noyoonaさんの映画レビュー・感想・評価

noyoona

noyoona

映画(701)
ドラマ(0)

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.3

ラストの水中で、
主人公の赤い靴が脱げて
ぷかぷかしてるのがよかった。
ふたりが揃って、
離れるわけにはいかないと
思ったんだよ。たまご。

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.3

コメディアンになる夢は?
アーサー、どこに置いてきたの?

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.8

ふたりの世界だけで活きて死んだ
ふたりが。
明日終わるかもしれない、
人ごとだった世界に溶けてく。
フリでない人生へ。
ふたりのか弱さがぶつかりあうsex、
だから他とはちがうのだ。

モダン・ラブ(2017年製作の映画)

3.3

わりと面白くて、わりとそこらへんに
起きてることだとも思った。
映画の中の私も、
いったいどこの私?の1人かも。

夜明け前 呉秀三と無名の精神障害者の100年(2017年製作の映画)

3.5

ひとの命そのものの尊厳。
それに向きあうのは、装置でも薬でも
なく、ひと。

ポゼッション(1981年製作の映画)

4.5

がっつり、「ポゼッション」のアジャーニを映画館で受けとめることが
できたことが、なにより嬉しい!
狂えば狂うほど美しさと品、熱情が
善悪からはみでてしまう悪夢のようだ。

遮那王 お江戸のキャンディー3(2019年製作の映画)

3.3

おとぎばなしとの間には、
いつもとても綺麗だけど、
つめたい川が流れてる気がする。

COLD WAR あの歌、2つの心(2018年製作の映画)

3.5

ふたりきりになれるところ。
あのベンチ、
と、おんなじ歌。

夜明け(2019年製作の映画)

3.8

引受ける、与えられる、選ぶ。
手放す。
夜明けを掴んだなら、始められる。
ひとりとは、そういうことなんだろ。
柳楽くん、ほんとに、白い息が似合う。

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.8

ウォシュレット。怖いさ。
想像力ない、あたりまえのことの方が
怖いことだったりするわけで。
ちゃんと疲れる。生きてると。
屋上は、いいなぁ。

赤線地帯(1956年製作の映画)

3.8

そばの匂いが香ってきそうな
モノクロの街並みが、なぜか愛しい。

西北西(2015年製作の映画)

4.0

壁を壊す。壁を遠ざける。
壁の前でただ歌う。
いろんな愛はあるらしいけど、
運命のせいにしないひとだけが
壁をこえられるのかも。

風たちの午後(1980年製作の映画)

4.8

よくある、感情を揺さぶる感覚ではなくて、この映画の中の空気感に、ずっと彷徨っていたいと思った。
割れてる音楽と、小声の言葉。
最後のシーンの美しさったら他にない、映画。

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.8

眼をあけても、見えない訓練をする
そこにある存在を有無にしないように。
なんだか知ってる話しのようで
証と記しが散らばっている。

心と体と(2017年製作の映画)

3.5

主人公の女性の不器用さが、なんとも愛おしい。
深く知るってことは、夢では叶えられない心と体。

岬の兄妹(2018年製作の映画)

4.5

今年最初に映画館へ出向いた作品がこの映画なんて、最高でした。
真理子〜生きろ‼︎
お兄ちゃん、生きて‼︎
いろんな想いが湧き上がるくせに、結局それしか言えないし、言いたくない。

薬指の標本(2004年製作の映画)

3.5

すれ違う時の中より、とどまる永遠を選んだような。

息を殺して(2014年製作の映画)

3.0

ひんやり。
感触が冷たすぎて、落ち着くのに嫌悪。
ここから出たい。出たくない。

空(カラ)の味(2016年製作の映画)

3.8

どうか、彼女の言葉がマキさんに。
諦めに似た優しさを振り絞るマキさんに、
届いて欲しいと想う。
なんにもならんくても。

オー・ルーシー!(2017年製作の映画)

4.0

LUCY最高でした。
寺島さんだから、安心して歪んでいられる。
ハグしたい!

>|