サラリーマンさんの映画レビュー・感想・評価

サラリーマン

サラリーマン

人間の汚い本性や、理解できないサイコ野郎が出てくる映画を好みます。
求むバットエンド!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.2

ギャグとシリアスの絶妙なミックス。前作の印象が薄かったのでキャラクターをほぼ忘れた状態で観たけど全く問題無し。
テーマに「家族」という一貫性があって、かつ不自然な感動を誘うこともありませんでした。
>>続きを読む

HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス(2016年製作の映画)

3.7

冒頭から完全にスパイダーマン2です。マーベル風オープニングだけなら他の作品でもよく見るけど、随所に散りばめられたオマージュにサム・ライミ版ファンの私は終始笑いっぱなしでした。ラストには3へのオマージュ>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.6

多分泣くからと頑なに映画館では観ず今更の鑑賞でした。
ちょっと期待し過ぎたかな。。
所々ぞくっとする場面はあるもののそれ程泣けることはありませんでした。
RADWIMPSの音楽は確かに場面に良く合って
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.8

劇場で観ようか迷った結果、タイミングを逃してしまった作品。
総じて評価は高くない反面結構面白かったですけど?
登場人物の役割がしっかり割り当てられててむしろ良く出来てるような。
映像が特に凄い分やっぱ
>>続きを読む

愚行録(2017年製作の映画)

4.0

駄目だ。的確な言葉が出てこない。
圧倒的後味の悪さ。観てて吐き気がするくらい人間の汚い部分が濃縮された映画でした。
絶対万人にはオススメできない。笑

言葉で表現しきれないけど日本人にしか絶対理解出来
>>続きを読む

アサシン クリード(2016年製作の映画)

3.1

ゲームはやったことありません。
戦闘はカッコいいんだけど、肝心のストーリーは、「つまり..どういうことだってばよ..?」状態でした。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.0

のっけからソーってこんなんだったけ?笑
と思わせるコロコロコミックのようなノリ。全体的にガーディアンズ〜のようなテンポ感が終始クスッと笑わせててくれます。

持前の単騎vs大量の無双シーンはやはり観て
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.7

久々の映画館で鑑賞。リーガルハイのスタッフというとこで期待しかしてなかったけど、期待通りの内容でした。

主役級の俳優が脇を固める中、ガッキーが目玉商品のような宣伝ですが、この作品のMVPは間違いなく
>>続きを読む

パージ:アナーキー(2014年製作の映画)

3.3

前作に比べると、ホラーというよりアクション要素がかなり多くなった印象。伏線がどうだとかはあまり無いのでぼーっと観ることが出来ます。
こっちの方がすっきりしてるんだけど、個人的には前作の先の見えない雰囲
>>続きを読む

淵に立つ(2016年製作の映画)

3.8

脚本も凄いんだけど、何より役者の演技が凄い。
浅野忠信の不気味さもさることながら、中でも特に奥さん役の変貌ぶりが凄かった。前半と後半、まるで別人だった。

ストーリーは、、これは日曜夜に観ちゃ駄目だね
>>続きを読む

インビテーション/不吉な招待状(2015年製作の映画)

2.9

衝撃のラストものと映画祭絶賛のキャッチコピーはそうそう信じるものじゃありませんな。

この映画を楽しむコツ。それはラストまでの1時間20分我慢出来るか。それだけです。因みに私はもたなかった。笑

何者(2016年製作の映画)

3.8

就職活動とSNSを絡めてある当たり全ての世代に向けてある内容ではないことは明らか。

どちらも体験している自分にとっては凄く共感できるストーリーでした。
就活については山田孝之演じる先輩のパターンだっ
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.9

初めての4DX3Dで鑑賞。
まず、初めての4DXがこの作品で良かった。全てのエフェクトが相性バッチリで、夜間の空中戦なんてテンション上がりっぱなしでした。

個人的にはサム・ライミ版が至高派でしたが、
>>続きを読む

ミスティック・リバー(2003年製作の映画)

3.7

辛い。ひたすらに辛い。こうも報われない話があって良いのだろうか。
正直途中で眠気が来たけど、結末の後味悪さは久々でした。

これの前がヴィルヌーヴ作品だったから音楽の無い演出が尚更ストーリーを現実的に
>>続きを読む

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

3.8

新三部作の完結編。外伝を除く6作の中で1番面白かった気がする。

クライマックスの決戦は、前作で不満だった分満腹にさせて頂きました。
やっぱりヒーローものはめちゃくちゃ強いボスに大勢で立ち向かう演出が
>>続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

3.4

純粋な続編というより、旧三部作とは異なるルートを作る為にあるような作品。
今作についてはヒーローモノに良くある、明らかなヴィラン役は居ない為、
クライマックスにさほどテンションの上がる演出は感じられま
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

2.8

設定は面白く、どんな結末になるかワクワクしたものの、観た側に解釈を丸投げする作風は相変わらず。

ひたすらな抽象的表現で出来上がっているヴィルヌーヴ節はやっぱり合わないようだ。「メッセージ」が難解だな
>>続きを読む

ロブスター(2015年製作の映画)

