダーの女性リンコと、リンコの恋人でトモの叔父でもあるマキオとの心温まる共同生活を描いた作品。

リンコさんが押入れに篭ってしまったトモと、糸電話
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.0

南太平洋に住む海に愛される少女モアナが、島の危機のために、伝説の男マウイと共にテフティのハートを元の場所に戻しに大海原に繰り出すというストーリー。

ちょいちょいミュージカルっぽいシーンがあって、Ho
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

女優として成功するという夢を持ったミアと、自分のジャズの店を持つという夢をもったセバスチャンが次第に惹かれあって恋に落ちていくというミュージカル映画。

そこまでコテコテのミュージカル映画って感じでは
>>続きを読む

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.7

チア部に入部した普通の女子高生たちが全米制覇を目標に奮闘する青春群像劇。

広瀬すずがかわいい。天真爛漫な役がやっぱり似合ってる。
全米制覇するまでの挫折や仲間との友情は丁寧に描かれていて良かったけど
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.7

電気、ガス、水道と全てのインフラがストップしてしまうという世界で、サバイバルしなければならなくなった家族を描いた作品。

コメディな映画だと思ってたが、家族愛や隣人愛などのメッセージを感じる映画だった
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.5

第二次世界大戦下、二人のスパイの愛を描いた作品。
ラストのブラピのなんとも言えない表情が印象的だった。

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

4.0

親の敷いたレールの上を生きる、結婚を控えた真面目な弁護士と、そのおじいちゃんが、フロリダへの二人旅の道中で繰り広げるドタバタアメリンコメディ。

おじいちゃんが滅茶苦茶だけど、ウィットが富んでて、人生
>>続きを読む

素晴らしきかな、人生(2016年製作の映画)

3.2

最愛の娘を亡くしてしまい、何にも手につかなくなった男が、同僚たちの仕掛けた「愛」「時間」「死」を演じる3人の舞台俳優たちと出会い、徐々に立ち直っていくという話。
テーマは非常にシンプルで分かりやすい。
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

4.0

第二次世界大戦下、ドイツ軍で使われていた暗号「エニグマ」の解読に挑んだ、アラン・チューニングという天才数学者の話。

ジョーンがアランに言った「あなたが普通じゃないから、世界はこんなにも美しい」という
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.8

宇宙のならず者たちが、パワーストンを得て世界を滅亡させようとする悪から銀河を守ろうとするストーリー。

ストーリーはスターウォーズっぽいが、主役キャラたちのノリが軽いので、軽い気持ちで観られます。しか
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.8

11人のスペシャリストが集まって、ベガスのカジノの金庫破りをしようとするストーリー。
ストーリーは最高に面白いけど、全員有能すぎ笑。ドキドキ感がもう少し欲しかった。

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

4.0

泣けるくらい7人ともカッコ良い。。最初の、ボークの手下達をボッコボコにしたシーンは興奮した。
ただボークがセコイというか、安全地帯からガトリングガンぶっ放して、ドヤ顔して、最後は呆気なく負けて命乞いっ
>>続きを読む

>|