しずくさんの映画レビュー・感想・評価

しずく

しずく

映画(1002)
ドラマ(37)
アニメ(0)

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

4.0

「戻りたい!」 

人生に絶望し、列車の前に身を投げ出した主人公が、過去20年を振り返り、かけがえのない記憶にたどり着くストーリー。進んでいるのではなく、戻っていく電車。心優しい青年だったヨンホが、彼
>>続きを読む

STOP(2017年製作の映画)

2.0

キーワードは「謎の政府の役人・奇形児・全部電気のせいだ」 

『キム・ギドク監督が、福島原発事故を題材に日本人キャストを起用して全編日本ロケを敢行してできた映画』ということで、興味があり鑑賞したのです
>>続きを読む

THE NET 網に囚われた男(2016年製作の映画)

3.5

なかなか骨太な内容のキム・ギドク作品。

北朝鮮で暮らす漁師の男が、ボートで漁に出た際にモーターが故障し、韓国の領域に入ってしまうストーリー。韓国に身柄を確保されてしまった主人公の運命が壮絶過ぎて、涙
>>続きを読む

鰻の男/メイド・イン・チャイナ(2014年製作の映画)

3.0

中国で養殖していた鰻から水銀が検出され、韓国への輸出が禁止になったことを知った青年が、再検査を求め、韓国に密入国するというストーリー。食品汚染をテーマにした映画で、なかなか考えさせられる内容でした。中>>続きを読む

メビウス(2013年製作の映画)

2.5

全編セリフ無しで饒舌に語られる「性」「家族」「人間」 

不倫している夫の性器を切り取ろうとして失敗した妻が、息子の息子を切り取るというストーリー。ストーリーからして異常。共感できる部分が1ミリもない
>>続きを読む

受取人不明(2001年製作の映画)

3.5

2020年12月。キム・ギドク監督がラトビアで新型コロナウイルスによる合併症により死去という驚きのニュースが。たまたまその時期に、キム・ギドク作品を観ていたもんで、本当にびっくりしました。

1970
>>続きを読む

サイモン&タダタカシ(2017年製作の映画)

3.5

好きな人が絶対に自分を好きになってくれなかったらどうする?

同級生のタダタカシ(男子高校生)に淡い恋心を抱いているサイモン(男子高校生)の高校生活最後の夏休みを描く青春ストーリー…という予告に釣られ
>>続きを読む

獣道(2017年製作の映画)

3.0

そう、これは僕の恋の物語。

愛衣という女の子と、愛衣に恋する男の子の青春ストーリー。居場所を求める愛衣という女の子が痛々しいけど、健気で可愛く見えるのは、演じているのが伊藤沙莉さんだからだと思います
>>続きを読む

ちょっとまて野球部!(2017年製作の映画)

3.0

イケメン揃ってます。

ゆくえ高那さんのコミックを映画化。野球部に所属する3人の高校生の日常を描く青春映画。須賀健太さん、小関裕太さん、山本涼介さんのほのぼのとしてゆるい会話が心地よく、バカだなぁーと
>>続きを読む

ダブルミンツ(2017年製作の映画)

3.5

中村明日美子さん原作のBLコミックを映画化。

高校時代、主従関係だった同姓同名の同級生から「女を殺した」と電話がかかってきたことで、関係性が変わっていく様子を描くストーリー。原作での市川光央の目と同
>>続きを読む

シマウマ(2016年製作の映画)

3.0

エンディング曲「回収屋の姦」がこの映画にピッタリ。

小幡文生さん原作の“絶対に読んではいけない漫画”と言われたコミックを映画化。原作既読で、あの世界をどう表現しているのか興味があり鑑賞。自由を得るた
>>続きを読む

TSUNAMI-ツナミ-(2009年製作の映画)

3.5

高さ100mのメガ津波が、人々を襲う様子を描いたパニック映画。キャラクターそれぞれのドラマが丁寧に描かれていて、コミカルなシーンと、緊迫感あるシーンとの緩急が見どころ。主人公のストーリーより、キム・イ>>続きを読む

