タカノリンコさんの映画レビュー・感想・評価

タカノリンコ

タカノリンコ

さかなのこ(2022年製作の映画)

4.5

どこまでがホントの事?
さかなくんが出てくるところはフィクションやろな(笑)
のんの演技が素敵すぎる。
純粋で真っ直ぐで自然体な『みー坊』が凄く魅力的で、周りのみんなをどんどん変えていく。そんなみー坊
>>続きを読む

ブレイカーズ(2018年製作の映画)

3.0

学校の管理体制に反旗を翻す若者ってエモいな。龍臣くん好きやわ。あの笑顔も声も喋り方も全てから良さが伝わってくる。龍臣くんと一緒に笑い、高ぶり、悔しがるそんな30分でした。きっとこれからの物語もあるよね>>続きを読む

永遠の少女(2017年製作の映画)

3.0

病院の服を着てフラフラ歩く少女に青年が出会うことで始まる淡い物語。
物語の序章って感じなんかな?
設定とかこーゆー感じの好きやわ。
ここからそれぞれがどうなっていくのか想像するのも楽しいよね。そのうち
>>続きを読む

マーベルズ(2023年製作の映画)

4.8

何これメーッチャ楽しいやん。
ヒーロー3人が入れ替わるって(笑)
そして、ヒーローでも何でもないカマラの家族達がいい。なんか良い(笑)
最初から最後まで楽しめた。
もちろんエンドクレジットまでね。
M
>>続きを読む

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション それぞれの剣 HDリマスター(2006年製作の映画)

4.0

もちろんTVの方は見てないので細かいことはわかりません。ラクスの偽物とかザクとは違う妖精の生足のこととか。
けれども、ユウナって最低なヤツとカガリの覚悟の無さに怒りを覚えました。
アスランはやっぱり主
>>続きを読む

ラ・ジュテ(1962年製作の映画)

3.5

ほぼスライド写真。
そしてクセが強い。
押井守やテリー・ギリアムなどさまざまな監督に影響を与えた作品らしい。
確かにタイムトラベルものの原点だなという感じ。

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

4.0

動きとかすっげーリアル。
これを作るのにどんだけ時間がかかるんやろ。造形も世界観もなかなか魅力的で続編が気になります。
唯一不満なのは何故字幕なのさ。

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション 砕かれた世界 HDリマスター(2006年製作の映画)

3.5

TVアニメ版は未視聴。
SEEDもうろ覚え(笑)
今回はアスランが主人公ですかね。
え?シン・アスカ?
ガンダムやらガンダムみたいなヤツが多くて戦闘はイマイチ理由がわからず、さらには人物も顔が似すぎて
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.5

トム・ハンクス主演でこの映画をハリウッドでリメイクしたのが『オットーという男』。
主役のオーヴェはガンコで融通がきかない偏屈ジジイ。時折見せるお茶目。『オットーという男』よりもオーヴェの人物像が描かれ
>>続きを読む

オットーという男(2022年製作の映画)

5.0

OTTO偏屈なジイサンだな。
俺の嫌いなタイプの。
と思ってたらドンドン引き込まれてこの作品の優しさに包まれていた。
間違いなくオススメできる作品です。

七人のおたく cult seven(1992年製作の映画)

5.0

今見てもメチャメチャオモロイやないかい!!!懐かしいアイテムや映像。当時、潜んでいたおたくの自分を思い出した。おたくってのは趣味嗜好じゃなくて生き方なんやって改めて思った。
てか、今でも素敵な俳優さん
>>続きを読む

ディアマンティーノ 未知との遭遇(2018年製作の映画)

3.5

冒頭のサッカーのシーンからもうオカシイ。
副題通りの
未知との遭遇
作った人の頭の中をのぞいてみたい。
なんかわからんけど、面白かった。
ディアマンティーノ役の人、ジョニー・デップににてる。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

前作に比べて重めな内容やったけど、物語に引き込まれてまうね。ただ、幻獣もっと見たいし、ニュート・ティナ・ジェイコブ・クイニーの楽しいシーンがもっと見たかったなぁ。しかしながら、ハリー・ポッターのように>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.0

ハリー・ポッターの新作って思ってたんやけど、全然別物でした。
主役のニュートは結構いい歳やし、1つのことに打ち込んできた純粋さみたいなのを感じるね。この時代では魔法使いはノーマジから迫害されてるんやね
>>続きを読む

ソウルメイト/七月と安生(2016年製作の映画)

4.0

幼い頃からの親友との関係って難しいよね。2人だけの世界ならそこですべてが完結するんやろうけど、仲が良いが故にすれ違ったり、自分と比べたり、妬んだり、安心したり。
それでもお互いを思って励まし、励まされ
>>続きを読む

雑魚どもよ、大志を抱け!(2023年製作の映画)

4.0

現実に疲れて小学生の頃は楽しかったなぁなんて思った時にちょうどいい映画。
和製スタンド・バイ・ミー?いやいや、死体も見つからへんし、殺人も起こらない。ごくごく普通のあの頃がここにある。今までに出会って
>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.0

またもや迷宮はいずこへ(笑)
とりあえず無事に1つの結末までたどり着けて良かった。やっぱりバイオハザードの劣化版な感じは抜けず、そしてラスボスの小悪党感は半端ない。そーゆー諸々に目をつむり、アクション
>>続きを読む

ウルトラ6兄弟vs怪獣軍団(1974年製作の映画)

2.0

卒論でハヌマーンについて論文を書いた時に幻のウルトラマンとして紹介されている文献を見つけたのが23年前になります。それがYouTubeで見られる時代になったんやね。
終始ハヌマーンがふざけているのと、
>>続きを読む

メイズ・ランナー2:砂漠の迷宮(2015年製作の映画)

