オパビニアさんの映画レビュー・感想・評価

オパビニア

オパビニア

マイ・ダディ(2021年製作の映画)

5.0

ムロツヨシさん演じる一男の
娘ひかりに対する愛情に
とても心打たれました。

神は乗り越えられない試練を与えないとか、
汝敵を愛せとか
神父である一男を試す様に
試練が続きますが、
そんなもの全て凌駕
>>続きを読む

となりのトトロ(1988年製作の映画)

5.0

本当にみんないい子で泣けます。

カンタがさつきに傘貸してるんるんなとことか、
トトロのくしゃみがものすごいのとか
大人になって観ると全然違うなぁ。

トトロでこんな泣くとは思わなかった。
日本国民全
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.0

なんだか悲しいミュージカルでした。

どれだけ成功しても満たされない気持ち。
それは1番身近な家族やマネージャーからの
愛やハグがなかったからなのかな〜。
バーニーだけは裏切らず
ずっと側にいてくれて
>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

4.0

今17歳に戻ったらどうするだろう?

そんなこと思いながら
観始めたけれど思ってたのと
少し違いました。
現代で自分が若返るのか。

失いかけた自分の家族を
必死で応援し、
取り戻そうとする
ザックが
>>続きを読む

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

5.0

ルーニーマーラ
ってわからなかった。

40年前の失踪事件を追う
ミカエルとリスベット。
非常に重厚感があり、
目を覆いたくなる場面もありますが
テンポよく話は進んでいきます。
登場人物が多く
ついて
>>続きを読む

マザーウォーター(2010年製作の映画)

3.0

今日も機嫌よくやんなさいよ。

こんな生活したいな〜
がぎゅっと詰まった映画。

いろんな人がいると思えば、
どんなことだって楽しいと思えば、
それはそれで本当に楽しくなっていくんだ。
私はこの言葉が
>>続きを読む

おばあちゃんの思い出(2000年製作の映画)

5.0

のびちゃん。

日曜の朝から温かい気持ちになれました。
そしておばあちゃんに会いたくなりました。

あんな印象的な坂あったのか〜
自称ドラえもんファンだけど
知らなかったなぁ。

21エモン 宇宙(そら)いけ!裸足のプリンセス(1992年製作の映画)

3.0

いもほり号に乗る4バカトリオ。 

掛け合いが楽しく、
展開もテンポよく
あっという間にでした。

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)

5.0

いっしょなら、どこまでも
飛んでいける。

少年トマとアッカたち、
そして家族の物語。

雁がたまごから孵り、
共に空を飛ぶまで
命の尊さとか、愛おしさとか
とにかく微笑ましく
心が洗われるようでした
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

5.0

やっぱりこの雰囲気が好きです。

歌はどれも素敵で
みんなの気持ちが乗っているところが
またいいなぁと思いました。
イヴがお風呂入っているときの
ジェームズの歌。
あれはちょいと正直すぎて笑ってしまっ
>>続きを読む

ホノカアボーイ(2008年製作の映画)

4.0

柔らかく淡い光りに包まれながら
穏やかな時間が過ぎています。

レオとビーさんの不思議な関係を軸に話は進んでいきます。

始めは息子の様に可愛がっていると
思いきや
時折乙女心が顔を覗きます。
海老フ
>>続きを読む

フィリップ、きみを愛してる!(2009年製作の映画)

4.0

これが実話だとはにわかに信じられない、、、

とりあえずスティーブン頭良すぎる。
保険金詐欺から刑務所でのあれこれ。
あといきなりCFOでなんとかしちゃうのがすごい。

それにしても刑務所ね。
お金あ
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.0

スケールが大き過ぎるのと、
常にドンぱちしていて疲れてしまった。

でも先進的でいろんな作品に
影響を与えたのは分かる気がします。

東京オリンピックの予言と
例のバイクが観れてよかった。

オズランド 笑顔の魔法おしえます。(2018年製作の映画)

