なおちんさんの映画レビュー・感想・評価

なおちん

なおちん

凶悪(2013年製作の映画)

-


生々しいグロさというか、
たぶん今回で2回目だけど、
この映画をもう一度観たという事実は、

衝動なのか、
行き過ぎた正義なのか分からないけど、
何かしら閉じ込めてて、発散したいものがあったんだろい
>>続きを読む

舟を編む(2013年製作の映画)

5.0


一生を捧げられるような、誇らしい仕事。
それはとても静かで、日の目を見る機会は数十年に1回しかないのかもしれない。

楽しいからとか、没頭できるからとかそういうこではなく、

仕事を愛す、一滴のしず
>>続きを読む

ホームレス中学生(2008年製作の映画)

-


「お母さんが亡くなった時からホームレスだった。」

「内に戻ってくるのも、ここではないどこかへ行くのもお前が決めるんや」

こんな、言葉が印象的だった。

当時見た、「ホームレス中学生の兄」っていう
>>続きを読む

映画 えんとつ町のプペル(2020年製作の映画)

5.0


見れてよかった!

希望がもらえる。
俺もやってやるぞ!って思える!

2020年はこの作品と共におさらばしよう。

アイネクライネナハトムジーク(2019年製作の映画)

5.0


久しぶりの映画鑑賞!
そして、今泉作品!!

「出会いがないんだよなぁ」

っていう、主人公の弱気な一言から始まり、

その身近にいる人にまで自然とその波紋が広がるように・・・

物語が展開されてい
>>続きを読む

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)

-


「ツレがうつになった原因じゃなくて、その意味って何なのだろう?」

「辛くて、大変だけど、頑張らない。って決めた。」

ツレがうつになったことでのハルの変化が、見もの。


やっぱ人は役に立たなきゃ
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

5.0


美しい。

この映画に関しては、

安易に言葉で表現したくない(できない)って思ってしまう。

2時間という尺の中で、人生というテーマを描いた時、

どうも安っぽさが出るのは、よくありがちだが、
>>続きを読む

五億円のじんせい(2019年製作の映画)

5.0

【あらすじ】

人が、生きるのに一生で費やすお金は約2億円。

それと同じくらいのお金を一生で稼いで、人は死んでいく。

幼い頃、難病から募金によって命救われた主人公。

そのお返しという言わんばかり
>>続きを読む

マネーボール(2011年製作の映画)

-


好きなんだよなぁー、マネーボール。

レッドソックスとリバプールを経営するFSGが信奉するってのもあるけど、笑
(最後ヘンリー出てくるし)

リバプールFC30年ぶりのリーグ優勝より
再度見たくなり
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

5.0


一見、クスッと笑えるコメディだけど、

実はすごい深いテーマだったりして...


利権にまみれた国会であり、それ以上に周辺国に介入されすぎていて、本当の意味でお飾り総理なんてことも考えられなくはな
>>続きを読む

20世紀少年<最終章> ぼくらの旗(2009年製作の映画)

-


ちょうど中学生の頃、

このケンヂを見て、

ギターを弾いてみたくなったのを思い出した

今こそ、Bob lennon

美しき緑の星(1996年製作の映画)

5.0


3800円もして初めて、新品DVDを買ったけど、見る価値のある作品だなぁ←ヨーロッパで公開・発売中止作品。(他の人のレビューにありましたが日本版はフルじゃないのですね、、)

観る人・タイミングによ
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます


ふつーに、面白かった!!

ただドッキリって分かっちゃうから、アクションシーン(包丁刺される)は、当たり前だけど、そこまで驚かないw

赤星は、もう騙されることにハマってますね...笑

真実も偽物
>>続きを読む

ブラック校則(2019年製作の映画)

-


ちょっとこれは期待外れ、、、

登場人物にあんまり感情移入できないし、流れがよくわからなかった。

オチもすっきりしない、、


ノブタを少し真似たような、、


どういう風に教育問題にぶつかって行
>>続きを読む

mellow(2020年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます


やっぱ今泉作品好きだなぁ


「私、...さんが好きです。」

「ありがとう。でもごめんなさい」

その言葉が連鎖していく。つながっていく。

"花"はちょっぴり背中を押してくれるものであって、また
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

5.0


ずっと見ようと思ってて、ようやく観た。

"美しさ"と"怖さ"が表裏一体のような、一人称の視点で宇宙を体験した気がする。


"ない"からこそ、"ある"ありがたみを噛みしめられるし、それこそラジオの
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

5.0


近い将来、仮想現実か"現実"かを選択する時が来るんだろうなぁって、思う。
(もしかしたら、もうすでに仮想現実の世界にいるのかもしれないが、、)

もし荒廃した世界が現実ならどちらを選ぶだろうか?
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

-


原作未読

「身近にあるものを最大限活かせ!」

「プロとして、普通の生活を1年間全うする」

なんだが今の自分に染みるなぁ笑

普通の暮らしって本当に難しいなぁ
(時給800円の男)もう少し稼ぎた
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます


黒ひげの船の仕組みどーなってるんだ??

ワールドエンドまでのキャラがあんまり出てなく、寂しさも感じる、、、

人魚は宣教師をどこに連れていったのだろう??

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007年製作の映画)

5.0


170分の長編だったけど、楽しかったなぁ!

謎に思ったのは、なぜクラーケンが死んでるのか?と、ジョーンズがウィルを躊躇なく刺したのはなぜか?

10年に1日だけもウィルとエリザベスにとっては大切な
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006年製作の映画)

-


最後のあの人の登場は胸熱!

ブラックコンパスが差した先が気になるな、、

ジャック最低だけど笑笑、終わり良ければ全て良しって思えてくるな笑(終わりではないけど)

結局、ジャックは単純なほど自分の
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

-


最近は悪役が主人公のものに、ハマってる気がする。。

でもやってることは正義な時があったりして、そこが好きなのかな?

>|