siroさんの映画レビュー・感想・評価

siro

siro

マイ・ボディガード(2004年製作の映画)

3.1

前半の和むような雰囲気から一変する後半…

中南米で1時間に1人くらいの確率で誘拐事件が発生していて、7割が戻らないという現実。
誘拐保険もあたりまえに加入している。
誘拐保険をやってるところが誘拐し
>>続きを読む

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-(2023年製作の映画)

3.0

前後編にしてここで終わるのね。
2時間程度におさめるのは無理があるもんね。

BLUE GIANT(2023年製作の映画)

3.3

熱い若者たちの夢の階段をのぼってく感じがまぶしい。
何かにここまで時間をさいて一生懸命になって夢中になれることがこの年であるっていいね。

途中こういう時ってこの後…とあることか頭を過ぎったらまったく
>>続きを読む

ヴェンデッタ(2022年製作の映画)

2.6

復讐が復讐を呼びまた復讐へと繋がるストーリー

search/#サーチ2(2023年製作の映画)

3.4

前作よりは画面を見てる感じをそこまで意識せずに観れた気がする。
とはいえ今回もPC上での追跡が基本。
娘が母を探す。
一転二転と今回も探っていくと新しい事実が出てきたりする展開。

猫はずるいなぁ。
>>続きを読む

フェイブルマンズ(2022年製作の映画)

3.0

スピルバーグ監督の映画への道を幼少期の初めての映画館からスタートして描かれていく。
映像への情熱だけではなく、家族の話や学校生活の色々も描かれており、子供から青年までの青春の一部でもあるような感じ。

わたしの幸せな結婚(2023年製作の映画)

2.9

原作未読。
少し前の時代の日本のファンタジーな世界観という感じ?
こういうファンタジーな世界観は嫌いじゃない。

映画だから展開が早めなのは置いておいて。
ずっと放置してなぜ今になって従兄弟たちが現れ
>>続きを読む

マジック・マイク ラストダンス(2023年製作の映画)

2.8

順番があること知らずにこれを最初に見てしまったという失態。
時間があったら最初からみよう。

テイタム体柔らかいのね。
ムキムキの人って勝手にかたいイメージが。

ワイルド・スピード/ファイヤーブースト(2023年製作の映画)

2.8

これ観たら次作も観ないと完結しないやつね。
完全に「つづく…」って感じで終わっている。

サイド バイ サイド 隣にいる人(2023年製作の映画)

2.9

静かな作品なんだけど、描かれているのは人の強い思いという生霊とかだったり。

誰が生きてて…の部分は個人的にはあまり迷うことがなかったかな。
合っているかは別として。

劇場版 SPY×FAMILY CODE: White(2023年製作の映画)

3.3

安定の面白さ。
毎回オチみたいな役割をアーニャがやってくれるので笑えるし、実際に映画館でも笑い声があがってた。

家族で遠出した先で巻き起こる?巻き込まれる?ストーリー

マディのおしごと 恋の手ほどき始めます(2023年製作の映画)

3.0

家に囚われている32歳女性と、大学進学直前の青年が、あるきっかけで意図的に出会い一緒に過ごしていく過程と結果が描かれている感じ。

お互い成長し解放されていく感じかな。
上品とはいかないのもも、なかな
>>続きを読む

金の国 水の国(2023年製作の映画)

3.0

心が洗われるような作品。

自国にない資源を求めて他国に戦争をふっかけるより、互いの持っているものをわけあたえて手を組む。
温かい理想が描かれている。

世界も少しでもこうなってほしいと思う。
他国に
>>続きを読む

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(2023年製作の映画)

3.0

マリオ関連のゲームの要素満載。
マリオのゲームをやったことがある人や、好きな人は楽しめると思う。

忘れられし愛(2023年製作の映画)

3.2

脳外科医の男性が辿る運命が描かれている。
結末は予想できてしまうものの、悪くなかった。

医者して優秀でその腕をお金儲けのためではなくつかえるような男性のもとから妻が娘を連れて出ていってしまう。
妻を
>>続きを読む

生きる LIVING(2022年製作の映画)

3.3

仕事仕事の日々を過ごし、息子も立派に育った後。
仕事の日々は新鮮さもなくなり、感情も起伏させることなく、ただ黙々と淡々とタスクをこなしていく日々。
ある時死がすぐ横にあることを宣告される。
その時どう
>>続きを読む

オペレーション・フォーチュン(2023年製作の映画)

3.1

世界の脅威となりうるモノが盗まれてそれを取り返すというわりとよくあるパターンなストーリーかな。
ド派手な感じもそこまでなく、バトルシーンもそう多くない印象。
ただ退屈はしないで観てられる。
一般人を巻
>>続きを読む

TAR/ター(2022年製作の映画)

3.1

ケイト・ブランシェットはさすがという感じ。

はっきりと描かれていなかったけど、あのメールからして問題はあったからなんだろうけど。
転がるようにだったな。
それでも最後少し救いが見える感じで、人生っぽ
>>続きを読む

終わらない週末(2023年製作の映画)

3.0

高速道路?の車のシーンくらいから楽しくなってきたと思ったけど、最終的にはちょっとモヤッとだった。

衛星って当たり前にあるけど、あっさりとこうなっちゃうもんなんだろうか。
未来に起きうる可能性があった
>>続きを読む

キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱(2019年製作の映画)

