たさんの映画レビュー・感想・評価

た

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

わざわざ今日見た訳ではなく偶然です

昔に読んだ小説で、モナコの事情はある程度知っていました
シャルル・ド・ゴール、オナシス、マリア・カラス、レーニエ大公、そしてグレース・ケリー
舞台はそろっているの
>>続きを読む

ゲッタウェイ(1972年製作の映画)

4.0

有名な映画ですが、私は初観賞でした

サム・ペキンパーが監督、脚本はウォルター・ヒル、そしてマックウィーンが主役!
皆が完璧な映画、凄いですね!

マックウィーンって何してもカッコいいですね

ハロル
>>続きを読む

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

4.0

観賞後にこの映画のことを調べるまで、私はてっきり最近撮影したクラッシック風の映画と思っていました 
主演の女優さんもジュリエット・ビノシュ?って思ってたぐらいです

そのぐらいの現在に通じる出来映え!
>>続きを読む

トラベラー(1974年製作の映画)

3.5

アッバス・キアロスタミ監督作品、初観賞でした

名作感がヒシヒシ来る映画でしたね

他の作品も気になりますね

悪い事のブーメラン、最後は自分に帰ってくる

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.0

前半は、観賞した事を後悔する内容
私の嫌いなタイプの人間の父親

最後は少し好転したのが、ほんの少し救いですね

どうしても内容が濃いのでそちらに目が行きますが、美しい景色と色彩の使い方がいいですね 
>>続きを読む

ボーイズ・ライフ(1993年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

デニーロとディカプリオ、今から考えると豪華共演
二人の演技は楽しめましたが、映画的には、良くも悪くもこんなもんかな……

で、妹さんどうなった?

メイジーの瞳(2012年製作の映画)

3.5

最悪すぎる実の両親
裁判で子供を取合い、そして育児放棄
極悪です

子役のメイジーの演技には胸が締付けられました

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

4.0

ネタバレしてしまいますので、レビューがくわしく書けますんが……
王道ですが、私は嫌いではありません。
好きなほうの映画でした

バベットの晩餐会(1987年製作の映画)

4.0

皆さんの評価が高いのがわかります
心が洗われました
良作でしたね

みんなが笑顔になる料理
最高ですね
人の心が豊かになりますね

私は、マリア・カラス(2017年製作の映画)

4.0

天の声を持った一人の女性

今まで私はマリア・カラスさんの歌声を聞いたことがなかったのを激しく後悔です

陽のあたる場所(1951年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

伝説的な俳優、モンゴメリー・クリフトさん初観賞でした 
重苦しい役回りを見事に演じられていました

でもやっぱりエリザベス・テイラーさん、凄い存在感

題名から平和な恋愛映画と、勝手に思い込んでいまし
>>続きを読む

あしたは最高のはじまり(2016年製作の映画)

4.0

娘さんが可愛くて!可愛くて!

フィットネスジムのランニングトレッドミルで時間潰しに観賞していたのですが、ラストはマシンの上で走りながら号泣していました
きっと、まわりからはメチャクチャ変なオジサンだ
>>続きを読む

真昼の決闘(1952年製作の映画)

4.0

西部劇というよりは、心に響く人間ドラマ 名作映画でしたね

誰の為に平和を守っているのか?
今の時代にも同じことが言えますね。

さすがゲイリー・クーパーさん、影のヒーローを演じさせたら最高ですね。
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

司令室のみで進行するストーリーなのに、緊張感が伝わりますね
まるでラジオドラマみたいでした。

ただ、どう考えてもアスガーが一人で走り過ぎ
チームを、仲間を、信じなければなりません

弥生、三月-君を愛した30年-(2020年製作の映画)

2.5

題材もいいし、俳優さんもいい、
なのに……
という事は脚本、演出の問題ですか?

良作になる要素全開なのに、残念な映画でした

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

3.5

フリダちゃん、頑張ったね
子供が一所懸命な姿におっちゃんは涙なしでは観れませんでした


映画としては、同じスペインの女の子繋がりで、「ミツバチのささやき」を私は連想してしまいます
「ミツバチのささや
>>続きを読む

パリ、恋人たちの影(2015年製作の映画)

3.5

最後の最後
ラスト近くになってやっと
本当にやっと
この映画の事、
この監督の描きたい事、
少しだけ、わかった気がしました
この映画の全貌を理解出来るセンスが私は欲しいですね。
奥が深い、深い

まだ
>>続きを読む

ココ・アヴァン・シャネル(2009年製作の映画)

3.0

題材も出演者もセットもいい
もちろん衣装もいい

なのに面白いかったかと言えば……

私が言うのもなんですが、描くべき、なにか大切な場面を忘れていませんか?

