オパビニアさんの映画レビュー・感想・評価

オパビニア

オパビニア

映画(994)
ドラマ(0)

輝ける人生(2017年製作の映画)

3.0

姉の家に転がり込んで
変わっていく姿がとても愛おしい。

ストーリーはよくある話だけど、
台詞や仕草の細やかなところまで
作り込まれている感じがした。
そんでみんなお洒落。

ラストの展開には
胸が高
>>続きを読む

マネーボール(2011年製作の映画)

4.0

メジャーリーグの舞台裏。

話の大筋は分かっていたし、
実話ベースで淡々と進んでいくけど
産みの苦しみや、
ふたりの想いが伝わってきた。

search/サーチ(2018年製作の映画)

5.0

ずっとPC画面と分かっていたものの最初は少し違和感がありました。
それでもマーゴットが行方不明になってからは何度もゾッとする場面があり、もう目が離せなくなりました。

監督と脚本の勝利ですね。

あと
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.0

始まりの物語。

あらゆる事に無関心で、
楽しければそれでいい、
嫌なものは嫌。

クラブで飲んでるとこなんかは
本当楽しそうで
真面目に働いてるのがバカばしくさえ思えてくる。

でもこんな生活が長く
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.0

とても瑞々しく
あんな恋愛してみたいわー
と思っていたら
途中から完全にホラーです。
もうパニック。

この女優さん初めてみたけど
魔性の女感がすごい。

胸がキュッとなるけど
美しくないラブストーリ
>>続きを読む

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

4.0

夕陽を背にしたふたりが最高に綺麗だ。

絶望的な状況になりながらも、
お互いを愛し、支え合い
さらには他の人の助けにもなりたいと尽力する。

おそらく想像を絶する程
大変だったに違いないが
それでも世
>>続きを読む

オーケストラ・クラス(2017年製作の映画)

3.0

ストーリーはいたって普段。

なぜオーケストラクラスを選んだの?って感じの生徒たち相手に先生が奮闘する。

どうしたら演奏者になれるかー

自らが模範を示すこと、
自分で考えさせることが
肝要だなと感
>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.0

何かでかいことをしたいけど、
何をしたらいいか分からない。
自分もそんな時期があったと思うと少し恥ずかしくなった。

以前助監督って大変とどこかで聞いたけど、ここまでとは。
映画を観る側と造る側では1
>>続きを読む

戦場のアリア(2005年製作の映画)

4.0

クリスマスイブ、
戦場に響く歌声により
休戦となり交流を深めていく。

何と素敵なストーリーだろう。
それも実話なのだ。

何のための戦争か、
誰のための戦争か、
国とは何か、

最後は胸が苦しくなる
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ(2012年製作の映画)

3.0

世界観が面白く
わくわくしました。

ゲーム好きじゃなくても
充分楽しめたよ。

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.0

ベラーズを映画館で観るのは初めて。

ラストという事でもうみんなに
会えないかと思うとちょっと寂しい。

歌はもちろん良かったけど
もっと聴きたかったなー( ´ ▽ ` )

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

3.0

少し眠くなってしまった。

それでもフリダの気持ちの移り変わりが痛いほど伝わってきた。

そんなすぐうまくいくわけないよね。

みんな優しくて温かい気持ちになれます。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.0

セクシーな映画を期待してたけど、
かなり小難しい話。
あっちへ行ったり、こっちに来たり、
あれっ⁈お前誰やっけと思うこともしばしば。

前半の養成機関は衝撃的でした。

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

2.0

三木聡監督の作品は
いつもいい意味でくだらないけど、
今回はただただくだらなかった。

いつものメンバーふせえりや松尾スズキの会話が面白かったのと、
吉岡里帆が可愛いのが救い。

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

前半は全然理解できなくて、
このおっさん何でそんな怒ってんだろーとか、面倒臭い奴らだなーくらいに感じていた。

けれども、少しづつ理解してきて、
いろいろ腑に落ちていくと同時に
心にずんとくるものがあ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ようやくわが町にも
「カメラを止めるな!」
がやってきました。

はい。面白かったです。
前半のワンカット・ゾンビ・サバイバルは臨場感があり、先が読めず、これはこれで個人的には好き。
ただおやっ?ん?
>>続きを読む

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

3.0

主人公を観て
「女って面倒臭いなー」
と思う一方妙に共感してしまう
ところもある。

皮肉っぽい喋り方で
自分のことが嫌いで
毎日もやもやしている、、

お母さんが言ってるよう
みんな多かれ少なかれ
>>続きを読む

マイ・フェア・レディ(1964年製作の映画)

4.0

衣装や音楽がとても素敵。
もちろんオードリーも。
あんな帽子べっぴんさんしか
似合わないよなー。

長いけどストーリーも
割と面白いし最後まで
飽きずに観られた。

ただラストはちょっといまいち。

ガスパール/君と過ごした季節(とき)(1990年製作の映画)

