そーす太郎さんの映画レビュー・感想・評価

そーす太郎

そーす太郎

映画(414)
ドラマ(9)

喜劇 愛妻物語(2020年製作の映画)

4.0

ひたすら水川あさみに怒られ続ける至福の2時間。怒られることと甘やかされることは紙一重だと改めて思った。あと夏帆が凄すぎる。あらゆる意味で過去最高の夏帆だと思う。

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

2.5

エメリッヒ新作。ひと昔前の戦争映画という感じで新鮮さはない。空中戦の迫力は凄いがその中のサスペンスとかドラマの作り方に正直あんまり見所がなく…。想像通りといえば想像通りな映画でした。正直明日には忘れて>>続きを読む

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

4.5

チャーリー・カウフマン新作。大傑作!こんな悲しい話があるか…。序盤のなんとなくのイメージで、倦怠カップルものかな?と思ってたら、そんなに甘いもんじゃなかった。もっとやばい話だった。めちゃくちゃおもしろ>>続きを読む

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)

3.0

特に前半だが、明らかにマジックが起きてるショットが何箇所かあって見応えあり。だが、エモーショナルの塊のような圧倒的存在の琴子なき後半の台風クラブ展開では明らかな失速。やたら説明的なのも気になり始める。>>続きを読む

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.5

久々にピクサーらしいピクサー作品でとても満足。何かを見つける話ではなく、見えてなかったものに気づく話でした。

ムーラン(2020年製作の映画)

3.0

伝えたいメッセージがキレイに整理された1本に。膨らませたものの、ややアクション的カタルシスに乏しい気もするけど、ウェルメイドに上手くまとまってたと思う。

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

5.0

この映画で描かれるすべてが「最高である」としかいいようのないもので、切なさと多幸感で胸いっぱい。最高!

人数の町(2020年製作の映画)

4.0

同じようなことをやろうとして爆死したあまたの和製SFとは一段出来が違う。限られた条件で世界観を構築。批評性も見事で見応えがあった。

海辺の映画館―キネマの玉手箱(2019年製作の映画)

4.2

大林宣彦、魂の遺作。熱量の塊で、かつめちゃくちゃアバンギャルド。圧倒された。

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

2.0

最高の材料を最悪の料理にした1本でもったいない。かつての中田秀夫はもういない。

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

4.5

暗黒青春版ララランドとでも言いましょうか。かつて自分にもあったかもしれないどろっとした醜い嫉妬心と向き合わされる1本。想像以上の見応え。

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

3.5

三木監督の女優撮影力とタッチ、テーマが見事に合致。主演4人がとにかく素晴らしい。が、だからこそそこを信じてナレーションと回想はもっと切っていってよかったのでは。

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

素晴らしい青春映画ではあるという前提で、このロケーションとエキストラ数で夏の甲子園1回戦のアルプススタンドとして見てくれというのはあまりにも無理がありすぎる。見立ての文化である舞台ではこの辺が気になら>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

4.0

めちゃくちゃおもしろい脚本をサービス精神たっぷりにちゃんと面白く撮ったお手本のようなエンターテインメント。最高。

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

4.0

本国上映中止になったウディ・アレン新作。ウディ・アレン問題が今後どうなろうと、この映画が光輝いてることは間違いない事実。

透明人間(2019年製作の映画)

5.0

今年ベスト級。
透明人間とDVやストーキングの恐怖を混ぜ合わせた新解釈がキマリまくり。ずっと観客を不安にさせ安心させない。その徹底ぶりに感動した。

ランボー ラスト・ブラッド(2019年製作の映画)

4.0

「最後の戦場」は最後ではなかった、「ラストブラッド」もラストではないのだろうと思う。暴力に終わりなどなく、ランボーは戦場から逃れられない。悲しい映画だった。

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

4.0

想像の倍くらい重く、思春期の自意識と向き合っていて心がえぐられた。父親目線の描写がどれもよくて、周りに自分のことを完全に肯定してくれる存在がいることの尊さと重要性をとても感じた。

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

4.0

ハーレイクインがひたすらにキュートでカラフルでポップで抜けがよくカラッとしたポジティブさに溢れてて、多幸感の塊だった

初恋(2020年製作の映画)

3.0

矢島舞美の酔っ払い看護師が最高(そこかよ)

ナイチンゲール(2019年製作の映画)

5.0

今年ベスト級。序盤あまりの悲惨さ残酷さに久々に映画観てて吐きそうになった。歴史というものの身も蓋もない暴力性、残酷性をひたすら見せつけられる130分。「ババドック」を撮ったジェニファー・ケント、ほんと>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.5

絶望と、そこからの救済は紙一重のところにあるなと思った

ラストレター(2020年製作の映画)

4.0

いい意味での岩井俊二の気持ち悪さが炸裂してた。好きです。

キャッツ(2019年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

気に入らない猫を褒め称えおだてて空に追放したようにしか見えない

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

4.5

昔の他人事が今起こりうる自分事になる素晴らしいドキュメンタリー。制作過程の労力を思うと頭が下がる。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

5.0

戦争ジュブナイルラブストーリー。好きすぎる。ボロ泣き。

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

3.5

リチャードジュエルさんの絶妙にひとこと多い感じが良かった。

>|