みさんの映画レビュー・感想・評価

み

映画(364)
ドラマ(3)
アニメ(0)

ゴジラ-1.0(2023年製作の映画)

-

自分の技術力は生きる上でなんの役に立つのだろうか・・・・・
VFXスゲー

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

-

2年くらい前に考えていたことややっていたことが映画になっていた
ルーティンなんてあるようでないんだよな、というかルーティンワークなんてできるようでできないんだよな、少なくとも中長期的には
どんなに切り
>>続きを読む

くるりのえいが(2023年製作の映画)

-

余力では動きたくない、けどどうすればいいかってなったときに、森氏招いて学生の頃の感覚を焼き増すっていう、なんかある程度年かさねると自分もそうなるんかな、みたいな
けどそれもそれでとても良いもんだろう、
>>続きを読む

アンダーカレント(2023年製作の映画)

-

結局本質のところはわからんというか捉え方でしかないから帰納的な手段でn増ししてくしかないんかな、というかそういう手段とるかなあともなった、もちろん理屈も追うけれど
囲碁のネクタイよすぎる

ほつれる(2023年製作の映画)

-

内容どうこうというよりは全体的なピリつき感というか気まずさみたいな空気感が、俳優各々の演技が組み合わさることによって絶妙に醸されれて結構よかった
あと夜に映画館でみたのも少なからずそれを助長した気もす
>>続きを読む

バービー(2023年製作の映画)

-

結論への持ってきかたをもう少し丁寧にしてたらよりよかったけど、これまであったこと、今もあること、気づいたり考えたりすると社会がよりよくなるようなこと、極論としてではあるが可能性の1個として今も昔も今後>>続きを読む

サバカン SABAKAN(2022年製作の映画)

-

わかるぞ少年
ってのと村川絵梨の「考えとく」が良すぎる
幼少期に2回引っ越してるからなんかいろいろ思い出した、というかその時期思い出すような作品ってもしかして初めてかも

I AM ZLATAN/ズラタン・イブラヒモビッチ(2021年製作の映画)

-

窃チャしすぎワロタ
「話は聞くべきだが話を聞くな」はよいね
とはいってもバルサ馴染めなかったのはそれはそうだなという

ザ・ロングウォーク -トラウマと贖罪-(2022年製作の映画)

-

新しい切り口のサッカードキュメンタリーでいいね
ティムクルルとアサモアギャンのくだりがリアルすぎる(ギャンに関してはさっき決めとけよと誰もが思ったはず)
どんだけのプレッシャーを受けるんだろうなってか
>>続きを読む

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(2023年製作の映画)

-

・そういう3Dもあるのか
・3D映像とMX4Dの座席揺れで酔いかける
・浮遊シーンで足浮かすと浮遊感増すことを発見
・背中なぐるやつ背骨的中でちょっと、、、

わたしの見ている世界が全て(2022年製作の映画)

-

(エセ)ロジック目覚め人間あるある(偏見)
ラストシーンのそういう人っぽいスタイリング(偏見)と空き家の対比がよかった

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス(2022年製作の映画)

-

対峙→夢vs諦め→夢と諦めの共存→とはいえやっぱ夢だよね
の誘導みたいなところだろうか
「あなたの戦い方を学んでる」は良いセリフだった
にしても情報量おおい(all at once)がゆえの脳占有は久
>>続きを読む

東南角部屋二階の女(2008年製作の映画)

-

こういう気の抜き方が難しくなるのなるかも、みたいな想いがないこともないが、、、

アネルカ: 天才プレーヤーの素顔(2020年製作の映画)

-

チェルシーに移ってからプレーみるようになってその中で少し動き重めな印象を抱いたし、CL決勝のPKのイメージが強すぎた(当時「外すかもな」という漠然とした予想すらしていたのを今でも覚えている)けど、それ>>続きを読む

フィーゴ事件:世界を揺るがせた禁断の移籍(2022年製作の映画)

-

ポジショナルプレーの台頭、充実で当時に比べてタレントって減った気がするよなあ

Winny(2023年製作の映画)

-

エンディングの映像が響いた、もっというと技術者としての純粋な好奇心と意欲(とその背後にあったであろう意図)がすばらしいものだったという事実が明確に示されていたし、あらためて職業プログラマーの自分の肝に>>続きを読む

人と仕事(2021年製作の映画)

-

社会構造とか、その中のベースにあたる層のこととか、構造のバランスが歪むとか、生活のための選択肢の制約とか、もちろん当時はいろいろ考えたりもしたけど、身も蓋もないこというと結局なんだったんだろうなっての>>続きを読む

ちひろさん(2023年製作の映画)

-

最初は有村架純ガチ恋生産映画で途中からそうだよなあってかんじでオカジが泣いたときもグッときたりしてる中でなんだかんだ複雑な心境的な方向に持ってかれてしまった可能性がある

13月の女の子(2020年製作の映画)

-

ふと思ったけど多世界解釈というか並行世界モノって、主人公(たち)が並行世界に移った場合を描くのがほとんどだけど、並行世界における同じ場所や環境の中での違う人(主人公(たち)ではない人たち)の振る舞いを>>続きを読む

>|