モーゾフさんの映画レビュー・感想・評価

モーゾフ

モーゾフ

カット/オフ(2018年製作の映画)

4.2

娘との関係が上手くいっていない検死官ポール、猟奇的な殺され方の死体を検死中、その死体から娘の誘拐を思わせるメッセージが出てきて…
ーーーーーーーーーーーーーーーー


というサイコパス全開で仕掛けてく
>>続きを読む

エクスペリメント(2010年製作の映画)

3.5

リメイクをすることの意味

リメイク作品でつまらなく感じると↑この疑問で頭一杯になってしまうけど、今作は役者が良いからなのか設定そのものが興味深い話だからなのか普通にいけました。

esのリメイク
>>続きを読む

ヴァスト・オブ・ナイト(2019年製作の映画)

2.5

わぁー
合わなかった

メインの2人、非常事態に右往左往する自分酔ってる風に見えて、独特演出も演出側がそれに酔ってる風に見えてなんか入り込めなかった🥲

2021 5 アマプラ

チャイルド・プレイ2(1990年製作の映画)

3.5

人形が犯人だというアンディの訴えが真実だったと思い知る時=それは自分が殺される時なのでアンディが疑われたまんま展開するモヤモヤが面白い。
クライマックスの工場でのバトルも楽しませようという意気込みが感
>>続きを読む

告発(1995年製作の映画)

4.5

アルカトラズ連邦刑務所で行われていた過剰な虐待を告発し、同刑務所を閉鎖に追い込んだ実話を基にー


両親の居ない17歳のヘンリー・ヤング(ケヴィン・ベーコン)は妹との生活苦により小さな店から5ドル窃盗
>>続きを読む

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

3.5

これの何作目かが無料配信終わってしまうから急いで観なければ!という事で年数見てこちらから鑑賞

疲れた感じの…でも熱い刑事をニコライリーコスが熱演

今更だけどこれ最初に観て正解だったんかな、他にもま
>>続きを読む

ザ・スイッチ(2020年製作の映画)

3.8

殺人鬼とJKが入れ替わるという青春コメディホラー
ーーーーーーーーーーーーーーーーー



コメディ強めかと思ったらちゃんとホラーしていたし、主人公の成長物語でもあって、でも無理な詰め込み感はなくて色
>>続きを読む

フューリーズ 復讐の女神(2019年製作の映画)

3.6

突然拉致され殺戮ゲームに送り込まれた美女?達

主人公は意識障害の持病があり、意識を失うと幻覚を見たりする症状が起こる。この設定は卑怯だなぁと思いながら観ていたがその設定に逃げずにバイオレンスしていた
>>続きを読む

パペット・マスター(2018年製作の映画)

3.4

不気味なパペット達は殺人マシーンだった!

このパペットにそんな殺傷力あるの?と思うがそれぞれの能力で殺しまくっていきますー
程よいグロさが良い

一作目を観てみたいなぁ

2021 4 アマプラ

フローズン・ブレイク(2019年製作の映画)

3.2

リフトに取り残される「フローズン」が意外に良かったからゴンドラ🚠に残されるというこっちもどうかなと鑑賞

ワンシチュエーションでもてんこ盛り、ではあるけどそんなまさかwの連続だった。
そこまで寒そうに
>>続きを読む

真実(2019年製作の映画)

3.6

ファミリーのわだかまりが見え隠れ

雨降って地固ま…りそうで固まらないような…
でもほんの少し見えた真実で救われるものがあっただけでも良し。
色々呑み込みつつ前へ進める感じで良かった

演じる役者が魅
>>続きを読む

The Strange Thing About the Johnsons(原題)(2011年製作の映画)

3.8

ある家族を描く。

子孫を残すという本能に反した思考?嗜好?の人に対して否定していいんかな。有り得ない性の対象って引くけど、先天的なものなんだとしたらどうしようもない。
でもまぁ同情するような息子でも
>>続きを読む

アリス・スウィート・アリス(1977年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

10代前半くらいの姉妹の格差&不穏な空気、序盤から危険な匂いが!そして予想通り次々と恐ろしい事件が起こる。
姉の不気味な振る舞いは止まらず…

ーーーーーーーーーーーーー

「人は見たいものを見る👁」
>>続きを読む

影裏(2020年製作の映画)

3.3

松田龍平、綾野剛、國村隼、筒井真理子、安田顕、
を楽しむ為に観ました。

地味だけど、人間観察を楽しむにはいいのでは。


2021 3 Netflix

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

エヴァもシンジくんファミリーも落とし前をつけたって事で。


テレビ版と劇場版を観ていただけで熱狂的なファンでは無いけど、ちゃっかり公開日の一番上映で楽しんで来た。
この雰囲気だけでワクワク♪

一番
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.4

ジョーカーを思い出す序盤…
ジョーカー観よっと

2021 3 ムービープラス

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

3.7

このシリーズ初めて観ましたw
初っ端の会話から00とか昇格とか意味もわからないし、こんな無知で観ていいのかと思いつつ💦

が、思いのほかわかりやすいし見応えもあって楽しめた。

マッツさんのお仕置きは
>>続きを読む

カポネ(2020年製作の映画)

3.5

暗黒街の帝王アルカポネ。梅毒に蝕まれ痴呆の症状も悪化していく晩年の姿を描く(と言っても48歳⁉︎)

