しろいうんちさんの映画レビュー・感想・評価

しろいうんち

しろいうんち

映画(357)
ドラマ(0)

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

3.5

 個人的にはナンバリングが進む毎に面白さが増している。自然と完結編への期待が高まってしまいます。すぐにでも完結編を観たいのですが当地域は8月下旬から公開だそうで…

 いかにもなワイヤーアクションがな
>>続きを読む

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

3.5

 前作と比べて退屈な所がなかったので良かったです。中国武術は実戦で通用するのか謎ですが、パフォーマンスエンターテイメントとしてはかなり強いですね。木人樁が欲しくなりました。でも高いのでやめます。

 
>>続きを読む

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

3.0

 初イップ初ドニー。ボトルキャップチャレンジで話題になった時から観よう観ようと思ってて今になった。

 アクションの面では観てて面白い。いかにもなワイヤーアクションも乙なもの。パタパタ言う百烈拳のよう
>>続きを読む

父親たちの星条旗(2006年製作の映画)

2.5

 なぜだろう、先住民の兵士にしか心が動かなかった。

 硫黄島上陸の様子がプライベートライアンのノルマンディー上陸とよく似てるけど、後者の方が圧倒的なのはなぜだろう。私のレベルではどこがどう違うのか掴
>>続きを読む

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

3.5

 ファースト・ブラッドでの反撃がやり過ぎだと思ったが、今回もなかなかのもの。犬のジョン・ウィックに負けてられないので敵勢力を皆殺しにするのは当然だろうけど、その殺害方法が残忍極まりない。動機は他のとこ>>続きを読む

ファイナル・アワーズ(2013年製作の映画)

2.5

 もうすぐ地球滅亡、主人公は交際相手Aの元を去り、交際相手Bを含む仲間たちとの薬物乱交パーティーをしながら滅亡の瞬間を迎えようとするのだが…

 その道すがら色々あって考えを変えちゃう。クソ野郎でもと
>>続きを読む

ランボー(1982年製作の映画)

3.5

 ネットに断片的なシーンが転がっているので割とよく観てる気になってるけど、まともに観たのは子供の頃以来。※違法アップロード映像を観るな!という意見はごもっともです。

 途中からランボーちょっとやり過
>>続きを読む

ランボー 最後の戦場(2008年製作の映画)

3.0

 2度目の鑑賞。かなり記憶が変容していたようだ。傭兵たちが役立たずで、彼等のやらかしたヘマをランボーが尻拭いして回る話に変わっていたのだが…、実際の彼等はまともに仕事をしていた。謝りたい。特に地雷でグ>>続きを読む

ランボー3/怒りのアフガン(1988年製作の映画)

3.0

 実戦に出たトラウトマン大佐がジョン・スミス大佐に見えた(ジョージ・ペパードの方。リーアム・ニーソンは見た目が屈強なのでなんか違う)。加えて2にも増してエンタメ色が強く途中からワタクシの中で特攻野郎A>>続きを読む

ランボー/怒りの脱出(1985年製作の映画)

3.5

 シリーズ1作目と4作目は鑑賞済みだが、内容をほぼ忘れた状態で鑑賞。1作目に関しては30年前にボンヤリ観ただけなので絵面しか覚えてない…。

 本作を結果は俺が観た中でのシリーズ最高傑作だった。(危う
>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

3.5

 希少鉱物を巡る内戦の中、反政府側にこき使われていた鉱夫がデカいダイヤモンドを見つけて山中に隠したのが業者バレた話。

 "ブラッドダイヤモンド"という用語を知らなかったので、ジャケットから受けた印象
>>続きを読む

電送人間(1960年製作の映画)

2.5

 先日観たガス人間と同じシリーズらしいので鑑賞。

 個人的にこちらの方が好き。なんと言っても私怨を晴らし切った執念が良い。ガス人間の執念はスケベ心なので評価は低い。

 ところで、変身人間シリーズと
>>続きを読む

インファナル・アフェアIII 終極無間(2003年製作の映画)

3.0

 一作目から三作目まで河野洋平とサムが役柄にハマっていないなぁと感じて、その点はワタクシにとって無間地獄だった。洋平の顔に似合わぬキザな振る舞いと、とっつぁん坊やのサムが首領の器に見えないのがどうして>>続きを読む

インファナル・アフェアII 無間序曲(2003年製作の映画)

3.0

 3部作の2作目。1作目の前日譚。無間地獄に堕ちる様子。

 前作と比較して展開が分かり易い。こちらを先に見てから前作を観たほうが、スッと入りやすいと思った。今思えばディパーテッドは2の要素も入ってる
>>続きを読む

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

3.0

 ディパーテッドを観た後にリメイクだと知り、せっかくだから元の作品も観ておこうということで鑑賞。

 こちらの方が展開に圧倒的なスピード感がある。シーンからシーンへの繋がりが飛び過ぎていて事前にあらす
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.0

○若草物語に関してはアニメ版の子供が折檻を受けているオープニングだけ知っているが、ザッピングや前番組からの惰性で出食わしたら即チャンネルを変えていた記憶がある。
以下、知らないなら黙れ的な内容が続く…
>>続きを読む

ディパーテッド(2006年製作の映画)

3.0

◎ギャングと警察が互いに密偵を送り込んでみた話。

◎先日観たブラック・スキャンダルでジョニー・デップが演じていた実在の人物をモデルにした役をジャック・ニコルソンが演じているというので鑑賞。

◎ブラ
>>続きを読む

ブラック・スキャンダル(2015年製作の映画)

