seckeyさんの映画レビュー・感想・評価

seckey

seckey

落下の王国(2006年製作の映画)

-

超ファンタジーかと思いきや、何だか感動ストーリーでした
ダメじゃないけど、、、
うん、期待しすぎた。笑
内容は自殺願望のある男の人が入院中の女の子に自分で作ったおとぎ話を聞かせるってお話

ラザール(2016年製作の映画)

-

出会いたくないひととも出会えちゃう出会い系に要注意。‬

サマードレス(1996年製作の映画)

-

‪どうして、夏は煌めくのでしょう。夏だから。それだけで毎日がたのしいし、外にいると宇宙との調和をかんじるし、ビールはおいしいし、あのムファっとした湿度はセクシーだし、“夏だから”といえばなんでも許せち>>続きを読む

死と父と息子(2017年製作の映画)

-

物語のおわりかたはいくつもある。憧れる“The end”と選ばれた“The end”。前者をおってるうちにけっきょくは後者になってる。だから人生はおもしろい。

黒崎くんの言いなりになんてならない(2016年製作の映画)

-

恋愛で泣く女のこの可愛さよ。
そして、ジャニーズの俳優とジャニーズじゃない俳優のちがいを無意識にさがしてしまうわたしは、、、。笑

キャロル(2015年製作の映画)

-

‪タバコの吸いはじめから脚を組むまで釘づけにさせる女性、オリーブいりのドライ・マティーニをお昼からのむ女性、うしろ姿やくちびるでなにかを語る女性。わたしとはどれも正反対で、肉体も心もとても幼い。いつか>>続きを読む

三十四丁目の奇蹟/34丁目の奇蹟(1947年製作の映画)

-

サンタさんが言ってた。
"信じる事を辞めたら、とても悲しい人生になってしまう。"
サンタさんは夢のシンボル
この映画は本当素敵!!
うるうるしまくりでした。

大奥(2010年製作の映画)

-

それにしても阿部サダヲさま。あなたがいると映画が数倍おもしろくなります。‬

イントゥ・ザ・ウッズ(2014年製作の映画)

-

なんか、なんだかなぁ〜、良いとおもったはずなんだけどな。‬
‪派手派手に飾りつけされたパーティーで、やけに気の利くスタッフがしつこいくらい笑顔を振りまいてきて、“お料理たくさん食べてくださいね”と勝手
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

-

ハギオ。いるんです、あーいうひと。大人なのに、ちゃんとしてなくて、ふわふわしてるのに、なんかよくわかんないタイミングで意思が固いし、ほんと、蛇口ひねると出てくる水みたいな速さで、あっという間にいろんな>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

-

‪ライダースが当然似合う麗しい坊主に、スキニーな完璧な体型、期待させる退廃系若気の至りさ。‬
‪.‬
‪選べる。わたしたちは選べる。考えて、迷って、失敗して、後悔して、学ぶ。ぜんぶ選べる。‬
‪選んで
>>続きを読む

トレヴィの泉で二度目の恋を(2014年製作の映画)

-

これみて確信した。‬
‪わたしは、来年も再来年も、おばあちゃんになってもいまと同じようなことですぐ笑うでしょうし、いまと変わらないようなデザインの服を着るでしょうし、いま好きなひとは何年たってもずっと
>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

-

‪世界から猫(もしくはとても大切なもの)が消えたなら?電話がなくなったら?映画がなくなったら?‬
‪命と引きかえられるものってなんだろうなぁ、同じ価値の・同じ重さの。そしてそれを消してもいいとおもうほ
>>続きを読む

モテキ(2011年製作の映画)

-

恋愛って相当体力いるな。‬
‪総じて、こんな風に愛されてしまったら覚悟を決めるときなのかも。‬
このお祭り感!欲してた!!オープニングから最高。そしてたのしくお酒のむ女子かわいくてエロくて正義…。(女
>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

-

この世で一番つよいものは、反骨精神か。この世で一番こわいものは、お金か。この世で一番むずかしいものは人間関係か。‬
‪.‬
‪悪者も神もそんざいしないよ。‬
‪大いなる力には大いなる責任が伴うのだ。‬

幕が上がる(2015年製作の映画)

-

黒木華の魅力全開。ますます顔が好きになってきて、唇かわいいなぁ顎は色っぽいなぁと、今回の役は前みた映画と全然ちがうし、みるたびみるたび好きになる。こんな女性と付き合える男性を初めて羨ましいとまで思う。>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