ーーーーーーーーーーーー
崩壊を見せつつ、何かしら胸打つドラマがあるのかなと思ったら無かった😅
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.0

殺人罪の刑期を終え出所するも社会での生きづらさに苦悩する男を描いた小説、佐々木隆三「身分帳」が原案(モデルとなった実在の男あり。自分の事を小説にして欲しいと身分帳を作者に送付してきた事から執筆)

>>続きを読む

バッド・ディシジョン 終わりなき悪夢のはじまり/悪夢の逃避行(2018年製作の映画)

3.4

コソ泥に入ったら家の主がサイコパスだった系。

侵入した部屋に監禁された女性を見つけた主人公は助けようとするが、素行の悪さが仇になり警察への訴えは退けられる。その隙にヤツがハイテク駆使して仕返しし始め
>>続きを読む

THAT/ザット ジ・エンド(2019年製作の映画)

2.9

ある町の者達に殺されたサーカス団、唯一生き残っていた子どもが殺人鬼ピエロとなり恨みを晴らす

何が起きてるのかいまいちわかりにくかった。
まぁアサイラムなので✋

2021 2 ムービープラス
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.8

桃李くんファンの美容師さんのオススメで鑑賞。

内閣情報調査室の官僚と新聞記者が真実と正義を貫くストーリー。実際に起きた事を題材に

正義とは、情報とは、と考えるきっかけになると思う。
自分の経験によ
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

3.8

落ち目の作家幸男はある日突然妻を交通事故で失う。その時妻と同行していて同じく事故死した親友にも家族があり、彼らとの関わりによって幸生に少しずつ変化が見え始める
ーーーーーーーーーーーーーー

「ゆれる
>>続きを読む

新感染半島 ファイナル・ステージ(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

前作から4年後の設定。
パンデミックにより韓国から香港に避難した軍人のジョンソクは身内を救えなかった事に苦しみ、異国で受ける差別に辟易する日々。
ある日香港マフィアからの指示でゾンビ蔓延る退廃した祖国
>>続きを読む

キラーソファ(2019年製作の映画)

3.3

どーもくん

結構混沌としていた、ながら見してたら誰が誰の化身なんだか…

女刑事さんがリース・ウェザースプーンに似ていた

2021 1 ムービープラス

デッドリー・スポーン(1983年製作の映画)

3.4

歯がたくさんある凶暴な地球外生物が増殖する

無駄なセリフ説明はないので生命体の特性は観て察するしかないが、とりあえずエイリアンのビジュアルを楽しめばいいのかな。
私は集合体が苦手だけど観たい人なので
>>続きを読む

エスケーピング・マッドハウス(2019年製作の映画)

3.5

1887年ニューヨーク市街の対岸にあるブラックウェル島の精神病院。ここに連れてこられたネリーという女は自分の名前以外、記憶をなくしていた。
ここでの患者は非道な扱いを受けており、ネリーもまた苦しめられ
>>続きを読む

ザ・ボーイ 絶望少年(2013年製作の映画)

2.7

交通事故により突然両親を亡くした少年…引き取られた施設にはある恐ろしい秘密が隠されていた
ーーーーーーーーーーーーーー
思てたんと違う内容にこっちが絶望



流れからして必要なカットが撮れてないんじ
>>続きを読む

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

4.2

強迫性障害と極度の潔癖症を併せ持つジャックは殺人を繰り返すようになってから次第に解放されていく。そしてもともと憧れていた建築にも没頭し始めるが…
ーーーーーーーーーーーーーー

観賞後にフィルマのあら
>>続きを読む

タグ(2018年製作の映画)

3.5

幼なじみの野郎どもで毎年5月の1ヶ月間に壮大な鬼ごっこを繰り広げるという実話から着想をえたコメディ

予定調和ではあるけど気楽に観たい時だったので良い。
やはりラストじゃないすか✨✨✨


しかしそろ
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.5

白人至上主義団体に潜入捜査する事になった黒人とユダヤ人の刑事を描く

捜査チームは気持ちいいくらい冷静、且つ強い信念と正義感もある。
なので人種問題をガッツリだけど悲壮感たっぷりでもなく観ていられる。
>>続きを読む

フレッシュ・デリ(2003年製作の映画)

4.2

訳ありクセ強めの2人(マッツ・ミケルセン、ニコライ・リー・コス)が加工肉のお店を開店するが客は来ない。
ある日うっかり電気業者を冷凍庫に閉じ込めてしまい何を血迷ったかその人肉を調理してみたら世間では大
>>続きを読む

アダムズ・アップル(2005年製作の映画)

4.2

仮釈となったギラギラのネオナチ、アダムはとある教会に送られる。彼を迎えた神父イヴァン(マッツ・ミケルセン)はここでの生活に目標を持つ事を提案する。アダムはアップルパイを作る事を目標とするもあらゆる災難>>続きを読む

ペット・セメタリー(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

オリジナルより怖いものを作り出すのは難しい、それはわかってる。私自身当時より耐性ついてしまってるし、ストーリー知ってるし…。
で皆さんの評価もあって期待せず鑑賞。


今の技術を持ってしてこの墓場⁉︎
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

-

車を上から撮るアングルでタイトル👍ここはカッコいいものが始まりそうな雰囲気で良かったんだけどなぁ

たけしさん、あまり怒鳴らないで銃ブッ放す方がいいんじゃないかなーと思った(滑舌もちょっと気になったし
>>続きを読む

>|