4.0

優しさで溢れている映画。

自分たちもその日暮らしなのに、
あんなに他人の事を思えるのって
すごい。

だからちょっとくらい泥棒に入っても神様が許してくれる訳だ。

ラストはちょっと切ない。

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

なんだろう、すごく良かった。
言い過ぎかもしれないけど作り手の魂を感じた。

コンプレックスを抱えたふたりが傷付きながらも前に進んで行く姿は本当にきらきらしていた。

路上ライブしているシーンでは最高
>>続きを読む

奇跡の海(1996年製作の映画)

3.0

この監督なので
ハッピーな物語は期待してなかったけど
最後は少し救われた。

愛も信仰も善意も
それぞれの形があって
周りがとやかく言うことではないよなー。

色使いや音楽、カット割りが妙。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

序盤はちょっと退屈だったけど、終盤の戦闘シーンは
真にSTARWARSという感じで、
とても胸が熱くなった。

主演の2人のバックグラウンドも
きちんと説明されていて
応援せずにはいられない。

他の
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.0

テニスというより
政治的色彩の強いお話。
権力に立ち向かう姿は勇しく
彼女たちの「覚悟」が周りを
変えていくのも納得できた。

男性優位主義的な発言の数々には
かなり嫌悪感があったけど、
果たして現代
>>続きを読む

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

3.0

ゴダールに関して全く知識が
なかった私が悪かった。

ステイシー・マーティンが
ただただ美しかったという
薄っぺらな感想でごめんなさい。

セラヴィ!(2017年製作の映画)

4.0

あんなにポンコツばかりで
あんなに自由気ままで
よく結婚式が成立するなー
と思った笑

最初から最後まで
ドタバタで終始笑ってました。

みんな自分勝手なのに
なぜか憎めない。

リプリー(1999年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

楽しげな前半から
緊張感のある後半へ

いやいやそんなのすぐ
バレちゃうよと思ったけど
するすると回避して
自分の思い通りに

それでも
随所で描かれている
自分の「地下室」から
逃れられない苦悩は当
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.0

ロックが大好きで最期まで
やり抜くんだ!って気持ちが
ひしひしと伝わってきた。

教師でもなくやり方もめちゃくちゃだけど、応援したくなる。

単純に面白くて、
最期はちょっと感動するし、
いい映画。

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.0

エピソードⅣ以降
長い年月が経って未だに
続編が公開されているって
単純にすごいと思った。

ストーリーは似たり寄ったりだけど、
アイデンティティは失われていないし、
従前の登場人物がきちんと
活かさ
>>続きを読む

海がきこえる(1993年製作の映画)

5.0

とっても良かった。

3人の人間関係やエピソードの
なかで直接的な表現はないんだけど、きっとそうなんだろうなーと
思わせるのがうまい。

これから好きなタイプ聞かれたら
「海がきこえる」のりかこみたい
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

4.0

エピソード4から鑑賞し完結。

1番面白かった。
アナキンの揺れる心が
痛いほど分かった。
そしてダースベイダーに、、、

重要な戦闘シーンが続き
ひとつひとつがとても興奮した。

いろいろな映画で名
>>続きを読む

子どもが教えてくれたこと(2016年製作の映画)

4.0

みんな難病なんだけど
それを受け止め
毎日を過ごしている。

そこには悲観的なところは
ひとつもなく、
希望に満ちている。

何が幸せとか普通とか
そんなこと他人が決める事じゃないよね。

セレンディピティ(2001年製作の映画)

5.0

終始もどかしいんだけど
とにかくロマンティック。

どこで、どんな風に再会するのか
わくわくしながら鑑賞しました。

人生は無意味な偶然の積み重ね
ではない。

私にもセレンディピティが
訪れることを
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.0

序盤からアニーが暴走気味で
ひやひやしました。

2000年代に入ってきて
さすがにCGが綺麗だなー。

登場人物が多く
展開も早いので
付いてくのがやっとでした。

ヨーダあんなに強いのか。
3も楽
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

5.0

ミュージカルはやっぱり好き。

3人のパパ達との出会いは
どれもドラマティックで
にやにやしてしまいました。

歌もどれも良かったけど
ダンシングクイーンのくだりは
本当に最高でした\(^o^)/

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

3.0

冒頭のララララブソングは
キャッチーでとてもわくわくします。
でもみんな同じ様な服着てるのがもったいない!
制服だから仕方ないけど。

懐かしいなーと思う場面もあり
自分が齢を重ねたことを
否応無く感
>>続きを読む

A Film About Coffee ア・フィルム・アバウト・コーヒー(2014年製作の映画)

4.0

コーヒーがもっと好きになったし、
コーヒーをもっと知りたいと思った。

情熱を持っている人はかっこ良い。

>|