teaさんの映画レビュー・感想・評価

tea

tea

渋谷辺りを徘徊してます

未成年だけどコドモじゃない(2017年製作の映画)

3.3

試写会に誘われて。

原作未読だけど普通に楽しめました。

たまには純粋な気持ちを思い出すのにこういう映画もいいですね♪

王様のためのホログラム(2016年製作の映画)

2.7

これも劇場見逃し作品。
男版「食べて祈って恋をして」といった感じ。

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.1

劇場で見逃した1本。
長年の友人カップル達がパーティーの席でお互いのスマホを晒し合うブラックコメディ。

こんなに後味の悪さを味わえる映画はなかなか無い!ラストシーンが果たしてハッピーエンドなのかバッ
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

3.9

シリーズ3作目。3部作と言わず007ぐらい続いて欲しい。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.5

天才数学者の姉の娘を育てる叔父さん視点の感動作。

姉の意志を継いで平凡な幸せを掴んで貰いたい叔父さんと、娘で叶わなかった夢を孫娘に継がせたい祖母、揺れる少女。

意見は違えど心から憎しみ合っている訳
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

2.9

ダニエルラドクリフが便利な死体役の不条理映画。こういう映画は大体「前衛的ですね!」としか言えない事が多いけど、コメディ要素が散りばめられている事で全く飽きる事なく楽しむ事が出来ました。

ダニエルラド
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.1

予告編を見る限り黒人差別の恐ろしさを描いた映画かな?と思い観に行ったら、とんでもなかったです。。。

ジャンルとしては「ムカデ人間」に近いと思います。。。

観た人向けにもう一回ゾッとする話をすると、
>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

2.9

けしからん映画かと思ってたら、生田斗真がちゃんと広瀬すずの卒業を待ってたのでめでたしめでたしです。

余談ですが広瀬すずがウェディングドレス姿で階段を駆け上がるシーンに被せる様に、劇場の階段をおっさん
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.8

ベルリンの壁崩壊前の女スパイの大活躍劇。

二重スパイ、三重スパイ(?)とよく分からない展開だけど、それは意図して製作されたので理解出来なくてもOKらしいです。僕もよく分かりませんでした。

それより
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.6

耳障りの良い謳い文句で、全国民相互監視社会を実現させようとするSNS企業に入社するヒロインのお話。

ディストピア小説「1984年」における「ビッグブラザー」誕生前夜を見ている様でずっと怖かった。

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.8

【1回目鑑賞】バットマンVSスーパーマンの葬式感は無くなり、ワンダーウーマンの美しさ、フラッシュの和み、アクアマンのツンデレ、サイボーグの万能感でかなりバランスの取れたチームになったのではないでしょう>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.4

ホラー映画としての感想はただただ怖かった…。心臓の弱い人は決して劇場で観ないでください…。

そしてホラー要素に掛け算的に追加される少年少女の成長要素が素晴らしく魅力的です!
6人のメンバーそれぞれが
>>続きを読む

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

2.5

フィリピンが舞台のストリートチルドレンと盲目のギター弾きの心の交流を描いた作品。

決して悪い作品では無いが、かと言って真新しい点も思い当たらず…。欲を言えばニワトリ達が飛ぶシーンはもっと幻想的にして
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ブレードランナー・ファイナルカット版の正式な続編。
「デッカードは人間なのか?レプリカントなのか?」問題に決着がつきます。

またその問題の対比として、新ブレードランナーとして登場するKは冒頭でレプリ
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

3.9

アウトレイジ祭りの最終章です。
ピエール瀧が200万円を渋った為に、何億ものお金が動いて何百人もの人間が死んでしまうジェットコースタームービー。

1作目から楽しめて、今作にて潔い終幕。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.1

ジャパニーズSF映画はこの作品に続いて欲しい!

宇宙人が人から「概念」を奪いつつ地球人を理解しつつ侵略を進めていくのですが、静かに進む侵略はあまり無いジャンルだと思うので斬新でした。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.1

1995年の実写版とはガラリと雰囲気が変わり、パラレルワールドを取り扱った小説「発狂した宇宙」を思い出させてくれる、SF好きには好かれそうな内容でした。

どんなパラレルワールドにも行けるならもっと幸
>>続きを読む

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.9

ラーメンの汁をジーンズにこぼしたままテレビに出ていた奥田民生を崇拝し、彼の様な生き方を目指す青年コーロキ。彼が劇中では33歳から35歳の間を描かれるのですが、年齢的に僕と同年代で尚更感情移入して観れま>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

3.6

プロメテウスとエイリアンを繋ぐお話。

クローン人間やAIロボットの要素が加わり、「エイリアン」に出てくるボスエイリアンや虫型エイリアンがいかにして生まれたのかも判明します。

移住も兼ねてるので仕方
>>続きを読む

汚れたダイヤモンド(2016年製作の映画)

3.8

正義が勝って悪人が罰せられるというはっきりした展開にならないお陰で、ラストにどういう展開になるのか全く読めなかった。終始こちらの予測が裏切られる見応えのある作品だった。

主人公含めて、人間ははっきり
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.9

繰り返しの日常生活は決してつまらない物ではなく、その中にも新しい発見や素敵な出会いのチャンスがいくらでも転がっている事に気付かせてくれるお話。

主人公が能力を失い今まで以上の能力を授かって終わる展開
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

4.0

すれ違う父娘が再び心を通わせるまでの不思議なお話。

娘が熱唱するシーンで初めて見せた歯並びの悪さが彼女のコンプレックスで、父はそれを茶化して彼なりに勇気付ける為にずっとあの入れ歯を使っていたのかな、
>>続きを読む

>|