王天上さんの映画レビュー・感想・評価

王天上

王天上

映画(248)
ドラマ(0)

スレンダー 長身の怪人/都市伝説:長身の怪人(2015年製作の映画)

-

低予算で頑張ってる。ほんとにお金かかってない感じで映画青年に励みになりそう。内容はほん怖シリーズを思わせ、あのノリが好きな方にお勧めです。

逆殺館(2016年製作の映画)

-

ヤンキーが可哀そうな女の子を焼き殺す話。すっきりしないわー。

ショートウェーブ(2016年製作の映画)

-

やたら評判悪いみたいですけど、まあ普通のSFスリラーでした。そのうち映画もニーズに合わせて、テレビドラマみたいな作品ばっかりになっちゃうのかなあ。

グレースフィールド・インシデント(2017年製作の映画)

-

ホラーかと思ったら、かなり安いSFでした。ミステリー・サークル懐かしい。

バイバイマン(2016年製作の映画)

-

こういうホラー、好き。ラストの余韻もいいですね。

ビジター 征服(2014年製作の映画)

-

少なそうな予算だが、きっちり作られていて楽しめる。

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

-

うまくまとまってるなあ。記憶をなくすといい奴になるのがおかしいね。

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

-

エイリアンの倒し方は一作目から変わってないですね。なんだかゴキブリを対処している感じ。

AVP2 エイリアンズVS. プレデター(2007年製作の映画)

-

暗闇の対決でどっちがエイリアンでどっちがプレデターなのかよくわからない。いかにも着ぐるみという感じのエイリアンをごまかすためだったのかな。

デス・ライナーズ(2016年製作の映画)

-

ラストが盛り上がりに欠けた感じ。犯人像がもう少し強烈だと面白くなったのではないか。

溺殺魔 セバスチャン・ドナー(2014年製作の映画)

-

ずいぶん前に観たので記憶があいまい。それなりに楽しんだような。

ラスト/ナイト(2016年製作の映画)

-

オープニングから話が一歩も前に進んでいかないような作品だった。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

-

前半期待させたが、見せ場が地味であまり盛り上がらなかった。

ドラッグストア・カウボーイ(1989年製作の映画)

-

主人公がもっと不細工かワイルドな風貌だったら、リアリティが増したような気がする。

レジデント(2015年製作の映画)

-

あえて盛り上げないというような、純文学ノリが面白かった。デンマーク作品という事です。世界各地のホラーが観たいな。

ドント・スクリーム(2016年製作の映画)

-

かなり低予算で映像的には厳しいものがあった。家にいろいろ仕掛けがあったりしたら面白そう。

サイコパス 地下戦慄(2015年製作の映画)

-

色彩感覚がちょうど好みにぴったりで、気持ちよく鑑賞。ときどき名画を観たりすると、A級もちゃんと観ておいた方がいいのかなとか思うが、結局こういうB級の駄菓子的快楽に溺れてしまう。

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

-

マニアックな監督なのかと思ったら、たくさんの人が鑑賞していますね。上質な短編小説を読んだような心持。

CUB/カブ 戦慄のサマーキャンプ(2014年製作の映画)

-

ベルギーの作品という事で、なんだかちょっと得した気分。知らない国のホラーが観たい。

セル(2015年製作の映画)

-

原作物って、長編より短編小説を膨らませた方が面白い作品になってる気がする。

ドント・ハングアップ(2016年製作の映画)

-

こういうのをスカッとする結末というのだと思う俺にはかなり問題があるだろう。

8 1/2(1963年製作の映画)

-

スタイリッシュな映像がかっこいい。こういうの観ちゃうとCGってダサいなあと思ってしまう。

パッセージ 牙剥く森(2015年製作の映画)

-

あのあとヒロインは殺人罪に問われてしまうのだろうかとか考えてしまった。

YOU ARE NEXT ユー・アー・ネクスト(2016年製作の映画)

-

まあ誰かを生き残らせなくちゃならないんだけど、やっぱりモヤモヤしますね。お母さんが可哀そうだし。あんな投げやりなオチじゃ誰も納得しないぞ。

LOOP/ループ -時に囚われた男-(2016年製作の映画)

-

ハンガリーの映画だという事だけで、ちょっとポイント・アップ。世界各国の変わった映画を観たい。ラストもきれいに決まっていいですね。

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

-

前作同様きっちり楽しませてくれる。全作が好きな人しか楽しめないのかもしれないけど、それでいいのかもしれない。

フォービドゥン/呪縛館(2016年製作の映画)

-

よくあるパターンの幽霊屋敷ものなのだが、クライマックスのゴア描写がえぐい。

ホーンテッド・サイト(2016年製作の映画)

-

とにかく何もかにもが地味だ。しかし映像、音楽、セットなど雰囲気はよく正調ゴシック・ホラーとして楽しめる。ラストも無理してエンタメちっくに盛り上げたりしないのはいいですね。

>|