-

おもちゃがこんなに必死に生きたいともがいてるんだから、人間のわたしはもっと必死にもがかなきゃだな。‬

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

-

エドワードの御伽話にはワクワクさせられ、心温まるお話ばっかり。
本当か作り話か、そんなのどうだっていい。
何よりも"人を喜ばせたい"という気持ちが素敵。
彼は魔法使いだったのだ。

スパイダーマン2(2004年製作の映画)

-

間違いないヒーローね。
この世の中にはたくさんの選ばれしヒーローがいて、みんなみんなカッコいいに決まっているけれど、私には(公には)スパイダーマンが一番カッコよくて魅力的と思ってる。MJを愛しているの
>>続きを読む

チアーズ!2(2004年製作の映画)

-

俄然1の方がいいけど、(キルスティンダンスト出てないし)甘酸っぱい学園ものは、何だかんだ最後まで観てしまった。
ブリーターナー美人すぎ。

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

-

人が…簡単に死んでいく…。こわぁ……。
ミアは可愛いのよ、それだけ残ればよかったのに…。

マエストロ!(2015年製作の映画)

-

(本当に弾いてるのかとか気になっちゃって全く内容が頭に入ってこなかった)

ニンフォマニアック Vol.2(2013年製作の映画)

-

人間にとって一番大きな力はセクシャリティ。わかる、そう感じるときは大抵ネガティヴだけど。‬
‪昔バイトの先輩が“女の子とセックスしたいから仕事してる”って言ってて、そのときはなーに言ってるんすかーって
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

-

たまに血の繋がりって意識的なものなんじゃないかな?と思うの。‬
‪たとえばお薬だと思って金平糖を食べると気分が良くなるとか、学校行きたくないと思うと朝お腹痛くなっちゃったりとか。だから血の繋がりも、生
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

-

素晴らしく泣けるラスト10分。‬
‪.‬
‪"生まれてこなきゃよかった"なんて、ほとんどの人が一度は考えたことがあるでしょう。でも、その一人が誰かにとっては大切な一人っていう人もいるんですよ。‬
‪.
>>続きを読む

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

-

大晦日、クリスマス、誕生日。捻くれてしまった私には耐えがたいイベント。こんな風に楽しみにしたのはもう何年も前のことだ。だから画面の中のキラキラだけで充分〜〜。39℃の熱があるときに観たので感受性がやら>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

-

生きろ、とあなたが言うのなら私は精一杯生きる。
.‬
‪サンとアシタカ。理想的な現代のリアルな愛の形だと思った。捻くれまくった今ではアシタカの愛が痛いほど解る。公開当時は純粋な高校生で、サンもアシタカ
>>続きを読む

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

-

いまの私にとって観てはいけない映画だった。まだ受け入れられない。ごめんなさい。私の心はとてもとても醜い。‬
‪.‬
‪でもまだ今日がある。最悪だった日ももう終わったこと。明日を恨んではダメだ。‬

ザ・マジックアワー(2008年製作の映画)

-

最後に笑うのは誰だ?‬
‪ー最後に笑うのは反骨精神だ。‬

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

-

素晴らしい!!!劣等コンプレックスがひどい私には、とても励まされる2時間だった。‬
‪シシャの美しい生き方はとても謙虚で情に厚く、丁寧で古風。強くて優しい女性だからこその大切なものと自分の守り方でとて
>>続きを読む

モンスターズ・インク(2001年製作の映画)

-

エンドロールまで楽しませてくれるスタッフ達のプロフェッショナルさが好き。‬

ブルックリンの恋人たち(2014年製作の映画)

-

想いの残し方。‬
‪即冷凍保存することもあれば、夜中の3時にツラツラと書き留めたり、思い出して忘れてを繰り返してミルフィーユみたいな作品を出したり。たくさんあるけどそういう忘れないようにする人たちは、
>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

-

ジブリに出てくる女の子って全員ふとした表情が洗練されていて、思わず見惚れてしまうカンタの気持ちわかる。きっと私もお友達になりたいなぁ〜っと見惚れていたよ。‬

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006年製作の映画)

-

ジョニーとキーラナイトレイの妖艶な絡みシーンがみれて、今日一番のしあわせでしたありがとうございました。
.
何でもかんでも明日へのガソリンになれば、ね。それでいいや。久しぶりに食べたカップラーメンもチ
>>続きを読む

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所(2014年製作の映画)

-

クロエグレースモレッツ目当てで観た。アダム役のジェイミーブラックリーとのいちゃいちゃシーンで更に可愛い…。‬
‪.‬
‪きっといいお話だったのにプライベートで心がズタズタになりながら観たので素直に観れ
>>続きを読む

>|