jellyfishさんの映画レビュー・感想・評価

jellyfish

jellyfish

映画(383)
ドラマ(2)

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

-

所々現実味ないのが気になるけど、伏線や意外な展開、あちこちに感動出来るところがあって評判になってたのが分かる。個人的にはラストもただの感動ものにならず良かったと思う、難しい所やけど。出てる人もみんな良>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

-

実話ベースでここまでいろんな要素が詰まってるの珍しい。伝記物かと思ったらミステリー、ホラーチックになり、最終的に夫婦愛。主人公の病気と向き合いながら偉業を成し遂げたのもすごいけど奥さん強いなぁ。彼のこ>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

-

最初の長回しすご。終始規模がデカすぎてめっちゃお金掛けてるんやろなぁ~って感じちゃったのがちょっと残念やけど面白かった!情報がターゲットっていう今っぽさありつつ、スパイ道具使うし車かっこいいし美女助け>>続きを読む

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

-

今まで以上に洗練されててかっこいい。特にオープニングの入り方!アクションがメインというよりボンド、M、シルヴァの関係性をしっかり描いてて、シリーズファンはどうなのか分からんけど個人的にはこっちの方が内>>続きを読む

007/慰めの報酬(2008年製作の映画)

-

あれ?微妙やった…。ボンドガールめちゃアクティブやし悪役の印象が薄い。観終わってすぐに…で、何の話やったっけ?ってなる感じ。1であれだけ切なさマックスやったのに復讐の結末があっけないかなぁ。

007/カジノ・ロワイヤル(2006年製作の映画)

-

恥ずかしながらお初007。他観てないから比べられへんけど思ったより人間臭いね。それでもスーツ姿のかっこよさやカジノシーンのスマートさは思い描いてた007でした。エヴァグリーン美しいし、定番さありつつ面>>続きを読む

ボーダーライン(2015年製作の映画)

-

クリアな映像と不穏な音楽の生々しさに引き込まれる。テーマが激シブで馴染みがないから心配やったけど面白かった。どうすることも出来ない主人公っていうのが後半の展開に効いてるの上手いなぁ~。原題の意味、出し>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

-

相変わらずの映画愛たっぷりのイジリとおふざけで楽しい。小ネタつめこんでるだけじゃなくストーリーもラストはちょっとベタやけど上手くまとまってて最高のファミリー映画でした!とてつもないカメオ出演があったら>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

-

この監督の作品の中ではそこまでハマらなかったなぁ。時系列とからしさはあったけど、とにかく二人が狂気すぎて肝心のストーリーのどんでん返しとか伏線が霞む。マジックのために当事者、観客含めケガさせすぎやんっ>>続きを読む

暗殺教室 卒業編(2016年製作の映画)

-

1の時も思ったけどこれは設定が漫画やから納得できるんであって、実写になると世界観ぶっ飛びすぎで入り込めない。ニノ出したかったがための続編って感じ。

キャロル(2015年製作の映画)

-

セリフのないシーンが多くてまさに二人の演技が見どころ。惹かれるべくして惹かれたっていう説得力があったし、離れなきゃいけない切なさもすごく伝わってきた。とにかくケイトブランシェットのいい女具合が凄まじい>>続きを読む

キミとボクの距離(2016年製作の映画)

-

設定と話のテンポが無茶やけど二人の初々しさがかわいくて爽やか~。主役の子のスタイル、雰囲気が火星育ちっぽさある。

アメリカン・ハッスル(2013年製作の映画)

-

最初は入り込みづらいけど作戦が進むにつれて観てるこっちもどんどんハマっていく感じが楽しい。ただの騙し合いじゃなくてそれぞれが愛を求める関係性とかしっかり描いてて見応えあった。キャストが最高でクリスチャ>>続きを読む

チャイルド44 森に消えた子供たち(2014年製作の映画)

-

『このミステリーがすごい!』1位は書かん方が良い。ミステリ色薄め。国に対して、奥さんに対しての熱い想いが爆発な一人の男の話です。殺人ももちろん怖いけどそれを黙殺する国が一番恐ろしい。しかも実話…。相変>>続きを読む

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(2013年製作の映画)

-

まさに異世界な二人のビジュアルと歪んだ音楽、アンニュイな雰囲気がセンスない私でも分かる、おしゃれ!!笑 人間を蔑みながらも彼らがいないと生きられない二人の生きづらさと現実離れしたふわふわした感じがなん>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

-

設定で結末分かるけどそれでも泣ける…。ヒーロー史上一番安心して見れたウルヴァリンをこんなにハラハラして見ることになるなんて。今までと雰囲気違ってアクションもとことん人間臭い。少女とベタベタしすぎない所>>続きを読む

サイド・エフェクト(2013年製作の映画)

-

基本ジュードロウ応援のスタンスだったので裏切られた~!感はない。笑 予想出来たとこもあり出来なかったとこもあり、重い雰囲気が続くけどなかなかの心理戦で楽しめました。ルーニーマーラの雰囲気がすごい。

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

-

なめてた、めちゃ良かった。コメディ部分は全力でふざけてて、かつしっかり恋愛映画になっててバランス良い。ストレートな泣ける恋愛ものよりよっぽど感動した。ハワイの雰囲気もキャラの濃い登場人物も動物たちも大>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

