310号さんの映画レビュー・感想・評価

310号

310号

映画(393)
ドラマ(0)

エレベーター(2011年製作の映画)

2.7

よくある閉鎖空間で色々やり合うアレ 笑

んな訳あるかい!展開の連続 笑

嫌いなキャラが多すぎて死のうが死ぬまいがどうでも良くなるw
ってか密室のエレベーター内で血塗れになるってどんな展開やねんら

パージ:エクスペリメント(2018年製作の映画)

3.0

パージが行われるキッカケになった話?

パージシリーズ自体毎回暇なときにチラチラ見る程度だけど1番まともな気がした。

逆に言うと平凡
そこまで狂気染みた訳でもなく
よくもわるくもない感じ

監視者たち(2013年製作の映画)

3.8

流石韓国映画のサスペンス
映画の作り方が繊細で細かく完成度が高い

ただストーリーはそこまで珍しい物ではないのと主人公が美人過ぎてあんまり適任とは思えなかった🤔 演技が悪いとかではない。

あと適役が
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.5

ストーリー設定と世界観が面白いけど展開はややベタなので少し勿体ない気もしたけど退屈はしなかった!

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.7

何を見てるんだ俺は…って終始思う映画

まぁ濃い…笑

かなりイカれた映画

ホラーってより終始気持ち悪い

けど何故かハマる…

ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー(2008年製作の映画)

3.2

普通に面白い
キャラが良い
世界観もよく出来てる

定番SFって感じ

マネーモンスター(2016年製作の映画)

3.2

ストーリーや展開等は面白かったけど、どうしても韓国映画の"テロライブ"を思い出す。

アレと比べるとどうしてもオチが弱いなぁ…と

退屈はしなかったです!

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.6

人種差別のデモと侵入捜査官の話
映画自体は良く出来てるけど実話を元にしているらしい。

ラストの映像にこの映画のメッセージが全て籠もっている。
島国の日本ではあまり馴染みがないだけに色々考えさせられる
>>続きを読む

遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011年製作の映画)

2.3

「遊星からの物体X」の前日の話

正直「遊星からの物体X」に頼らなければ全然何の印象も残らないパニック映画でしかないと思う。CGも何か違和感だらけ...CGのクオリティー上がると逆に違和感だらけで恐怖
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

3.8

この不気味さ...ちょっと古い感じが恐怖感を煽る
とにかくクオリティーが高い...気持ち悪い...笑

絶望的な名作映画ですね 笑

サウンド・オブ・サイレンス(2001年製作の映画)

2.8

とくにコレ!
という見所はないものの退屈はしなかった。

ブリタニー・マーフィのキャラは嫌いじゃないけど
物足りなかった。
あのキャラよければもっと深みでたんじゃないかな?

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.5

ブラピ、ジョージ・クルーニーのかっこよさったらねぇ
本当!渋いわぁー!

スパイ・ゲーム(2001年製作の映画)

3.6

ブラピの若さ故の過ちを助ける映画
兎に角ロバート・レッドフォードがかっこよすぎる!!!

ソードフィッシュ(2001年製作の映画)

3.4

ジャケ惚れ
でもストーリーもキャラも映像も面白かった!
こーいう映画好きだ!

キス・オブ・ザ・ドラゴン(2001年製作の映画)

3.4

ジェットリー目的で見た

内容はまぁまぁ重いけどアクションは流石

小説家を見つけたら(2000年製作の映画)

4.1

グッドウィルハンティングが好きな人にはオススメ!

ボク的にはこっちのほうがよかったです!

やっぱりショーン・コネリーはいくつになってもカッコいい!
主役が黒人だったのも良かった!

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

4.0

サスペンス要素が強い前半
そこから後半にかけてはヒューマンドラマ
1つの映画で2度美味しい

まさかの展開に驚かされましたね。

ラッセルクローの演技が凄い好きでした

アンブレイカブル(2000年製作の映画)

2.6

結論そこまでする必要があったのか謎。

シックスセンス程何がしたかったのか明確じゃなったのが若干しんどかった。

まぁヒーローvs悪っていう状況をこういう形で表現するのは面白かったかなー

ハンニバル・ライジング(2007年製作の映画)

3.1

レクター博士の暗い過去の話し
とは言っても別にレクター博士にする必要があったのか、
別の作品として見ればイメージ崩れないかも。

要は何故カニバリズムに目覚めたかって話しです。

博士美人すぎ

スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい(2007年製作の映画)

3.7

これは結構面白かった!
確かにキャラが多くて纏まりはなかったし
話の展開も乱暴だったけどラストは結構クラッた。

銃撃戦もなかなか面白かった

クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち(2004年製作の映画)

3.2

サスペンスらしいサスペンス映画
人が結構早い段階でわかってしまったものの
最後はちゃんとオチも用意してくれてたけど
やたら格闘シーンがコッてたり軸が定まってない映画でした 笑

決戦・紫禁城(2000年製作の映画)

4.0

カンフー映画ではないけどアクションとCG技術は当時ではマトリックスと同等レベルだったんじゃないですかね?

何よりアンディーラウ、イーキンチェがかっこよすぎる。

レインディア・ゲーム(2000年製作の映画)

2.9

ラストの登場シーンかっこいいね。

雑ではあるけど面白いどんでん返しだった。

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

3.6

人種差別で黒人を殺し刑務所に行った兄が更生する映画。
衝撃的なラストでもう何が正しいのかわからなくなった。

もの凄く考えさせられる深い映画だった

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.8

ドンデン返しで有名な映画ですが
個人的にはラストあたりのお母さんに
おばあちゃんの遺言を言うシーンでジーンと来た

もっとホラー要素が強いのかと思ってたけど温かい映画でした

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

4.1

数ある戦争映画でも俺の中ではコレがトップ
"ノルマンディー上陸"のシーンはトラウマだけど

それがこの映画の印象を強く植え付けさせられた。

トムハンクスさすが!

8mm(1999年製作の映画)

2.8

まぁ安いB級変態サスペンス映画 笑

好きではないけど、そこまで嫌いでもない...w

人間ってこわいね...

フェイス/オフ(1997年製作の映画)

3.5

映画の設定が先ず良い
結構細かい所にも拘ってるし
悪役も良い者も出来る演技力が凄い
アクション映画の名作ですね

マーズ・アタック!(1996年製作の映画)

3.0

確かコレを見たのは小学生の時だったな。コメディー要素が強かった反面小学生の自分には少し刺激が強くて軽くトラウマな映画でもある 笑 でもまた見たいね

真実の行方(1996年製作の映画)

3.8

エドワード・ノートンの演技力に圧巻!
まさかのラストでした!
ハッピーエンドではないものの
やられた!感が凄い残りましたね

ザ・ロック(1996年製作の映画)

3.7

ショーン・コネリー の渋さが半端ない
パイプから出て来て打ち合うシーンは衝撃的ですよね。

あとラストのニコラス・ケイジもかなりかっこよかった

Kids Return キッズ・リターン(1996年製作の映画)

4.0

北野武映画の中では1番好きな青春映画
ボクシングを通して自分を高めるが...な男と、
ボクシングを挫折して893になり良い地位まで立つが...な男の話

最後の自転車で運動場を走るシーンは有名ですよ
>>続きを読む

>|