ていていさんの映画レビュー・感想・評価

ていてい

ていてい

映画(849)
ドラマ(3)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

ハニーボーイ(2019年製作の映画)

3.4

主演キャスト3人(特にノア)が好きで見たけど内容は個人的な物語というか観衆受けを狙わない作品。過去の出来事を淡々と描いている感じで伝えたいことが不明瞭。幼少期の辛い経験でPTSDになった人の更生がテー>>続きを読む

ノーザン・ソウル(2014年製作の映画)

3.8

アマプラ、UK音楽系映画をたくさん配信してくれてるので片っ端から鑑賞中。
おもしろかったです。
挿入歌はタイトル通りノーザソウルの曲ばかり。いかに主人公の頭の中がノーザンソウル一色だったかと言うことが
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

依存症の映画ってその患う主人公だけフォーカスがあたっていて集会のシーンが多く精神論で語り続けてちょっと退屈なものが多い印象だけど、本作は目線が父親で、患う息子と父、元妻、今妻をはじめとする家族との一応>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.2

こんな名作があったの知らなかった。
好きなことにしか興味がなく没頭すると周りが見えなくなる我が子。
ついつい親の都合や規則正しい生活を送らせるためにその集中を遮ってしまうことがあるのだが、改めなければ
>>続きを読む

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)

3.5

ガスヴァンサントの映画は初期作品から見ているせいか一応観ておかなければという半分義務感にかられて見てしまう。
さらには好きな俳優ばかりだし見るよね。
ジョンの半生が描かれているんだけど、アルコール依存
>>続きを読む

女は女である(1961年製作の映画)

4.0

追悼の意を込めて未鑑賞だった本作を観た。ゴダール、人物的には一癖二癖あるのかもしれないが、だからこその唯一無二の作風。
たくさんの独特で新しい手法が取り入れられていて公開から60年経った今でも新鮮でお
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.5

大好きな北欧映画でまたもや秀作に出会ってしまった。
最愛の妻の死によって凍りついてしまったオーヴェの心に土足でズカズカ入り氷を溶かしていくパルヴァネとのやりとりがなんとも心温かく、温かい涙が何度も出た
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

以前『エール』を観たことがあったのでレンタルになるまで待っていてようやく鑑賞。文句なしの作品賞受賞。
最近多い伏線回収とか長回し撮影とかの工夫は無く、とにかく『家族愛』一本でどストレートに勝負するシン
>>続きを読む

HUSTLE ハッスル(2022年製作の映画)

3.8

アダムサンドラー、久しぶりに見たら味のあるシニアに!彼はどんな時も善人役が似合うね。
主要キャストも豪華。
ボー役の人、バスケうま…と思ってたらスペイン代表、NBA選手とは。
隣で見てたバスケ好き夫は
>>続きを読む

エルヴィス(2022年製作の映画)

4.0

This is Baz Luhrmann’s film!
煌びやかなオープニングからドキドキして始まり、Elvis曲に乗せたエンドロールのあとにBazスタイルの曲(Eminem、Swae Lee、Ma
>>続きを読む

君と一緒に過ごした夏(2022年製作の映画)

3.6

よくある見やすいさわやか青春映画。
家族とちょいもめ、女友達とちょいもめ後仲良くなる、彼とちょいもめ後まとまる、夜のデート、パーティー、プロム、夏、とほんとよくある設定・流れなんだけど、センス良い音楽
>>続きを読む

1917 命をかけた伝令(2019年製作の映画)

4.0

面白かった!戦争モノが苦手な人でも楽しめるネオ戦争モノというか、とにかく斬新。
長回しが観る人を映画の中に連れ込んでくれる効果をもたらすのは今や周知の事実だけど、本作ほど長回し撮りを多用し、流れるよう
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.7

期待より面白かった!
邦題残念作品のひとつ😭
確かに登場人物や似た顔の人が無駄に多く詳細を理解しようとすると大変なんだけど、伝えたい事実はシンプルなのでそこだけを見つめるとスッと意外と映画は見やすかっ
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.5

ブラピもエドワードノートンもデビットフィンチャーも好きなのになぜか未鑑賞だったファイトクラブ、ようやく見れた!期待以上に最高でした。
23年前の作品とは思えない斬新さ、かっこよさ、ユニークさ、エグさ!
>>続きを読む

グッバイ、リチャード!(2018年製作の映画)

3.5

個人的に久々ジョニーデップの映画見たけど、変わらぬ目力とちょっと飛んでるキャラが似合う。
映画自体はう〜ん、テーマはシリアスなんだけど、話は章で区切られていてブラックユーモアも盛り込まれたりとライト。
>>続きを読む

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

4.1

監督の長編デビュー作とは思えない秀作。監督としては遅咲きだなーと思いしらべたらそれまでは俳優をされてたのか。
監督自身が酪農家に生まれただけあり、まるでドキュメンタリーのようなリアリティある映像。偽り
>>続きを読む

僕と頭の中の落書きたち(2020年製作の映画)

4.0

The Chainsmokersの曲聴きたさに軽い気持ちで見たところ思いの外、良作!!
主役のチャーリー・プラマー、演技良し、雰囲気良しですごく良い俳優!今後間違いなく要チェック。
ヒロイン役のアナソ
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ) 2021(2021年製作の映画)

4.0

息子の映画館デビューに鑑賞。
映画館で初めて見る作品てきっと誰でも一生心に残るモノ。だからハズレが無く、子どもに学びがあるものにしたくて選定。
自身もドラえもん映画を見るのは初めてだったけど、子供でも
>>続きを読む

マイ・ビューティフル・デイズ(2016年製作の映画)

3.7

恋愛モノとの表記だったけどこれは「青春モノ」でしょう。想定とは違うストーリーだったけど好みの映画だった!
若くてモテキャラじゃないティミーも今となってはレアで見る価値あり。若干19歳にして演技も文句な
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.3

見そびれていたジム・ジャームッシュ作品のうちの一作。ジャームッシュfamily、トムウェイツの歌で始まり、気分が上がる。ほぼほぼタクシーの中だけで完結する会話中心のストーリーだけど、笑いあり、感動あり>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

4.0

デンマーク映画といえば大好きなスザンネビア監督作品位しか見たことなかったけど、こんな「陽」な一面もあるんだと新鮮でとても楽しめた。
ベロンベロンになりながら新鮮なタラを探し回るシーンに声出して笑い、お
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

4.3

出たA24、やはりセンス抜群。ジョナヒル、これが初監督作品⁉︎先が楽しみ過ぎる。
スティーヴィーや仲間、兄、母それぞれの心情とその変化が丁寧かつわかりやすく描かれていて、キャストの演技も良く、一緒に成
>>続きを読む

ベルファスト(2021年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

泣けました。序盤からあちこち泣けました。Van Morrisonの歌が流れるシーンごとに泣いてたかも。
家族愛、故郷愛、母国愛に溢れる傑作。期待以上。
子どもらしい素直でいたずらっ子のバディ、おばあち
>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.8

同性愛、友情、母親との確執、クラシックな音楽とオルタナロックな音楽、道端で撮る印象に残るスローモーションのシーン、カメラのサイズ(撮り方?)を変えるとこ、全てドランらしい作品だった。
惹かれてはいけな
>>続きを読む

>|