-

楽しかった!前作だいぶ忘れてたけどちゃんと感動出来て良かった 笑 音楽もキャラクターも映像も最高でした。グルートをちっちゃくしたことでコメディ力もかわいさもパワーアップしてて大成功やと思う。キャラ増>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

-

メッセージっぽい入り口で2001年宇宙の旅へ向かっていった感じ。自己破壊と創造をテーマに、普通の概念がとことん崩される設定と不気味で美しい映像が圧倒的。終盤置いて行かれたけどこれぞSF。

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

-

主人公がおかしな状況をすんなり受け入れすぎなのはパンズラビリンスと同じで入り込みにくいけどこっちの方が好み。(多分幽霊より怪物や虫が苦手…) 三人のゴシックハマり度合いも良い。紳士で若干胡散臭いトムヒ>>続きを読む

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

-

思ったよりコメディじゃなかった。本当に悪い人が一人もいなくてストーリーもあらすじのままなのに退屈しないのは出てる人の安定感。阿部サダヲに瑛太に妻夫木聡ってだけで間違いない。派手さはないけどいいお話でし>>続きを読む

プリズナーズ(2013年製作の映画)

-

静かな雰囲気で次から次へと何かが起こる訳ではないのに緊張感があって飽きない展開なのがすごい。動機もラストもしっかり伏線回収になってて面白かったです。この監督なので難しいだろうと覚悟して観たのもあって思>>続きを読む

探検隊の栄光(2015年製作の映画)

-

藤原竜也が全力で藤原竜也してて最高 笑 その分ストーリーが物足りない!もっとふざけられたやろぉ。真面目とおふざけがどっちも中途半端になっちゃっててもったいない感じ。作り手がマジメに楽しんでこそ見てる人>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

-

残酷な現実もしっかり描写しててツラかったけど、個人的にもう一つの世界もまあまあ恐ろしかったので観ていてずーっとしんどかった。それぞれの人物描写もあってストーリーも面白かっただけに世界観が合わず悲しい。

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

-

同性異性関係なくあのひと時だけでここまで人を好きになるっていう点で共感は出来ないけどどれだけ強い気持ちかっていうのがすごい伝わる二人の演技でした。雄大な自然と優しい音楽が二人の縛られない愛に寄り添って>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

-

ストーリーも人物も深く掘り下げてないしなんなら主人公なかなか問題ありでしたが歌とパフォーマンスに引き込まれるのは確か。ツッコみたいところはあるけど印象に残るシーンや歌はたくさんあって結果盛り上がるしい>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

-

原作に忠実なストーリーとセリフにただただゾンビ要素を足しただけ。でもこんな古き良き恋愛ものにゾンビを足そうっていう発想がトリッキーで好き。笑 ぜひ元の雰囲気を知った上で観てほしい。強く凛としたリリージ>>続きを読む

360(2011年製作の映画)

-

それぞれの登場人物が繋がってはいるけど別のシチュエーションなのでほぼオムニバス。人生の分かれ道っていうドラマチックなテーマの割に印象に残らないかなぁ。ジュードロウは変わらずかっこよし。女の子のパパが似>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

-

途中アイナーもゲルダもリリーもみんな辛そうで観てるこっちまで苦しくなった。後半はリリーのために尽くすゲルダがとにかく切なくて強い。タイトルの感じとは違って奥さんの深い愛の話だった。二人のお芝居が素晴ら>>続きを読む

世界中がアイ・ラヴ・ユー(1996年製作の映画)

-

ウディアレンはロマンチックでおしゃれだけどやっぱりテーマに興味がない。ミュージカルは世界観にぴったりで可愛らしさ増してたけど。ただ出てる人がめちゃ豪華なのでそこは楽しめたかな。

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

-

アイデアと展開が上手い。とか言いつつホラー苦手で普段見ないのでどこがどうすごいとかは分かりません。笑 とにかくビビりまくりでずっと絶望と緊張。どちらにも感情移入出来ないので客観的に観れたのがまだ救いで>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

-

なんて都合がいいんだ!笑 クリスプラットとジェニファーローレンスじゃないと成り立たないよ!笑 設定が面白いのでもうちょっと話が凝ってたらなぁと思うけどつまらない訳じゃない。ロマンチックだし宇宙綺麗だし>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

-

渋い!一回観てぽかーんとなってしまったので二回観たらめちゃ面白かった。とにかく説明が少ないから難しいけど理解して観たら伏線もあってめちゃ凝ってる。二回目でやっとエンディングの素晴らしさに気づいた。豪華>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

-

やっぱりこの監督の想像と論理性のバランスがすごい好みだしどの作品も同時系列の話の進め方が上手い。夢の中という曖昧な世界なのに説得力あって映像の力も大きい。ホテルの無重力のシーンすごかったなぁ。

オクジャ okja(2017年製作の映画)

-

多分私のセンスの問題だけどキャラや音楽、シニカルな笑いが合わなかった。主人公の気持ちは分かるし、非人道的な行為や嘘は論外だけどビジネスとしてミランダの主張も分かる。そうなると全て分かった上で何も説明せ>>続きを読む

>|