ダム・キーパー(2013年製作の映画)

4.0

汚れた大気から街を守るダム・キーパーの仕事をしている主人公のブタの少年と、絵を描くことが好きなキツネとの友情を描いた短編アニメーション。2015年アカデミー賞ノミネート作品。アニメーションも、キャラク>>続きを読む

週末に(2017年製作の映画)

3.5

離婚した両親の間を行ったり来たりする小さな男の子の心情を描く短編アニメーション。身勝手な大人に振り回される子どもの姿が切なかったですが、希望に見えたラストは良かったと思います。重厚な音楽も印象的でした>>続きを読む

Lost & Found(原題)(2018年製作の映画)

5.0

あみぐるみの恐竜が、恋人である同じあみぐるみのキツネを助けるため奮闘する様子を描く7分の短編アニメーション。オーストラリアの作品ですが、日本的な要素も多くあり、とっても馴染みがあるのと、恋人を助けるた>>続きを読む

ネガティブ・スペース(2017年製作の映画)

3.5

スーツケースの詰め方を通して 父と息子の関係を描いた短編アニメーション。コマ撮りと演出がおしゃれで、可愛いのですが、ストーリーは重みがあってそのギャップにやられました。(2020年鑑賞@トンコハウス映>>続きを読む

モリス・レスモアとふしぎな空とぶ本(2011年製作の映画)

3.0

絵本作家として世界的に有名なウィリアム・ジョイスが映画監督としてデビューした短編アニメーション。本が大好きだし、本はいろんなことを与えてくれる。本に対して愛がある作品でした。(2020年鑑賞@トンコハ>>続きを読む

人間の一生(2014年製作の映画)

3.5

曲が進むと同時に時間も進む不思議なレコードを回しながら、音楽とともに女性の一生を描く物語。3分の短さに全てがおさまる見事さ。ラストはあっと驚く展開に。コミカルでシュールで、分かりやすくて好きです。(2>>続きを読む

きつねとクジラ(2016年製作の映画)

3.5

きつねとくじらの物語。ちょっとわかりにくいストーリーですが、映像はとても美しい。説明が必要なんですが、説明するのは邪道な気もする不思議な映像。これは感覚的に感じればいいですかね。(2020年鑑賞@トン>>続きを読む

Adam and Dog(原題)(2011年製作の映画)

3.5

森に住んでいる犬と、人間との出会いを描いた、2013年アカデミー賞ノミネートされた短編アニメーション。アニメーションの美しさがすごい。これはぜひ大きなスクリーンで見たい作品です。あたたかいラストもすご>>続きを読む

The Present(原題)(2014年製作の映画)

4.0

ゲームばかりしている少年に、母親がプレゼントしたのは1匹の子いぬ。温かい気持ちになれるラストで、4分という短さにこんなに感動できるんだと驚きました。素晴らしいの一言。(2020年鑑賞@トンコハウス映画>>続きを読む

マイリトルゴート(2018年製作の映画)

3.5

グリム童話『オオカミと7匹の子ヤギ』を題材に、愛情の善と悪を問う短編パペットアニメーション。可愛いパペットからは予想していなかったダークな展開に驚きました。母親の狂気な愛情と、おおかみより怖い父親。1>>続きを読む

One Small Step(原題)(2018年製作の映画)

3.5

宇宙飛行士を夢見る少女と、支えるお父さんの物語。2019年アカデミー賞短編アニメノミネート作品。幼い少女のケラケラ笑う声に心奪われました。お父さんの優しい愛に守られ、夢を叶えるラストに感動!(2020>>続きを読む

あなたの名前を呼べたなら(2018年製作の映画)

3.5

原題は「SIR」=旦那様。

御曹司の家に住み込みで働く家政婦と、主人との間で芽生える恋心を描くインド映画。今なおある、インドの格差社会を知ることができました。お互いを思いやる優しいやり取りが素敵でし
>>続きを読む

あゝひめゆりの塔(1968年製作の映画)