3.2

独身者は45日以内にパートナーを見つけなければ動物にされるという、現実なのかファンタジーなのかわからん設定ですが、中身はかなりリアリティに溢れるストーリーでした。

只、随所に盛り込まれた演出が笑わせ
>>続きを読む

ハングリー・ハーツ(2014年製作の映画)

3.5

あまり観たことの無かった育児をテーマとした物語。
ストーリー的には淡々と進む中に、節々と不安になる要素があり、いつ破裂するかわからない風船を観ている様な感じ。

少し過度な設定ではあるけども、決して他
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.7

アニメをがっつり観ていた身からすると、なんとも忠実に再現してくれたことにまず感動。
個人的に大泉洋は何に出てもギャグ枠にしか見えなかったんだけど、今作は完全に真戸さんにしか見えなかった。

ストーリー
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.7

冒頭とバトルシーンからスタイリッシュ過ぎた。雰囲気的にはデビルメイクライの様な。笑
恐らくマーベルヒーローの中でも最強の部類ではないでしょうか。

ラスボス戦が少し抽象的で理解しにくかったのは残念です
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

3.8

ある事件を共通点として進む3つのストーリー。
演者それぞれが感情を爆発させる様な演技は重く、体力のある時に観ないとかなりの疲労感に襲われる。
タイトルにもなってる「怒り」の感情が様々な「裏切り」をきっ
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.7

低予算であることをある種武器としていた某深夜ドラマの監督がある程度のお金をかけるとこうなるよって話。笑
大人達が全力で悪ふざけしております。
冒頭の曲完全に〇イズンだよね。笑

元々時事ネタやパロディ
>>続きを読む

デスノート Light up the NEW world(2016年製作の映画)

3.4

思ったよりまぁまぁ良かった。
10年前より世の中の技術が向上し過ぎたせいか、サイバーテロみたいな細かい説明のいらない要素が入って持ち前の頭脳戦が薄かった様な。。笑
キャラクターの相関関係がモヤッとした
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.6

〇イオ○ザードの実況動画を見過ぎたせいか、家屋に侵入する設定も相まって、おじさんが完全にファミリーパンチかますパパに見えて恐怖感は殆ど無かった。(理解してもらえる人が居れば。笑)
エンドロールの冒頭も
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

3.8

人間の持つ闇の部分をひたすら濃縮した映画。エンターテインメントとしては最低。
こういうテーマは邦画が得意とするものだと思います。

終始登場人物の全てが自分の価値観が絶対で、今の境遇になってるのは周り
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.7

全体の3/4くらいは行くぜオラオラのノリノリ系映画なのにラストで一気に緊張感が増す。
突然物凄い脆い吊り橋渡れって言われた様な感じ。
リリー・フランキーはこんな役ばっかりな気がするなぁ。笑

ちょいち
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.5

ラングドン教授の丈夫さに拍車がかかっております。笑
映画を観る中での楽しみの一つが自分の行ったことのある場所が出る所なんだけど、そういう意味では非常にありがたい内容でした。

まぁ良くある人口が増えす
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.6

オチが読めてしまった!くそう。
タイトルの意味を考えたらそりゃあねぇ。笑
想像を掻き立てる終盤は良かったけども。

被害を受けてる側に一切同情の余地が無い珍しいケース。
人間、性根の部分はそう簡単に変
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

4.2

X-MENシリーズは3とサムライ、ファースト位しか見てないんだけど、全然問題無かった。
序盤から肉体的にも精神的にも痛みを感じる演出で終始眉間にシワが寄っていた気がする。

ポスターだけ観てると今回の
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.4

この手のどんでん返しものを観すぎたせいか、結末にさほどの驚きは無かった。

何故か「桐島部活辞めるってよ」に近いものを感じた。笑

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

4.0

思いきり泣くつもりでレンタルしたらまんまと号泣。

普段当たり前にあるものが無くなったら、どうなるか。
もっとこうしてたら良かったとか、ああすれば良かったって思いはいつも過ぎてから気づくもので。

>>続きを読む

マジカル・ガール(2014年製作の映画)

3.6

なんだこのタイトル含めジャケットとのギャップは。笑
魔法少女要素は物語のきっかけしかなく、あとはひたすらにダークなお話。

穏やかな人でも1度たががはずれると手がつけられない。
その瞬間が描かれるラス
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.4

難解。この一言に尽きる。
ストーリーの肝は何となく理解出来たけど、解説を読むまでオチの全てが理解出来なかった。笑

凄く物わかりのいい人ならもっと鳥肌ものだったんだろうけど、、。
ハマらなかった。残念
>>続きを読む

或る終焉(2015年製作の映画)

4.2

約1時間半、淡々と進むお話。
起承転結の[起]と[結]しかありません。

社会人になって繰り返しの日常を送る中で、多分誰でも1度はふと考えたことのある「何の為に生きているんだろう」というもやもやした感
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.7

とんでもないサイコパスの森田くん。
先の読める展開ではあったけど、見終わった後は恐ろしいんだけどそれよりも哀しかった。

>|