宇田哲也さんの映画レビュー・感想・評価 - 3ページ目

宇田哲也

宇田哲也

目指せトーホウシネマズフリーパス

メッセージ(2016年製作の映画)

4.5


スンバラシイ!

ラストの展開にはやられた!

なんと言う愛の物語か!

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.5

まさかの 聲の形 3度目の鑑賞にしてさらに感服でございます。

障害といじめ が描かれるからそういうフィルターで見てしまいがちなものの

こいつぁ 本当に普遍的な ”表現”ですよね

気持ち 言葉 手
>>続きを読む

マイマイ新子と千年の魔法(2009年製作の映画)

4.5


片渕監督作品はまだ見れてない作品ありまくりですが、ほんまええ

監督の作家性がよく出てる今作

クラッシュ(1996年製作の映画)

3.4


わーお

交通事故とセックス!

革のシートにべっとりつく体液

ごくり・・・

バラード先生の話はようわかりまへん!

ただ見ながら昔ノロウィルスと医者に診断されたときに、ふと風俗に行きたくなった
>>続きを読む

あなた、その川を渡らないで(2014年製作の映画)

4.5


号泣だよ馬鹿野郎!

ただただ泣いたわ馬鹿野郎

服を燃やすシーンがやば過ぎて

あかんはこれあかんわ

遠雷(1981年製作の映画)

4.5


見始めた時は時代を感じ、最初のみっちゃんのカッコつけた感じが嫌だなあとか思って見ていて。

いやあ今2017年で時代ってこんな変わったんだなあとか思いつつも石田えりがただただ可愛くてきゅん死にしてし
>>続きを読む

ディア・ドクター(2009年製作の映画)

4.1


ただただ私、西川先生の映画が大好きです。

先生が痔があるっていってた

と娘が言った時の母の笑みにただただ泣きました。

パッと手を差し述べなきゃ

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.0

サイコ女は嫌いじゃないよ

嫌な女はとっとと死んでくれ!!

着信拒否が胸に響く映画でした

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

3.5


まんまと行政の対応にイラついてしまうも

役所の人は社会システムの一員としてちゃんとお仕事してるだけだからしょーがない。

ダニエルブレイクを人じゃなくて犬だと思ってる人がいるとしたら誰なんだろう?
>>続きを読む

ダークレイン(2015年製作の映画)

3.9


ぶわはははは

ただただ面白かった!

ただ内容整理できてない!


´д` ;この監督やべー!

ホドロフスキーの虹泥棒(1990年製作の映画)

3.6


´д` ;ほっホドロフスキー

ネズミに切り身をあげちゃうくらいなんだもん

なんと言う感動巨編か!

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

3.5


わかるよ

昔 小便した後の便器にお金が落ちて

悩んだ挙句泣きそうになりながら手突っ込んだから

詩人の血(1930年製作の映画)

4.0


砂糖どうする?

じゃあ黒糖で!

カフェ詩人の血とか羨まし過ぎる

イレイザーヘッド(1976年製作の映画)

3.6

消しゴムってこうやって作るんだって

いい参考になった!

ロブスター(2015年製作の映画)

3.5

あなたもさいご

北野武か!

って突っ込んだはず!

アーヌルフ・ライナー(1960年製作の映画)

3.1


ドュシャンの泉ばりに

こんな映画ありなんだと

勉強になりました

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.5


最初はどうせくだらねー

有村架純の

太ももと谷間しか見所ねーと思ったら

普通に見やすくて面白かった

おくりびと(2008年製作の映画)

1.5


最初は

あぁいい映画だなーって

思いながら見てて

最後らへんで

あっクソ映画だなと思った

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

4.1

なんと面白い!

脚本 演出 秀逸!

ララランドとムーンライトは超えてました


林檎飴が林檎の雨で

鯉が落ちると恋に落ちる

駄洒落好きにはたまらない

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.0


押井の映画から

哲学と情緒を見事に消し去った作品

友人の感想ああ確かになと納得するばかり。

面白いんだけど

やっぱり電脳の海にダイブする素子さんの衝撃はなかったなあ

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.2

いやあ

ビビりだから絶対に映画館で見たくないなあと思っていたので、
レンタルで鑑賞!

´д` ;スポイトで注入されてしまうところまでやるかやらないかが分かれ目ですね!

皆んな悪いやつだからなんと
>>続きを読む

ブタがいた教室(2008年製作の映画)

3.1


別に命がどうとか

豚を食う食わないはどうでもよくて

単に子供が泣きながら真剣にぶつかっていくってなんか良いよねってだけで

みんなとんかつ食べよう!

私はこれから牛カツ食べに行きます!

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.5

なかなか僕にはハードルが高くてよくわかりませんでした。

私性的マイノリティには基本関心が薄く別に好きもの同士がフェラしようが立ちバックしようが、
どうぞご自由になので

貴方のために取っておいた
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

4.4



おえー


映画でした!

良く良く思い返すと

全てが良いってくらいに

印象的なシーンしかなかった

´д` ;

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.0


もう最高ですね!

この映画睡魔との戦いでした

導入とわかっていてもクソつまらないんすよ!

死ねやってくらいにつまらなくてララランド同様数分で睡魔に倒れました。

ところがどっこい

デカイだけ
>>続きを読む