るさんの映画レビュー・感想・評価

る

映画は週に2本。魂を込めてレビュー書きます。(たぶん)
ミュージカルと男臭いのが好きです。
弱点は家族もの。

映画(186)
ドラマ(14)

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

3.5

現役引退したじいさんたちが集結して、ストリートバスケの聖地ラッカーパークで優勝目指すお話。

笑いどころが多くて気負わずに観られるのがいい!結構予想外に笑える(笑)
ストーリーは単純明快で、小学生の男
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「フォーリーズ」(2017年製作の映画)

4.5

ブロードウェイで大好評を博したミュージカルのライブビューイング版。
往年のスターたちの同窓会という小粋な設定で、舞台上に現在と若い頃それぞれ2人のキャストが1人の人物を演じる。

この作品はそもそも知
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.0

言わずもがなの名作。
格言に溢れた壮絶な人間ドラマで、自分は観る前に気を引き締めないと最後までもたない。戦争モノを観るときの感覚に近い。

ビール好きで音楽好きなので、そこの2つのシーンがなんだかんだ
>>続きを読む

真田十勇士(2016年製作の映画)

2.5

歴史モノ大好き、戦国モノ、真田も大好きなんだけど.........
んーーこれはかなり微妙!!

演出も演技も舞台っぽさが残りすぎてて映画にしちゃ見にくすぎる。
かといって舞台なら面白そうかと言われ
>>続きを読む

ブタがいた教室(2008年製作の映画)

3.5

クラスで飼ってるブタを殺すか否か。

小学生たちの意見にこちらも悩まされる。
子役たちの演技がとてもナチュラルで、本心でブタを思って議論しているように思えた。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.5

これスピルバーグって知らなかった。
オープニング今観てもワクワクするくらいにカッコよい。

ルパンを彷彿とさせる、ディカプリオとトムハクスの関係性もgood!

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

4.0

TSUTAYAで借りようとしたら邦画コーナーになかった。ドラマのガリレオのとこにあった。そっか。

堤真一の演技にとにかく感動。
無感情そうな人間のほんっとに微妙な機微と、そういう人間の感情が真に揺れ
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.0

ノーラン。。

今までにない映像体験で、戦争を見事に切り取った作品というのはとても分かる。てか迫力と没頭感はやっぱり凄い。

けどストーリーが分かりやすいやつの方が単純に好みっちゃ好み。
時間軸構成も
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.5

大根監督のあげとこ分かってやってる感じわりと好き。
爽やかさ0の福山もよかった。

さすが滝藤賢一の泣きの演技はプロの仕事や...

シャイニング(1980年製作の映画)

3.5

ただ驚かすだけのホラーとは違って、不穏な緊張感がひたすら漂ってる。
ビビりには優しい良い怖さ。

お母さんホラー向きな顔立ちしすぎでしょ。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.0

いつ観たっけか
ひたすらおしいそう

1500円くらいでおいしいホットドッグ食べたい。
☆3つ!!

ゴッドファーザー(1972年製作の映画)

5.0

マフィアを題材にした魂震える漢気映画でありながら、アットホームのヒューマンドラマ。
観終わった後も思い出して噛み締めるだけで一週間はもつ。

アル・パチーノとマーロン・ブランドの凄み。とんでもない。
>>続きを読む

生きる(1952年製作の映画)

4.0

定年間際まで役所でただ印鑑を押すだけが仕事だったじいさんが、死ぬ前に自分を変えようとするお話。
“生きる”とは何なのかに踏み込んだ黒澤映画。

生き方について問われている感じがして、濃厚な哲学書を読ん
>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

2.5

他人に夢が操られ、夢か現実か分からなくなる...
インセプションのような設定を日本が誇るアニメ技術で表現した映画。

2006年とはとても思えない作画クオリティ。林原めぐみさんのパプリカは恐らく多く
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

圧倒的にわかマーベルファンを誇る自分でも安定して楽しめるアントマンシリーズ。前作以上にはちゃめちゃ。

蟻だけにストーリーの規模自体は小さくて、それでも家族愛が一貫してテーマとなってるところがとても好
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.5

観てる間はひたすら、す、すげ~~ってなって、観終わったらこれ着想したノーラン兄弟、や、やべ~~ってなる。
自分が一生かけてもこの構成を思い付く気がしない。

ボケっとしてると自分が意外と10分足らず前
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.0

全マンマファンに捧げられた映画。

これは欲しい、あれもしたいってやって気づいたら超豪華キャストになってましたとさ。
ミュージカル嫌いをもねじ伏せるかのようなミュージカルである意味安心した。。

若い
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.5

もうこれはいくらなんでも面白い!!
ピクサー作品としてもヒーロー作品としても自分の中では最高級の作品になった。

前作からストーリーはそのままつながってるものの、14年越しであのファミリーがまさにグレ
>>続きを読む

マイケル・ジャクソン THIS IS IT(2009年製作の映画)

3.5

キングオブポップのドキュメンタリー。

リハーサル映像だけでも常に画になっててこれが真のパフォーマーか...と圧倒される。
マイケルが他のミュージシャンとセッションしてるところもしびれた。

そのうち
>>続きを読む

ロッキー(1976年製作の映画)

4.0

カメラを止めるな!を観て何となく思い出して観たくなった。

スポ根映画と思いきや、噛みしめ甲斐のある人間ドラマ。

ロッキーの不器用で愚直なところが何とも。スタローン独特の哀愁が、ボクシングマンとして
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

こんな映画館で声だして笑ったのは初めて。
これが平成最後の大衆娯楽か!!!