3.3

キュリー夫人の半生が描かれている。
ノーベル賞2回受賞。
そして夫との死別からの行動によるバッシングや差別。
娘の成長。

病院嫌いで子供2人いて研究を続ける生活は情熱がないと難しいよね。

いつかの君にもわかること(2020年製作の映画)

3.5

たぶん2度目の視聴だと思う。
前回レビューを忘れていたようで。

実話から着想を得た余命のある父親が一人息子の里親をさがすというストーリー。
母親は子供を置いて出ていってしまったし、父親も里親に預けら
>>続きを読む

スカイブルーな恋の予感(2023年製作の映画)

2.5

自然豊かな景色は綺麗だった。

ただ王道と言えどもここまでだとちょっと退屈かもしれない。
笑えるところも少ないし残念。

リミット(2022年製作の映画)

2.6

設定は無理があるのかもしれないけど、韓国で行方不明になったまま、発見されていない子供が一定数いる現実からのストーリーかな?

あまりに無理やりすぎて現実的ではなかったけど、国外に連れ出されてしまった子
>>続きを読む

シャイロックの子供たち(2023年製作の映画)

3.0

お金は返せばいいってものではない。
動機があって機会があって正当化する理由付けが出来たら不正のトライアングルが成立。
ちゃんと返すからというのが正当化に当たったのかな。

銀行職員が不正に手を染めてし
>>続きを読む

映画 ネメシス 黄金螺旋の謎(2023年製作の映画)

2.7

ドラマも視聴していたので視聴。
ゲノムベイビーを扱っているとあって、ドラマよりイマドキなワードがより一層並んでいる感じがあったかな。
内容としては意外とあっさりな感じだった。

仮想通貨に用いられてい
>>続きを読む

イチケイのカラス(2023年製作の映画)

2.9

ドラマ未視聴だけどWOWOW録画で観てみた。

地方の昔からもしくは大企業での雇用問題から生み出されうる問題。
その地域ならではの習慣的な、暗黙のルールという感じかな。

当事者たちは今生きている人達
>>続きを読む

ドッグヴィル(2003年製作の映画)

3.6

色んな意味ですごい。
映画なんだけど、セットは広めの舞台と変わらない。
その舞台を小さな町として、田舎の同調性やよそ者への対応と変化。
人間の裏の部分が描かれている。

途中観てるのが辛くなったけど、
>>続きを読む

ネイビーシールズ ローグ・ネイション(2021年製作の映画)

2.9

ワシントンD.Cに連れていかなければならない男を輸送するために収容所にやってきたら、傭兵部隊がやってきてその収容所だけで銃撃戦、接近戦の大惨事になるというストーリー。

場所が変わるわけでもないのと、
>>続きを読む

オペレーション・ミンスミート ーナチを欺いた死体-(2021年製作の映画)

3.1

第二次世界大戦中の1943年イギリスがドイツを欺くためにとった作戦。
長らく秘密裏にされていたその内容を描いた作品。
エニグマ解読も確か50年くらい公開されてなかったよね。

情報合戦というかスパイ合
>>続きを読む

フォーエバー(2023年製作の映画)

3.0

青春だね。
友情、夢を掴み取りたい、思春期の不安定さ、異性との付き合い方の変化。
年収、スポーツ、優先度など男の世界のレベルに至っていない女の世界。
そんなことろが描かれている感じ。

コーチ・カーター(2005年製作の映画)

3.3

生まれた場所の治安とか、環境とかが良くないし、親も含め周りの人もそうお手本とはいかない生活を送っていると、なんとなく自分もそういう感じだろうとどこか諦めのような、それが現実と受け入れてしまう。

大学
>>続きを読む

ナイアド ~その決意は海を越える~(2023年製作の映画)

3.3

マラソンスイマーのダイアナ・ナイアドの半生を描いたストーリー。

60歳で再び覚醒し、強い意志を持って誰も成し遂げられていないことに挑戦するってだけでも凄いのに、その内容が壮絶過ぎて。
どこからそのエ
>>続きを読む

ザ・キラー(2023年製作の映画)

2.8

この世界観好きな人は好きなんだろうな
自分にはそこまではまらなかったけど
静かに、淡々に、殺るべき事をやるって感じでしょうか

Dr.コトー診療所(2022年製作の映画)

3.0

ドラマ観ていただけに、懐かし~、そうこの感じ~となった。
良心の詰まった作品。

こうしてみると神木くんたちもすっかり大人に。
あんなにちっちゃかったのに。

ただ今回は島医療の世代交代問題という課題
>>続きを読む

ペイン・ハスラーズ(2023年製作の映画)

3.0

実話に着想をえたストーリーとのこと。
海外の製薬会社の営業事情はこんな感じだったのかと。
海外の方が新薬の承認も日本に比べたら早いみたいだし副反応や副作用も強そうなイメージあるし、他の映画でも依存性の
>>続きを読む

七人の秘書 THE MOVIE(2022年製作の映画)

2.6

構えずに観れる感じはドラマのままだったけど、それぞれの役割はそんなに出てなかったかなー
映画ならでは感もそんなになかったような
あと最後って結局自分で維持していかないからガッカリってことだよね?それっ
>>続きを読む

>|