minnaniakkanbeさんの映画レビュー・感想・評価

minnaniakkanbe

minnaniakkanbe

ゾディアック(2006年製作の映画)

-

実話ベースなだけに釈然としきらない面はあるけど、たしかに作品になっちゃう感じの事件だ。

2023#026

ベルファスト(2021年製作の映画)

-

大人と子どもの世界の交わり方がいいなと思った。

2023#025

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>(1987年製作の映画)

-

怒ってるより笑ってた方がいいし
偶々のきっかけから幸せになったっていい

***
誕生日の夜、家族が仕事から帰って来れなくなり、予約していた焼肉に一人で行った。むくれてキャンセルすることも出来たけど、
>>続きを読む

パリ、テキサス(1984年製作の映画)

-

人と人の心が繋がっていることって簡単なことではないよな。

2023#023

カサブランカ(1942年製作の映画)

-

君の瞳に乾杯目当てで鑑賞。
個人的にはそれ以上でも以下でもなかったけど、名台詞に恥じないヒロインの美貌に脱帽。

2023#022

お早よう(1959年製作の映画)

-

すごいベタでなんて事のない話なんだけど、なぜか退屈はしない。平和だ〜

2023#021

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

-

ストーリーの筋はバクマンの映画制作版という感じ。
登場人物の感情がよく乗っていて、ライトに楽しめた。銀行マンを描いていたのも良かった。
ただ、ここまでの高評価はクリエイターサイドの鑑賞者が多いからなの
>>続きを読む

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

-

腕白★シューティングストーリー!!
ストーリー比重の高い1と比べて飛行シーンがたっぷり。大迫力のフライトを擬似体験させてくれる、最新のエンターテイメントに昇華されていた。ストーリーのセンスもグー。
>>続きを読む

勝手にしやがれ(1960年製作の映画)

-

音楽とパリの街並み!
そして、パトリシアが超魅力的だ〜。
なんとも不思議な終わり方。

2023#017

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

-

スペース版リトルダンサー。
子どもが成長して自分を超えてくのって嬉しいんだろうなぁ。子どもにでっかい夢をみせてあげられるような親になりたいな。

2023#015

天使の涙(1995年製作の映画)

-

金城武のキャラクターが一番魅力的だった。そして男前。

2023#014

ターミナル(2004年製作の映画)

-

ずーっと観たくて観逃していた映画。
トム・ハンクスに外れなし。
空港ヒューマンという題材のユニークさと脚色のセンスで唯一無二の味わいだった。
ビクターのクリエイティビティと信念に乾杯!

2023#0
>>続きを読む

花様年華 4Kレストア版(2000年製作の映画)

-

内容という内容はないけど、香港っぽい色彩とおしゃれっぽい雰囲気を楽しむには良い。

2023#011

プリズナーズ(2013年製作の映画)

-

期待値より下。
自分がアメリカに住んでる親だったら、これ観たら相当怖い。

2023#010

女と男のいる舗道(1962年製作の映画)

-

「誤りの中にも真実はある」

ゴダール。〈女は女である〉が新鮮でおもしろかったけど、これはピンと来なかった。
アンナの美しさ、ダンスシーンの刹那、印象的な台詞など、刺さる人には刺さるのだろうな。

2
>>続きを読む

肉弾(1968年製作の映画)

4.5

岡本喜八だから作れた斜め上をいく戦争映画。すごい。
鑑賞直後はハテナが残ったけど、全てを通じて「納得できなさ」で貫かれていたことに気づき、納得。
鑑賞者に投げかけられた無言の問いかけに、あっぱれ、岡本
>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

-

Sorry We Missed You.
映画になっちゃうことなんだよな、この現代社会の状態は、、、。
(時間指定なし、もっと積極的に使おう)

2023#006

ドロステのはてで僕ら(2019年製作の映画)

-

正直、繰り返しシーンがやや怠いと思ったけど、エンドロール込みでの高評価かも。
70分の短尺でも、人を面白がらせるって大変だ!

2023#005

カイロの紫のバラ(1985年製作の映画)

-

程よく楽しめるラブコメディ。
オープニン、エンディングにトップハットが。ウディ・アレンも敬愛してたんだなあ。

2023#004

ホモ・サピエンスの涙(2019年製作の映画)

-

兎に角とりとめがないので、シュール耐性強者のみにおすすめ。

2023#003

THE FIRST SLAM DUNK(2022年製作の映画)

-

2023年映画はじめ!
かーっこいい…!!!漫画原作のかっこよさが完璧に再現されてて、漫画がいかにかっこよかったかを改めて実感した、鶏卵現象。

2023#001

ALWAYS 三丁目の夕日(2005年製作の映画)

-

記念すべき200本目は再鑑賞・ALWAYS三丁目の夕日。邦画の良さが詰まってる。
あたたかくて、何回観ても泣いてしまう。
良いお年をー!!

2022#200

ワールド・オブ・グローリー(1991年製作の映画)

-

https://youtu.be/_k_8e6QIS3o

なんだなんだ
平凡な男、退屈な世界、でも何かがちょっとずつ、とてつもなく変だ…

2022#199

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

-

戦争やっぱりやだな…
でも一所懸命生きていれば良いことがある、という良い話でした。

2022#198

ブロードウェイのバークレー夫妻(1949年製作の映画)

-

当時実在のスター夫婦の話だから、「こうじゃない」「ああじゃない」と撮影が大変だったとのこと。ストーリー重視ながらダンスシーンも多くバランスよく仕上がっていたかなと。もうちょっと短めでも良かったかな。>>続きを読む

踊る結婚式(1941年製作の映画)

-

Born to dance.
オープニングから洒落っ気が効いてる。

2022#195

コンチネンタル(1934年製作の映画)

-

ウェイターも踊っちゃう、陽気で華やかなコンチネンタルの世界に入り込んでみたい!

ヒール履いてアステアと互角に踊りまくるロジャース、本当にお見それしますだ

2022#193

愛は盲目(2015年製作の映画)

-

https://youtu.be/CLOVom-RfCI

悪いことはできないなあ

2022#191

>|