よさんの映画レビュー・感想・評価

よ

映画(1164)
ドラマ(218)

ザ・ベビーシッター ~キラークイーン~(2020年製作の映画)

3.3


B級スプラッタコメディ「ザ・ベビーシッター」の続編
前回の方が面白かった。

最後の方のSF的な演出はどっちかというと冷めるタイプ

あいかわらずのドタバタ感だけで楽しめる感じ。
選曲のバラエティ感
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます


開始5分で始まるギミックに身体全体で喜んだ。

過去と未来からの「挟撃」

並行世界的な概念ではなく、一つの時間軸に複数の自分があって「観測」しているかしないかでこの世がなりたってるという理屈が最高
>>続きを読む

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

3.5


実家のくだりの入りが好きそうってなったのだけど
それより先の好きにいきつかなかった。

後半の展開やオチのつき方を総称するとちょっと嫌いな映画

惡の華(2019年製作の映画)

3.3


押見修造の漫画って実写化しちゃうと恥ずかしさが浮き彫りになっちゃうとこある。

でも玉城ティナかわいいし伊藤健太郎くっそかわいい顔してる

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0


パソコン画面上だけって前にアンフレンデッド(たぶんサーチより先)ってホラーがあったけどあっちは上手くハマれなてなかったですが
こっちは上手くいっていたと思う?

パソコン画面にする事で父の行動力と優
>>続きを読む

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel II. lost butterfly(2019年製作の映画)

4.0


二作目レビューつけてなかった。

衛宮士郎の桜への決意
セイバーオルタ登場
ギルのかませ
の三つが印象的な第二弾でした。

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel Ⅲ.spring song(2020年製作の映画)

4.3


桜ルートだけでみたら好きな子の為に頑張るよく見る主人公らしい衛宮士郎なのだけど
セイバー、凛ルートを経て見ているからこそ
人間味あふれる衛宮士郎にグッときてしまった。

別世界線のエピソードも匂わせ
>>続きを読む

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.4


スティーブンキングの子供に容赦ない節と
宗教じみた背景がどーも日に日に冷めて見てしまうようになってしまった。

今風かつ見易くはなっていると思う。

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.7


学校総出で応援に行かなければいけない高校野球の応援席の端
スポットライトの当たらない子たち。青春を逃した子たちの青春。

くすぐったい感じのモヤモヤ感がたまらなかった。
こういう日本映画は好き。
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

4.2


ずっと永田の身勝手な行動にモヤモヤしてた。
こんなやつクズとかでもなく、こういう事あるよねって共感でもなくて、

なんでモヤモヤするのかずっと考えながらみてたら最後のサキの言葉でスッキリした。

>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

3.7


開始早々にオチを匂わせてるのは面白い。
これは結構終わり方に気づく人多そう。

宗教的な意味が読み取れたわけではないのだけど
もう少し理不尽な話でもよかったかなって思う。

世界観が好きなので◎

CUBE(1997年製作の映画)

3.4


昔見たことあると思ってたら観たのは1じゃなかった。

暴力的に行き過ぎなところはあるけど異常事態での考え方が人間らしくて
一番共感できるのが敵役の警官なのが皮肉めいて面白かった。
極限状態で善人であ
>>続きを読む

ひとよ(2019年製作の映画)

4.5


あくまで主人公は子供たちで3兄妹がそれぞれ現実を違う形で受け止めている。

到底経験できる環境じゃないのにそれぞれの葛藤や苦悩は痛いほどに伝わってきた。

そんななかで母親の語られない15年間の苦悩
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

3.8

ハッピーエンドとわかってても
どこから茶番か見破るのは難しい。
それが楽しいコンフィデンスマン


このタイミングの三浦春馬は刺さる。
カッコいい演技最高でした。
これからすごく寂しいです。

織田ち
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

3.8


カタギのボクサーがヤクザの構想に巻き込まれてついでに女の子と逃げちゃう話。
シンプルで面白かった。三池監督はこういうのが好き。

あまりにも染谷将太が濃くて窪田正孝より主人公しすぎてた。
アニメーシ
>>続きを読む

アナと世界の終わり(2017年製作の映画)

