TaiseiShimamuraさんの映画レビュー・感想・評価

TaiseiShimamura

TaiseiShimamura

3.5〜4.5が良作、それ以上はお気に入り。スターウォーズ、ハリポタ、ジブリなども好きだがレビューが長くなるので割愛しました。

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

4.6

幼くして自閉症を患った少年が数学という学問を通して、様々な人々と出会い、殻に閉じこもった自分と向き合う物語。

個人的に好きなシーンはネイサンとお母さんが会話をする場面全て。この二人の会話を追うと、ネ
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

4.5

僕の大好きな、リトルミスサンシャインを観た時と同じような爽快感をこの映画から感じ、家族の在り方や親としての子供との向き合い方等非常に刺激を受けました。

最後に家族全員で歌った、ガンズのあの名曲が本当
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.0

最後にケイティが話したことがこの映画のすべてを物語ります。

この映画で描かれる格差問題については、イギリスだけには留まらない。自分自身、年金について少し偏った考えを抱いていたので、かなり考えさせられ
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.7

少し前に話題になった、グーグルアースを使って故郷を探したサルーというインド人の実話を基にした作品。

結末は分かっていたけど、どんな経緯でオーストラリアの家族に養子としてもらわれ、最終的に本当の家族の
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

4.0

実在の人物「エドワード・スノーデン」が、アメリカ政府による国民監視を暴露した事件を、事細かに描いた作品。

彼は愛国者として、全てを失う覚悟で国民のために暴露をした。しかしながら、それは政府にとって裏
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.2


賛否両論はっきり分かれる今作だが、どっちの言い分もすごくわかります。。。
スターウォーズ大好きな自分にとっては、満足のいく作品でしたけど...

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

4.0


映画の作りがうまい。
''ただ僕は答えを知っていただけ。''この言葉が今でも頭をよぎります。

WE ARE YOUR FRIENDS ウィー・アー・ユア・フレンズ(2015年製作の映画)

4.2


軽い気持ちで見たけど、想像以上でした。
今流行りのEDMという音楽シーンにおいて、どうしたら名を挙げられるか。
自分も趣味でDJをしていることもあって、かなり映画の世界にのめり込めました。

ハイエナ・ロード(2015年製作の映画)

3.0


Amazonプライム・ビデオにて鑑賞。
うーん、後味が悪い。笑
戦争映画なんてそんなもんだけど、もう少しメッセージ性を感じる映画を期待してました。

アフタースクール(2008年製作の映画)

4.0


出て来る俳優さんたちみんな役にハマってる。
内容がすこーし思ってたのと違ったかな笑

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

3.9


必死に死ぬか、必死に生きるか。この言葉が胸に刺さります。

まだ良さに気づけてない自分がいるので、何年かしたらまた観ようかな。

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.9


少しクセのある大人の青春映画。

終盤で夜の街をティファニーとパットが走るシーンがすごく印象的でした。

夢と狂気の王国(2013年製作の映画)

4.8

もう何度も観ました。狂気の王国であるジブリではどのようにして作品ができているのかがよく分かります。

基本的にはこの映画は王国の王様である宮崎氏にスポットが当たっている。個人的には宮崎さんとカメラマン
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

4.5


この映画、ほんとうにズルい。
多分5回は泣きました。笑

犬が転生して主人公に奇跡の再会を果たすという内容を薄いと言う方がおられるが、そこを焦点にするべき映画ではないと思う。

少なくとも犬が大好き
>>続きを読む

転々(2007年製作の映画)

4.0


良い。只々、いい。

映画の進むテンポと登場人物達が作り出す空気感が最高に心地いい。

「たち」でもしようかな。

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

4.4



音楽好きな人にはたまらない作品。

エンドロールの時にたまたま自分の部屋を通りかかった祖母が一緒に歌っていて、微笑ましくなりました。

クリントイーストウッドが彼らのこと大好きなんだなぁと、最後の
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.5

IMAX2Dで鑑賞。

ノーランが実話を基にした映画を作ったと言うことで、期待度高めで臨みました。

結果は期待通りかそれ以上。今までにあるような大掛かりで謎めいたストーリー性は低いものの、圧倒的な映
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.2

メガネくん、良い。笑

登場人物がみんな可愛く見えてくる。

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.3


観たい観たいと思っていて今になって鑑賞。

すげぇ!!って映像をこれでもかと見させれられた。

ストーリー性をもっと強めて欲しかったかなぁ。

宇宙系が大好物な方には満足できると思います。

エレファント(2003年製作の映画)

3.6


映画が進むにつれて、ゆっくりと死に近づいていくような気分に見てる側もなってしまう。

終始登場人物達を後ろから撮る不思議なカメラワークが、その気分にさせてくれたのかもしれない。

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.6

ノーラン節満載。

見て損なしというか絶対に見るべき三部作。

横道世之介(2013年製作の映画)

5.0

只々最高な映画。
世之介のような人になりたい。

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(2011年製作の映画)

3.2


授業課題として鑑賞。

メリル・ストリープの演技力を改めて思い知らされると同時に、サッチャーの人物像もよく分かる映画でした。

ただ、構成が少し退屈?な感じがしてしまった。

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.8


憧れちゃいけないんだろうけど、あの4人に憧れてしまう。

驚いたのは字幕!あんなイギリスの汚い表現を翻訳してたのが女性だなんてびっくりしました。笑

サントラ買いたくなるくらい、挿入歌も最高!!

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.3


不思議な世界観にどっぷり浸かった感じ。

アジカンが死ぬほど好きだからかもしれないけど、最後のエンドロールは鳥肌立ちました。

四畳半も観ようかな。

インセプション(2010年製作の映画)

4.6


20代になろうかというところで初めてクリストファー・ノーランの作品を鑑賞。

話は難解でしたが約2時間半があっという間に感じる最高の映画でした。

もっと早く観るべきだったという後悔と共に、ノーラン
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.9


とにかく役者がすごい。

セリフを発さず、母親を睨むシーンが非常に印象的だった。

薬や同性愛、親子間の軋轢などの非常にシリアスな内容。

正直なところ作品賞は訂正される前で良かったのでは?と思って
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.9

久々に映画観て大声で笑った。お気に入り映画の仲間入り確定!!

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.7

やっぱりカバーするだけじゃもったいない!曲作りたい!!と、思わせてくれる最高の映画。

>|