裏窓(1954年製作の映画)

4.0

この映画も昔観賞したと思っていましたが、私の勘違いで今回初めての観賞でした

いくら私でも、こんなに面白い映画を忘れるはずです無いですね。

ヒッチコック監督らしい緊張感がいいですね。

グレース・ケ
>>続きを読む

ハンナだけど、生きていく!(2007年製作の映画)

3.0

こういう映画は、映画としては嫌いとは言い切れませんが、好きと言えるかと言えば……

今や巨匠監督のグレタ・ガーウィグさんの女優さんの一面は楽しめました

ミリオンダラー・ベイビー(2004年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

イーストウッド監督、主演の前情報のみで観賞しました

ボクシングの映画なんだ〜って思いながら観賞していると……

私には、イーストウッド監督の映画及び俳優イーストウッド主演の中で、一番の作品でした
>>続きを読む

アラバマ物語(1962年製作の映画)

4.5

私の魂が揺さぶられました

いい映画でした、本当にいい映画でした

ハウス・ジャック・ビルト(2018年製作の映画)

3.5

ラース・フォン・トリアー監督の作品の割には、私に耐性ができたのか衝撃感はそれなりでした
私の期待が大き過ぎかな?
ラース・フォン・トリアー監督なら、もっともっと出来るはずです
この映画は商業的グロ映画
>>続きを読む

麦秋(1951年製作の映画)

4.0

小津監督
ありがとうございます
いい映画を
本当にありがとうございます

ダウントン・アビー(2019年製作の映画)

4.0

美しい景色
美しい屋敷
心地よいクイーンズイングリッシュ

本当にいいドラマ

テレビシリーズは未視聴なので、登場人物の多さには、それなりに努力が要りましたが、見事な人物描写でした

月夜のベランダで
>>続きを読む

普通の人々(1980年製作の映画)

4.0

心に大きな空洞がある家族
たんたんと流れる物語
辛い映画でもあります

ロバート・レッドフォード監督の見事な演出ですね。

ティモシー・ハットンさんこの映画は会心の演技、この後の出演作品は良作に恵まれ
>>続きを読む

北北西に進路を取れ(1959年製作の映画)

3.5

昔観賞しているはずですが、ほとんど覚えていませんでした
ヒッチコック監督らしいところ、ヒッチコック監督らしくないところ、それぞれ楽しめました

相変わらず、オープニングとエンディングはいいですね

ノア 約束の舟(2014年製作の映画)

3.5

先日、ダーレン・アロノフスキー監督の「マザー」を観賞し、他の映画も気になってこの映画を観賞しました

「神の御心…」
世界中のテロの現場で聞かれる言葉とノアの言葉が同じ、いろいろ考えさせられるのは間違
>>続きを読む

ラスト サムライ(2003年製作の映画)

3.5

海の向こうのサムライ映画、絶対に面白くないだろうと思いながら観賞していたのですが、それが逆に功を奏したのか普通に楽しめました

エドワード・ズウィック監督らしい、美しい風景の取り込み方がいいですね
>>続きを読む

バスケットボール・ダイアリーズ(1995年製作の映画)

4.5

私はレオナルド・ディカプリオと言えば、「ギルバートグレイブ」とこの「バスケットボールダイアリーズ」です
当時観賞した時、レオナルド・ディカプリオの演技に衝撃を受けました

今回その時以来の観賞ですが、
>>続きを読む

第十七捕虜収容所(1953年製作の映画)

4.0

どこから観ても、ビリー・ワイルダーらしさ映画、テンポのいい展開、社会風刺あり、コミカルあり、シリアスあり、私は大満足です

ビリー・ワイルダー監督にウィリアム・ホールデン、名コンビ!

最後に
ハリー
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.5

時間つぶしのつもりがなかなか楽しめました
時代は私が10歳くらいかなぁカーター大統領覚ています

一つ言えることは、絶対にこの監督は、私と同じく「カサブランカ」が大好きなはず!

オペラハット(1936年製作の映画)

4.0

フランク・キャプラ監督らしい、基本の基本の映画、痛快でわかりやすい映画

ゲイリー・クーパーさん、いいですね!
光ってますね

>|