3.0

◎FBIの犬になったギャングが、FBIのお目溢しを受けて裏稼業の手を広げていく話。実話ベース。

◎ハゲ・デップの独特なビジュアルに慣れるまで時間が掛かった…。特殊メイクに拘ったみたいだが、わざわざ実
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.5

◎贖罪のために家族の命を取捨選択するハメになった男。家族もその事情を知っている。トロッコ問題のもっと厄介なやつ。

◎淡々としてるが、引き込まれて目が離せなくなる不穏さ、不気味さ、気持ち悪さがある。こ
>>続きを読む

幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形(1970年製作の映画)

2.5

◎首をめがけて切り付けてくる死んだはずのお嬢さんの話。

◎中尾彬の芝居が臭いけど、中尾彬なので大丈夫。

◎使用人の源蔵がキャラに反して洋食ディナーを作りやがる。どこで覚えたんだそんな料理。

◎な
>>続きを読む

ジェミニマン(2019年製作の映画)

3.0

◎訳あって自分のクローン(若い)が襲い掛かってくる話。

◎巷では酷評されてるが、それほどクソではないと思った。特にストーリーがありきたり、予想通り、なんの捻りもないなどと散々な言われようだが、水戸黄
>>続きを読む

ガス人間第1号(1960年製作の映画)

2.0

◎肉体を気化させる能力を持つ男が、犯罪行為によって得た現金の力を利用して女を靡かせる恋物語。

◎わざわざ正体を明かしちゃうガス男の自己顕示欲が強すぎて気持ち悪い。盗んだ金を女に貢いで得意げな様子が気
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

3.5

◎タクシーが外国人ジャーナリストを光州事件の真っ只中に連れて行く話。実話ベース。

◎危険な取材で他人に迷惑をかけるなとか言い出す日本人にはウケないかと思いきや高評価ですね。

◎ソウルの運転手が事件
>>続きを読む

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

3.0

◎クライムサスペンスかと思ったら父子が和解するドラマでした。父子の距離感が自分と重なり気が重くなった。クソを漏らされたら俺は正気を保てるだろうか…。将来の介護が頭をよぎって憂鬱にならざるを得ない。親が>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

2.5

◎クリスチャン・ベールの役作りが凄いという話だったが、俺の中ではサム・ロックウェル演ずるジョージ・W・ブッシュに全て持っていかれた。ビジュアルだけでとぼけたアホに見えてしまうのはズルい。靴を投げ付けた>>続きを読む

ハンター(2011年製作の映画)

2.0

◎絶滅したと言われている獣がまだ存在しているという確証のもと、そいつを探し出して生体サンプルを採取する、という依頼を受けた男の話。依頼主の軍事バイオ会社は獣の能力を軍事利用する気らしい。

◎男は山で
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

◎未解決強姦殺人の遺族(母親)が進まない捜査に腹を立て警察に対し抗議の行動をとるのだが、関わる人たちの癖が強くて見てるだけで厄介な話。

◎最初は職務怠慢の公権力に立ち向かう母親をかっこいいくらいに思
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

2.5

◎密室系。盲サイコパス爺の家とは知らずに盗みに入ったら閉じ込められちゃった話。

◎ノー・イグジットのパクリかと思うほどよく似ている。本作の方が後に作られたようだが知名度では上らしくパクられた方だと思
>>続きを読む

NO EXIT/ノー・イグジット(2015年製作の映画)

2.5

◎B級密室系コメディホラー。サイコパスの家とは知らずに盗みに入ったら閉じ込められちゃった話。

◎酷評が目立ちますが私は楽しく鑑賞しました。登場人物の無能さ、詰めの甘さは本人たちも分かっているようで最
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.5

◎アトランタ五輪爆破テロ事件の容疑者になった警備員の話。
実話ベースだけど私には全く事件の記憶がない。覚えてておかしくない年齢ですが…

◎主人公にはひたすら苦笑いするしかない…。自分の正義感に酔って
>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

3.0

 ナチズムを盲信する少年(10)が可愛いユダヤ人に出会って思想を曲げてしまう話。

 24hテレビではないがスケベ根性には世界を救う力があるんだね。信じていたヒトラーに背き、靴ひもを結べるようにもなる
>>続きを読む

ザ・コール [緊急通報指令室](2013年製作の映画)

2.0

◎911オペレーターが通報者(被害者)との通話だけで事件解決の手がかりを掴む話かと思っていると後でズッコケる話。

◎始めに対応をミスって最悪の結果を招く場面があるので、苦悩や反省を挟んで次に似たよう
>>続きを読む

マーウェン(2018年製作の映画)

2.5

◎冒頭の人形劇で楽しい映画かと思ったらかなり湿っぽかった。傷害事件の被害者がそれ以前の記憶を失い、重いPTSD抱え、その後に模型とドールの写真撮影を始めてそれがセルフセラピーのような形になってる話。>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.5

◎シャイニングより面白いと思いました。続編と言われても、これ知ってる見覚えがあるあの時と同じー!くらいの繋がりしかないので単体でもいけそう。知ってる方が面白いのは間違いないけど。

◎強シャイニングの
>>続きを読む

シャイニング(1980年製作の映画)

3.0

◎事故物件に親子三人水入らずで住んでみた話。原作は読んでいない。

◎原作を知らないと置いて行かれる系なのか、すんなり飲み込めないところがあった。とりあえずジャック・ニコルソンが何かに憑依されたんだろ
>>続きを読む

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

3.5

◎報道かなんかで結果は知っていたが、かなりの緊張感ゆえに見応えがあった。ただそれは、ソマリア海賊が基本的に人質(船員)へ危害を加えないということを知らず、襲われた時の生還率が極端に低いと思い込んでいた>>続きを読む

>|