みおさんの映画レビュー・感想・評価

みお

みお

ゾディアック(2006年製作の映画)

3.3

ジェイク・ギレンホールが無言で立ち去るシーンで終わってくれたら最高だった、

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

3.7

有名すぎて見るの気後れしていた映画を見ると、毎回もっと早く見ておけばよかったと後悔するので、もう気後れした瞬間に見ることにする。安定に(映画として)面白かった

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.2

『神のゆらぎ』だ。信仰を裏切られた者として、もっと絶望してもいい。子どもには酷か。やっぱりこういうフィルターかかったような画が苦手かも、

メランコリック(2018年製作の映画)

3.7

会話が面白い、ゆったりゆったり進む、ように見える

ふるさと(1983年製作の映画)

3.8

五千円あれば何でもできる時代に生まれ育って、森や川を愛したまま死にたかった

偽りなき者(2012年製作の映画)

4.3

最後、本当に良い終わり方で感動した。ずっと苦しい。

イロイロ ぬくもりの記憶(2013年製作の映画)

3.9

好きだった。テリーが運転する車が動き出した時の母親のやるせない表情がつらい。

僕の好きな女の子(2019年製作の映画)

3.7

気付いてないわけない、でも気付いてもどうしようもない。あの感じで話をしたあと「面白そうじゃん」と返ってきた瞬間もう諦めた方がいい、そんな簡単な話でもないか、、

ギター弾きの恋(1999年製作の映画)

3.7

最後のギター弾くとこが良いですね、惨めで。私も気をつけたい。久しぶりにゆっくり家で映画が見れて嬉しい。映画は安らぎ、

パラノーマル・アクティビティ(2007年製作の映画)

2.8

最初から本気出して欲しい、
1番怖いとこ、見なかったけど、、

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

3.5

たばこをくわえてすぐ水に飛び込むところが良い。キャッチコピー、私も同感です。

完璧な他人(2018年製作の映画)

3.4

やっぱり殺人鬼のいない韓国映画はヌルいな...。あと最近の悩みがこれ。矛盾してるんだよね、知りたくないこともあるけど、全部知っておきたい、みたいな、

同級生マイナス(2020年製作の映画)

3.3

この人絶対死ぬだろうなって人が死んだ。まぁ問題はそこではない。エモいはずなのに全くエモくないのは、何故。あとこの前相席食堂見て初めて存在を知った加藤鷹が出てきて良かった、全く良くないけど、、

事件(1978年製作の映画)

3.0

無理だなこんなシチュエーション耐えられない。みんな若いですね、あと北林谷栄がトトロのおばあちゃんすぎて良い。裁判所が暗い。

クルーレス(1995年製作の映画)

3.3

恋ってステキね....
ポール・ラッド、歳取ってからの方がかっこいい、

誰がハマーショルドを殺したか(2019年製作の映画)

3.6

CIAめっちゃこわい、、ドキュメンタリーって知らずに見ました、面白かった

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ(2019年製作の映画)

3.5

好きなタイプの映画ではなかった、なんか不自然なとこありません?そこが良いのかしら

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.7

『ドラゴン・タトゥーの女』見た時と同じで、やっぱり最後が好き。良い、

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.0


常に情緒不安定な三上を完璧に演じ切る役所広司にも、『永い言い訳』灯役の白鳥玉季ちゃんが美少女に成長して出演しているのにも感動した。わ〜い

ストーリーについては、ご都合主義感は否めない。みんな言わな
>>続きを読む

夢追いウサギ(2020年製作の映画)

4.5

可愛い!少し道徳臭くなってしまったピクサーのショートフィルムだけど、これはとっても好き!

彼女の権利、彼らの決断(2018年製作の映画)

4.0

(ドキュメンタリーとして)ちゃんと面白かったしちゃんとイライラした。全然個人の自由だろ。不便だなアメリカ

>|