検察側の罪人(2018年製作の映画)

3.0

試写会にて。
一見客寄せのようなジャニーズのキャスティングだが、二人ともアイドルの域をしっかり越えていた。
特にニノの取り調べのシーンは邦画好きなら必見レベル。
そして松重豊がよい。
他も実力派揃いで
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.0

こっわ。
最初はヴァイオレンスな描写にびびるけど、段々と人間ってこんな恐ろしいこと考えられるのかって意味で“凶悪”のタイトルがしみてくる。

3人の演技にはそれぞれ見ごたえがあってよかった。

特にピ
>>続きを読む

許されざる者(2013年製作の映画)

2.5

渋いっっ!!と言いたいところなんだけどなー。
ただ渋い材料使っていれたお茶出されて、ね?渋いでしょ?って言われてる気分。良くも悪くも予想通りの渡辺謙。

個々の俳優のビジュアルはよかった。
当然思いっ
>>続きを読む

あの日、兄貴が灯した光(2016年製作の映画)

4.0

最近ちょこっと観るようになった韓国映画。
極端なストーリーにして、実直な兄弟愛。。。結局感動が勝ちますわ。

兄貴役のチョ・ジョンソクの演技は喜怒哀楽どれも好きになれた。

メガネの憎めない親友キャラ
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

5.0

はぁぁぁこれぞ至高のミュージカル作品。
午前10時の映画祭ではじめてスクリーンで観賞。

"Singin' in the Rain"
"Good Morning"
"Make 'Em Laugh"
>>続きを読む

アーロと少年(2015年製作の映画)

3.5

シンプルに友情と成長を描くディズニーの王道!
必見ではないけど、ディズニーという栄養素が欲しいときにオススメ。

弱虫アーロがかわいい。認められたいという思いと、上手くいかない現実に幼いなりに悩む姿が
>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.0

トイ・ストーリーのシリーズの中でも圧倒的に好き。

中学生の頃、断捨離にハマってた母親によってポケモンフィギュアを下に住んでる男の子に全部あげたの思い出した。

ウッディに惚れる。アンディを絶対に信じ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

これは…!!
映像と音楽の融合ここまで徹底した映画は演者が歌うミュージカルでもなかなか観られない。
カーアクションとしても見所あってコメディっぽさもありエンタメとして満足。

BABYの動きの滑らかさ
>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.0

グレイテスト・ショーマンで老けたと言われるザック・エフロンをセブンティーン・アゲインするための映画。

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.5

ディズニーによる美女と野獣の完全実写化。
美女と野獣自体好きだし、実写化クオリティも想像以上で申し分なし。

仕方ないっちゃ仕方ないけど、家具にされた召し使いたちのCGはアニメの暖かみが好み。
特にポ
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.0

キャストの熱演がとにかく印象的。
特に杉咲花はこれからもガンガン邦画に出てほしい。

ただ単純に自分の理想の母親像とは重ならず、深い感動はなかった。
不登校の娘に対する行動や、互いに子供がいる状態での
>>続きを読む

ルパン三世VS名探偵コナン THE MOVIE(2013年製作の映画)

3.0

ルパンとコナンがコラボすること自体が目的だったらこんなもんでしょう!

どちらかというとコナンよりの話って印象。
ルパン好きの人が観ると物足りないかも。
話は結構ごちゃごちゃでキャラぶれ感もある。特に
>>続きを読む

レオン/完全版(1994年製作の映画)

4.5

ホームシアターのスクリーンを新調した記念に、真夜中一人でお酒ちびちび飲みながらレオンを鑑賞!
これぞエモ!エモすぎてもはや逆に恥ずかしい

少女と殺し屋のラブロマンスをなぜこんなに緻密に魅力的に描ける
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.0

試写会で。

昼ドラと言っては芸がないかもしれないけど、まぁあんまり題材としてはそそられない。

ケイト・ウィンスレットのヒステリックな更年期演技はすごい。
軽快な音楽と、色味のあるファンタジックな遊
>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

5.0

♪あっち~も、こっち~も、きょうりゅ~だ~ら~け~

思い出補正こみっこみで満点映画。
誕生日に産まれて初めてDVD買ってもらったのが懐かしい!

テーマ曲を聞いただけでテンションが上がるようになった
>>続きを読む

>|