4.0

前作の迷路から抜け出した続きから始まるんやけど、これまた違った大脱走劇ですわ。でも、前作よりメチャメチャ面白くなってる。もはやメイズでもランナーでもないけどな。バイオハザードっぽいよね。そして、続編に>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

2.0

最後まで飽きずに見れた。
でも、言いたいことありすぎやなぁ。
もう少し迷路探索見たかったなとか。
謎解きとかもしてほしかったしね。
アイテム集めたりとかね。
あと、仲間との連携も見たかったなぁ。

前田建設ファンタジー営業部(2020年製作の映画)

5.0

いきなり上司にマジンガーZの格納庫を作ろうと言われた広報部の4人。その中で3人は全く乗り気じゃなくて、むしろ企画がなくなれば良いと思ってるところから始まる。
だんだんとみんなが企画と向き合っていき1つ
>>続きを読む

劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!(2008年製作の映画)

3.0

なんと、脚本が三条陸だと!!!
ダイの大冒険と仮面ライダーWの三条陸先生ですよ。
冒頭の40周年記念からはじまり、ドラゴンボールみたいな顔の悪者・鏡爺が出てきたり、聖闘士星矢のBGMに似たものが流れま
>>続きを読む

銀魂 THE FINAL(2021年製作の映画)

3.0

3人そろってるところからかい!!!
俺の一番熱い展開っていがみ合ってた奴らが力を合わせるとこなんですよ。しかも幼馴染が力合わすって最高の展開やのに。
もう一回言います。
3人そろってるところからかい!
>>続きを読む

ビューティフル・マインド(2001年製作の映画)

5.0

これが実話だと。
まさに、事実は小説より奇なり。
脚色はあるみたいやけど、ほぼ自伝にそっているし、ジョンの大学時代からノーベル賞を授与されるまでの生涯を描く作品ということで、ほぼ順撮りで撮影していると
>>続きを読む

M3GAN/ミーガン(2023年製作の映画)

3.5

やっぱAIの進化はおっかねーな(笑)
子供は洗脳されやすいってのは現代の小学生は両親や学校の先生よりユーチューバーの言うことを信じるという風潮でもわかりきったこと。そんな子供がミーガンに触れるなんても
>>続きを読む

65/シックスティ・ファイブ(2023年製作の映画)

2.8

アイデアや着想は凄く良いと思うんやけど、6500万年前の地球であることの意味をもっと考えて作ってほしかった。恐竜も少なく、いまいち恐怖や迫力を感じられない。そして、もう少し人物の内面や過去も掘り下げて>>続きを読む

BURN THE WITCH(2020年製作の映画)

4.5

#0.8全国配信記念で放送したものを視聴。
以前見た時は理由がわからず視聴を断念。今回は#0.8が追加されたことで物語に入りやすい。
ってか、この部分ないといきなり過ぎてわからへんやろー!!!
ブリー
>>続きを読む

劇場版 銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ(2013年製作の映画)

5.0

パロディから始まったかと思ったら銀さんタイムスリップー!5年後の未来へ。そこでは坂田銀時は死んでいて残されたメガネと神楽は仲違いしていた。
一言でいうと『銀魂の魅力爆裂』って感じ。序盤はギャグ多めやけ
>>続きを読む

劇場版 銀魂 新訳紅桜篇(2010年製作の映画)

3.8

先に実写映画の銀魂2見てるからね。
ストーリーは同じやからね。
個人的にはこっちの勝ちです。
ただ、絵が雑な時あるよね。ストーリーが良いだけに、キレイな絵でもっと盛り上がる時の主題歌をカッコいいのにし
>>続きを読む

サイボーグ009VSデビルマン(2015年製作の映画)

4.0

自分は人間なのか
そう悩む主人公同士のコラボ。
これは内容云々置いといて激アツ。
冒頭からアポロンと戦う009。場面切り替わってジンメンと戦うデビルマン。
009とデビルマンを通ってきた私はどちらも結
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

5.0

つまらねー。
当時劇場で見た感想。
多分やけど、若かりし私には刺激が足りなかった。そして、千尋が不細工だし、涙の表現がキモかった。
あの頃の自分を殴ってやりたい(笑)
2024年TVでやってるのを見て
>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2(2011年製作の映画)

5.0

今回はパート1の不満を解消してくれました。みんな出ます。何と言ってもネビルです。賢者の石の時のことを思えば彼は1番の成長株かもしれません。今回はヴォルデモート軍vsホグワーツということで沢山の人が死ん>>続きを読む

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1(2010年製作の映画)

5.0

ずっとクライマックス!
パート1やのにこのクライマックス感。
ロンは素直で優しいだけに、すぐに闇に影響受けやすいよね。それでもやっぱり憎めね〜。
ただ、ハリー、ハーマイオニー、ロンの出番ばっかで他の人
>>続きを読む

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

4.5

冒頭でハリーに待ちぼうけ食わされた女の子どうしたやろな。ソファになるのが得意なスラグホーン先生は敵なのか味方なのか。変な教科書を手に入れたハリーがそれにハマってハーマイオニーみたいなガリ勉になり、そん>>続きを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

4.3

これは面白くなってきたね。
ホグワーツvs魔法省。裏で暗躍するヴォルデモート勢。ハリーの味方がドンドンいなくなる。そこから加速し始める面白さ。
でもさ、ハリーはホグワーツでこんなに辛い思いして、マグル
>>続きを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

3.5

面白くなってきたね。
ロン、君は(笑)
相変わらず怪しいスネイプ先生(笑)
ホグワーツにいるからといって安心できなくなってきたし、気付かれないように狡猾に張り巡らされる魔の手にハリーはどう立ち向かって
>>続きを読む

>|