まりさんの映画レビュー・感想・評価

まり

まり

映画(72)
ドラマ(0)

インセプション(2010年製作の映画)

3.8

夢の、夢の、夢の…っていう映画。この映画を観たあと、明晰夢を体験し「キターーーーー!!!」となった。
突っ込みどころとかはあるのかもしれないけれど、もう全然飽きさせないです。監督の頭の中はすごいねえ…
>>続きを読む

修道士は沈黙する(2016年製作の映画)

3.4

バックで流れている暗い音楽がよかった。

一見複雑なようでいて、最後まで観るととてもシンプルで、寓話的な映画だったとおもう。わかりやすいという意味ではそれはよいが、サスペンスというか推理をするものだと
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.9

わざわざ言うほどのこともない、リアルで地味な暮らし。だけどちょっとした事が自分の心を掴んで離さなかったり、小さな出来事が実は自分にとってめちゃめちゃ大きかったり、そういうことはある。
そんな輝きはやは
>>続きを読む

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語(2013年製作の映画)

4.0

予想を裏切るだけでなく、何もかもに深読みしたくなり、そしてきちんとその答えが用意されているすばらしい作品ことまどマギ。映画でも完全にそうでした。とにかくこれを作る熱量と才能が本当にすごい。

フィクシ
>>続きを読む

ラッシュ/プライドと友情(2013年製作の映画)

3.7

良いスポ根!!難しいこと考えずに熱くなれる映画
専門的な説明は最小限に抑えられててF-1に詳しくなくても充分に楽しめる作り、でも映像や演出も凝っているので詳しい人も普通に楽しめそう
それだけいい意
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.9

絵の作り方というか見せ方がうまいな〜 トゥーフェイスを見せる時にその全貌を見せる前にゴードンの表情みせるところとか最後の宙吊りのカメラワークとか 最後までジョーカーに翻弄されまくりでした🃏

暗くなるまで待って(1967年製作の映画)

3.2

ストーリーはところどころツッコミ入れたくなるけど最後の機転のきかしあいは思わず目が離せなくなる👀

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.5

背景やオブジェクト、表示されるフォントですらいうまでもなく完璧な美しさ

わたしはストーリーに関しては少しは解説欲しい派、猿のシーンは無の感情で眺めてしまった人間なので無粋ながらこの点数🐒
でも色んな
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ハラハラし続けましたが伏線の回収が分かりやすいし見事で切なすぎるラストもスッキリ

海藻が漂う緑の海を平行に泳ぐ兄弟、赤ワインに煙草をくぐらせながら土星への夢について語る主人公 この2つのシーンかな
>>続きを読む

ナビィの恋(1999年製作の映画)

3.3

この映画の主人公はナビィばあちゃんでも菜々子でもなく恵達じいちゃんなんだろう。ばあちゃんを思う行動の一つ一つ、切なくてものすごい愛があふれていて泣けてしまう。だってブーゲンビリアの中のナビィばあちゃん>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

3.7

自分の殻を破れ!過去に囚われるな!!って世の中簡単に言うけども、何千倍も難しいことだ。でもこの映画に言われたら全然嫌味じゃなくて、ほんとそうだよなとやっぱり思う。そう思えるのはシンプルな脚本とすばらし>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

3.6

息がつけない展開とはこのこと。画はグロ過ぎない、最後のあっけなくてショッキングな展開も映画を壊さずに終わってよかった。

酔拳2(1994年製作の映画)

3.5

こういう映画は全く見たことなかったけどひたすら爽快だった!コミカル部分とアクション部分の配分が絶妙。何より渾身のアクション!

チェブラーシカ(1969年製作の映画)

3.4

昔版の色合いが本当にかわいいし困りがちだけどいじらしい表情が本当にかわいいよ〜 毒っ気があってぶっとんでるところあるのでところどころビビるけど基本的に優しい世界なので安心して観て大丈夫です
個人的には
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.3

好きすぎて漫画を即買った。大変なんだけど、まだ平熱だ…って感じで過ぎていく日々の描き方が本当に秀逸。フィクションでも現実感がある。

かもめ食堂(2005年製作の映画)

3.8

何回か観てるけど、何回観てもいいな。こういう世界があるかもしれない、と思うことがこころを軽くする。やりたくないことをやらないだけよ。

ムード・インディゴ うたかたの日々(2013年製作の映画)

3.2

フランスだっけ?の小説が原作の映画。
ジャケットの多幸感からの落差。非現実的な描写は好き嫌いが分かれると思うけど、多分小説のままにうまく映像化している。何度か見返したくなる、細部までとてもよく作りこま
>>続きを読む

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

おしゃれ。でもあんまり感情移入できなくて、甲斐性なし!みたいに見下されてたら優しい旦那さんも浮気しちゃうでしょうよ!後悔したってあかんやん!としか思えなかったよ〜。。

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

3.0

みるめくんは最高にかわいいな。あとANGELは名曲です。サントラけっこうすきです。

ホテル・ルワンダ(2004年製作の映画)

4.0

個人的にはかなり名作。悲しい場面は多いけど残酷な描写はほぼないのでふだん紛争系を見ない人にも見てほしい。

ホノカアボーイ(2008年製作の映画)

3.4

倍賞さんかわいすぎて涙涙涙。ゆるいけど切なくなって爽やかで好きな映画。揚げドーナツたべたいね

>|