3.5

「ひめゆりの塔」の物語は何となく知っていましたが、ちゃんと観たことがなかったので、2020年、戦後75年の終戦の日に鑑賞。沖縄の女生徒たちの戦争体験を全編モノクロで描いた吉永小百合さん主演の戦争映画。>>続きを読む

男たちの大和/YAMATO(2005年製作の映画)

3.5

2020年8月10日に肺炎のため逝去された渡哲也さんの追悼として鑑賞。昭和20年4月、米軍の総攻撃に沈んだ戦艦大和の乗組員たちを描いた人間ドラマ。戦争で亡くなった人、生き残った人、残された人のそれぞれ>>続きを読む

サタデーナイト・チャーチ 夢を歌う場所(2017年製作の映画)

3.5

「僕はおかしくなんかない 僕は前に進むよ」

自分の性別に悩む青年と、サタデーナイト・チャーチで出会ったトランスジェンダーの人々との交流を描いたミュージカルドラマ。それぞれの心情を歌うシーンはどれも良
>>続きを読む

カンチョリ オカンがくれた明日(2013年製作の映画)

3.5

あなたがいたから強くなれた――

認知症の母親と、彼女を支える息子の絆を描いた人間ドラマ。母親役のベテラン女優、キム・ヘスクの無邪気な笑顔が素敵でした。息子役のユ・アインもいろいろな表情を見せてくれ
>>続きを読む

男と女(2016年製作の映画)

3.0

「あなたの愛する気持ちを呼び起こす、究極のラブストーリー」 

冬のフィンランドで偶然出会い、一夜を共にした男女が、韓国で再会し再び恋に落ちるラブストーリー。予告に煽られて鑑賞したのですが、私には共感
>>続きを読む

イルマーレ(2001年製作の映画)

4.0

“イルマーレ(海)”と名付けられた海辺の一軒家。

引っ越していく女性が新たな住人に宛てて、郵便ポストに手紙を入れたところ、2年前にそこに住んでいた青年のもとに手紙が届いたというファンタジックなラブス
>>続きを読む

ホーム・アローン2(1992年製作の映画)

3.5

クリスマスシーズンにオススメです。

ホーム・アローンシリーズの第2弾。今年は忘れられず旅行に連れて行ってもらったのに、家族とはぐれニューヨークでひとりになってしまった少年ケビンが、前作と同じ泥棒コン
>>続きを読む

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

3.5

世界中で大ヒットし、マコーレー・カルキンを一躍人気者にした映画。

クリスマスの家族旅行に、ひとりだけ自宅に取り残された8歳の少年ケビンと、泥棒コンビとの戦いを描いたコメディ。昔、よくテレビで放送され
>>続きを読む

皇帝のために(2014年製作の映画)

2.5

野球賭博に関わった主人公の投手が、暴力団組織「皇帝キャピタル」の代表と出会い、闇社会へ落ちていく様子を描く韓国ノワール映画。主人公を演じたイ・ミンギの目力や、闇社会のトップを演じたパク・ソンウンの存在>>続きを読む

ハナ 奇跡の46日間(2012年製作の映画)

3.5

この感動に国境はいらない! !

1991年に千葉県で開催された第41回世界卓球選手権で、韓国と北朝鮮が史上初めての統一チームとして参加し、女子団体戦で優勝した実話を基にしたスポーツ映画。ただの名刺が
>>続きを読む

俺は、君のためにこそ死ににいく(2007年製作の映画)

3.5

戦争で亡くなった人たちの上にこの平和があることを忘れてはいけない。

太平洋戦争末期、鹿児島の食堂を経営している鳥濱トメを主人公に、飛行機に乗る特攻隊員とのやりとりを描く戦争映画。たったひとつの命をか
>>続きを読む

最後の命(2014年製作の映画)

3.5

悪はいったい、どこからくるのか。

幼い頃にある事件を目撃した2人の少年が、7年ぶりに再会したことで、自分の闇と向き合っていく様子を描いた人間ドラマ。子どもの頃のトラウマにより、心に傷を負った2人の男
>>続きを読む

>|