をざさんの映画レビュー・感想・評価

をざ

をざ

映画(255)
ドラマ(0)

劇場(2020年製作の映画)

3.8

わかりたくないけどわかる。どっちの気持ちも。

窮鼠はチーズの夢を見る(2020年製作の映画)

3.8

よかった。
成田凌の目がすごくいいかわいい勉強になる
大倉くんみたいなあーゆーモテるやついるよなあ好きになっちゃうよなあわかるわあ

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

3.5

主人公の気持ちに全然感情移入できなかった、、、、一夜のはっちゃけっぷりは自分が置いてきた青春感あってよかった。あの頃は最強だよな〜〜。

インセプション(2010年製作の映画)

3.9

めっちゃめちゃおもしろかった
難しいのとすごい頭使うから、展開にたまに置いてかれた、、、
ヒントが散りばめられてて観た後に色々考察できるのがたのしい!
というのとトムハーディがしぬほどかっこよくてだな
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

3.3

よくわかんなかったけど価値観の違いってそーゆーことなんだなとおもった

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.8

ティモシーシャラメがでてるのでこれは観ねばと鑑賞したんですけど、思わぬとこでルイガレルでてきてうわーーー!ってなった彼はすごくいい

GO(2001年製作の映画)

4.3

なんすかこれえ、、、めちゃめちゃいいじゃないすかあ、、、

シザーハンズ(1990年製作の映画)

4.2

やばい…好きすぎる作品に出会ってしまった……
ほんでウィノナライダーがかわいすぎる…

ただ胸糞彼氏と近すぎるご近所のうっとうしさだけな〜〜

セブン(1995年製作の映画)

4.0

あーーーーーってずっと頭抱える
臨場感がたまらんし、力強いブラピもたまらん。感情的と冷静さの使い分けが大事。

パルプ・フィクション(1994年製作の映画)

3.7

全員ぶっ飛んでたな〜〜
物事は何でも解釈の仕方や。
人によって、そのときの気分とか気持ちによって変わることってあるよなと。
わけわかんないとこも、観終わった後にほうほうと考えてじわじわ良さがわかるとこ
>>続きを読む

いまを生きる(1989年製作の映画)

3.9

誰よりも真っ直ぐな彼ら。いいか悪いかは置いておいて、真っ直ぐに生きるっていいなとおもった。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

悩みは人それぞれだし、必ずしも解決法が欲しいわけではなくて、自分で見つけることが大事だったりするし、自分で経験しなければわからないこともある。
思春期ってむずかしいな〜〜
母親の愛を大人になって気づけ
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.1

アクション×音楽が最高なんだな〜〜
さすがのアンセルエルゴート

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

4.3

すごくよかった。切ない。
2人が喧嘩してるシーンが印象的。
ひとへの思いやり と 自分への思いやり どっちも同じくらい大切にできたらいいのにな。

マイ・プライベート・アイダホ(1991年製作の映画)

3.7

キアヌリーヴスとリヴァーフェニックスの組み合わせがとてもいい。
求めた自由と考える将来。

>|