そーす太郎さんの映画レビュー・感想・評価

そーす太郎

そーす太郎

記録用。新作だけ星つけてます。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.0

おもしろかった。過剰であることの大事さを再確認。しかもちゃんと過剰。ここがえらい。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

-

おもしろかった。合戦シーンがとにかくすごい。もしキングダムを実写化するならバーフバリのスタッフがやるべきだと思った。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.5

素晴らしかった。痛いけど、愛おしく、可愛いけど、憎たらしい。素晴らしき松岡茉優。

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

-

めちゃくちゃ素晴らしかった。人を変えることはそんなにたやすくないということを突きつけつつ、その一歩向こう側を見せてくれるような映画だった。

そしてなによりエミリア・クラークの驚異的なキュートさ。最高
>>続きを読む

クローバーフィールド・パラドックス(2018年製作の映画)

2.0

予告解禁から配信までのこの試みはとてもおもしろかったが、映画自体はここまでとっちらかった映画は久々に見たなぁという有様だった。

羊の木(2018年製作の映画)

3.5

スリービルボードと鏡のような作品だった。しかしやや散漫だったかなぁ。女優陣はみな素晴らしかった。吉田監督なのでもう一歩向こう側を期待していたが…

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

人間の捨てたもんじゃない微かな希望と、隠れている大きなどす黒い恐怖が混在する映画で、そのバランス感覚が良かった。

デトロイト(2017年製作の映画)

4.5

不条理劇としての強度、つまり胸糞悪さが人生でもトップクラスで、見ていて辛すぎて泣きそうになった。やや尻尾が長い気がしないでもないけど、キャスリン・ビグロー最高傑作であると僕は思う。凄まじい映画だった。

パディントン 2(2017年製作の映画)

4.0

こんな時代だからこそ、理想論を、人間の善のパワーを、諦めちゃダメだということを、パディントンと周りの人々の優しさで改めて気づかされる。前作に引き続き、今作も文句なしの傑作。

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

-

荻上直子作品は今まで一本たりともおもしろいとおもったことはなかったが、今回はまじ素晴らしかった。

生田斗真がほんとにすごい。素晴らしいおっぱい映画でもあった。

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ポアロがわりとエモいおじさんで、ちょっと好みと違ったというか…ラスト周辺はポアロの感情むき出しで…あとちょっとウエットすぎて胃もたれ。。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

アクションは前作の焼き直し感があり、同じような撮り方の連続なので新鮮味がなかった。

お話がつまらないし長い。ジュリアン・ムーアはよかったけど、キャラクターに魅力がない。

あと犬のJBの死を特に触れ
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

この嘘は墓場まで持って行って欲しかった。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

スターウォーズは選ばれし者の物語から、名もなき者たちの物語へ。フォースの解釈と、そしてあの人生ベスト級のラストシーンで忘れがたい映画となった。これは僕たちの物語だったのだ。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.0

とてもよかった。みんな1人で勝手に大きくなった気がしてるけど、まわりにいる誰かに少なからず支えられて生きてるもんだよなぁと思った。

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

3.5

パラノーマンほどの爆発力は個人的にはなかったけど、ライカらしい赦しの物語にはグッときた。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.0

みんながみんなツライ現実を乗り越えられるわけじゃないという厳しくも優しい映画だった。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.5

子役が凄まじかった。天才だけどやっぱり幼い子供、というのがスパークする後半はうるっときた。展開はややダイジェスト感が強かった。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.5

クライマックスがややウェットすぎるのと説明的すぎたが、最後の最後の反復に涙

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.5

極上映画体験。想像以上にしっかりドゥニ色の映画だった。ロジャー・ディーキンスすごい。

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

-

ひさびさに各バージョンを見直したがやはりファイナルカットが一番しっくりくるのは世代だろうか

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.0

お話はよくある騙し合いスパイものなのだが、なにより映画のデザインが素晴らしかった。あとアクションの撮影と編集とシャーリーズセロン。

ローマの休日(1953年製作の映画)

-

1人の少女が自らの運命と向き合い受け入れる成長譚。やはり完璧な映画。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.5

何度死んでも基本的にめちゃくちゃ前向きなイヌの姿勢が良かった

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.0

展開がやや強引、ミステリーとしてのおもしろさもない。けど、以外にも攻めてたゴア描写と、なんといっても吉高由里子が素晴らしかった。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

4.0

ちょっと演出がテレビっぽいかなぁと思いつつ、苦い恋愛ものとして過去の思い出がいろいろ蘇ってきて割と刺さった。

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

黒沢清新作。意外にもハートフルなコメディだった。「しょうがないなぁ」とついていく長澤まさみがとても良かった。