3.0


待望のゾンビミュージカル!
っと思っていたが蓋をあけたら物足りなさ満点だった。

前半の青春パートに2曲は重たい。
肝心のボーリング場でのゾンビ初戦では歌わないんかい!っと思わずツッコミ。

ゾンビ
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.2


主人公は葛藤しながらも行動を何もしない、モヤモヤする。

最後はフラッシュモブみたいなことして運良く女落として自分に酔ったダメダメ主人公

ビートルズと一緒に色々な大切なことが忘れられてしまった悲し
>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.6


ドキドキ!B級ワニワニパニック映画!くらいのテンションかと思っていたら導入の引き込みが上手くてすぐに入り込めた。

想像以上の絶望感と緊張感でほどよかったし
泳ぎの速さが取り柄の主人公がワニ相手にス
>>続きを読む

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.7


いろいろ面白いことやろうとしてるし
話的にも心ざわつかされる映画でした。

けど何もひっかかってこなかったなぁ

カツベン!(2019年製作の映画)

3.8


周防正之映画はいつも題材がちょっと変わったとこにあって
普通だったらか入りこむのが大変なんだけど
いつもなんだかんだで見れてしまう。

舞妓はレディが好きなのですが
知らない世界をさらっと楽しく見せ
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.0


12人の子供たちのキャラクターが面白くないミステリーで潰れてしまった。

自殺をテーマにティーン向けに話考えてエンタメすると結末が狭まって大変そう。

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

2.9


クズとサイコパスとアホしか出てこないせいで収集がつかない。
過去回想すら頭悪すぎてヘイトが高まる

観客目線のまともキャラが1人でもいたら面白い切り口にできたかも。

笑えばいいのかわからないシーン
>>続きを読む

イット・カムズ・アット・ナイト(2017年製作の映画)

3.0


外の世界が危険なウィルスに侵されている事でガスマスクを着用するシーンが多いけど
その辺わりと外でも人前でもバカバカ外す。


外部の人間は何故か撃ち合うのもよくわからない。
ウォーキングデッド みた
>>続きを読む

アナベル 死霊博物館(2019年製作の映画)

3.1

マッケンナ・グレイスが相変わらずの輝き。

死霊館の時といい子役の配役がとてもよい。

もはや悪魔とはなんなのかというくらい遊びがかった演出だったけど
こういう映画は何かのお供にちょうどよくて好きです
>>続きを読む

泣きたい私は猫をかぶる(2020年製作の映画)

3.1

気持ちはわかるけど感情移入できなかった。

好きな人がバカにされて黙ってられないのに
自分が無理してるのは黙って見過ごせと言ったり

みんなに心配かけてケロっとしてたのに
急に元にもどりたいなど

>>続きを読む

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower(2017年製作の映画)

3.7


Fateさくらルート三部作の第一弾

ルート別だからまた一から諸々説明あるのかと思ったら
ユーフォが担当した凛ルートを観てるの前提の割愛でスムーズでした。

第一弾なのでおなじみの入りからの大幅なシ
>>続きを読む

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.4


前半の入りがよかったのに後半のドラマは正直この映画に求めてなかったので残念。

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.6


ちょっと理解が追いつかなくて解説みた。

正直妄想説なのかと思ってたんだけど違う見解だった。
まぁでも説得力があったので納得。

トッピなオチに複雑な人間関係をまぜられると処理が追いつかない。
とい
>>続きを読む

TOKYO!(2008年製作の映画)

3.0


メッセージ性が強い三つの作品。

どれも話としては退屈だったけどボンジュノ作品が一番人に届きやすくて美しかった。

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.8


恋人との思い出を記憶消去中の脳内で演出するのは面白い。

ただ設定をもうちょっと優しくてもよかったかも。
会社での質疑応答のシーンの頭につけた装置と
自宅で装着させられた装置の違い等

キャラも内容
>>続きを読む

>|