TaiseiShimamuraさんの映画レビュー・感想・評価

TaiseiShimamura

TaiseiShimamura

3.5〜4.5が良作、それ以上はお気に入り。スターウォーズ、ハリポタ、ジブリなども好きだがレビューが長くなるので割愛しました。

転々(2007年製作の映画)

4.0


良い。只々、いい。

映画の進むテンポと登場人物達が作り出す空気感が最高に心地いい。

「たち」でもしようかな。

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

4.4



音楽好きな人にはたまらない作品。

エンドロールの時にたまたま自分の部屋を通りかかった祖母が一緒に歌っていて、微笑ましくなりました。

クリントイーストウッドが彼らのこと大好きなんだなぁと、最後の
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.5

IMAX2Dで鑑賞。

ノーランが実話を基にした映画を作ったと言うことで、期待度高めで臨みました。

結果は期待通りかそれ以上。今までにあるような大掛かりで謎めいたストーリー性は低いものの、圧倒的な映
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.2

メガネくん、良い。笑

登場人物がみんな可愛く見えてくる。

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.3


観たい観たいと思っていて今になって鑑賞。

すげぇ!!って映像をこれでもかと見させれられた。

ストーリー性をもっと強めて欲しかったかなぁ。

宇宙系が大好物な方には満足できると思います。

エレファント(2003年製作の映画)

3.6


映画が進むにつれて、ゆっくりと死に近づいていくような気分に見てる側もなってしまう。

終始登場人物達を後ろから撮る不思議なカメラワークが、その気分にさせてくれたのかもしれない。

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.6

ノーラン節満載。

見て損なしというか絶対に見るべき三部作。

横道世之介(2013年製作の映画)

5.0

只々最高な映画。
世之介のような人になりたい。

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(2011年製作の映画)

3.2


授業課題として鑑賞。

メリル・ストリープの演技力を改めて思い知らされると同時に、サッチャーの人物像もよく分かる映画でした。

ただ、構成が少し退屈?な感じがしてしまった。

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.8


憧れちゃいけないんだろうけど、あの4人に憧れてしまう。

驚いたのは字幕!あんなイギリスの汚い表現を翻訳してたのが女性だなんてびっくりしました。笑

サントラ買いたくなるくらい、挿入歌も最高!!

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.3


不思議な世界観にどっぷり浸かった感じ。

アジカンが死ぬほど好きだからかもしれないけど、最後のエンドロールは鳥肌立ちました。

四畳半も観ようかな。

インセプション(2010年製作の映画)

4.6


20代になろうかというところで初めてクリストファー・ノーランの作品を鑑賞。

話は難解でしたが約2時間半があっという間に感じる最高の映画でした。

もっと早く観るべきだったという後悔と共に、ノーラン
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.9


とにかく役者がすごい。

セリフを発さず、母親を睨むシーンが非常に印象的だった。

薬や同性愛、親子間の軋轢などの非常にシリアスな内容。

正直なところ作品賞は訂正される前で良かったのでは?と思って
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.9

久々に映画観て大声で笑った。お気に入り映画の仲間入り確定!!

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.7

やっぱりカバーするだけじゃもったいない!曲作りたい!!と、思わせてくれる最高の映画。

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.8

綺麗な音楽にうっとりさせられる映画。
少し眠くなるかも。笑

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

4.5

海賊達の視点からも描かれることで、さらにシリアスになっている。ドキドキ感の中にも考えされられる事が多く、観て損無しの作品だと思う。

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2016年製作の映画)

3.1

想像していたものと大きく違った。邦題や予告編の雰囲気から、この映画を観てスカッとしたい人には向かないと思う。専門用語も多く、難しく感じたが内容はとても良かった。

セッション(2014年製作の映画)

5.0

ラストは圧巻です。観なきゃ損とはこの映画のことですな。

>|