4.0

世界一の遊園地に🎡🎢

可愛い波瑠さん目当て。
と思いきやかなり痛々しい子。
職場に馴染めない感じは
かつての自分を見ているようで
辛かったです。

それでも魔法使いこと小塚さんと
家族のように温かい
>>続きを読む

トランボ ハリウッドに最も嫌われた男(2015年製作の映画)

5.0

私たちは名前を取り戻した。

政治的な弾圧に対して
決して屈することなく
闘い続ける強さと、
かつての裏切り者にさえ
手を差し伸べる優しさ。

脚本家は書くことしかできないと
出所後は狂った様に書き続
>>続きを読む

ドラえもん のび太の日本誕生(1989年製作の映画)

5.0

ドラえもんのなかでも
大好きな作品。

小さい頃はギガゾンビが怖かったのをすごく覚えています。
でもゾンビって、、、笑

ククルと共に暗闇族を追いかけるところはとても緊張感があり、
サウンドもいい感じ
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

神が私を女にしたの。

心と身体が一致しないリリーの
苦しみや葛藤を見ていると
こちらまで辛くなります。

またそれを支えるゲルダの
優しいこと。

普通ならなかなか受け入れられることではないよね。
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

5.0

サラリーマンの生き辛いことよ。

物語は不倫やパワハラ、
出世争いにデータ改ざんと
いろいろてんこ盛りで
かなりテンポ良く進みますが
2時間ドラマよろしく
相関関係の整理があるので
とても分かりやすか
>>続きを読む

ネバーランド(2004年製作の映画)

4.0

信じれば現実を変えられる。

ピーターパン誕生の物語は
思いのほかビターな展開でした。

家族のことや病気で
いっぱいいっぱいなシルビアを
支えるバリはとても素敵だと思う一方
自身の妻に対する冷ややか
>>続きを読む

イン・ザ・ハイツ(2021年製作の映画)

4.0

「移民の子」と書いて
「ドリーマー」と読ませるのが
良いなと思いました。

故郷を離れ移民として
アメリカで暮らすのは辛く、
夢を追いかけなければ
やっていけないんだと思った。
自分の夢を娘や仲間に託
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

5.0

映画に対する愛が、情熱が
迸っている映画です。

ハダシはじめヘンテコな
ニックネームで呼び合う
女子高生たちが創り出す
時代劇「武士の青春」

監督であるハダシの
映画に対するこだわりや愛、
またそ
>>続きを読む

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

3.0

人生の主人公は誰?

高校時代の仲良しグループ
サニーの再会の物語。

届かなかった片想いや
割と本格的な取っ組み合いと
楽しいことばかりではないけど
きらきらした思い出たち。

一方齢を重ね色々失い
>>続きを読む

es [エス](2001年製作の映画)

4.0

人権無視の恐ろしい実験。

ただの実験なのにここまでやるか。
看守側のボスは
本当に思考が停止して
善悪の判断がつかなくなってるのがよく分かります。

囚人側の記者の子。
取材とはいえ引っ掻き回し過ぎ
>>続きを読む

ブラック・ウィドウ(2021年製作の映画)

4.0

再会した家族の物語。

ナターシャの出自が描かれ、
とても胸が苦しくなりました。
それと同時に偽りだけれども
3年間共に過ごした家族や
アベンジャーズを
本当の家族の様に慕い、
守ろうとするナターシャ
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

4.0

私はソーシャルメディアに明るくなく、
物語も正直腑に落ちないことも多かったです。

それでもすずが歌った瞬間
カタルシスを感じました。

すずの優しさに、
すずの勇気に
完全に心を奪われました。

>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

5.0

圧倒的でした。
私の貧しい語彙では伝えきれない程素晴らしかったです。

気がついたら身体も心も踊っている。
そんな感じです。

トークも秀逸で
私はゲラゲラ笑ってしまいました。

いつか絶対Liveで
>>続きを読む

クール・ランニング(1993年製作の映画)

3.0

安心して観られる映画です。

常夏の国、ジャマイカから
ボブスレーでオリンピックに出場する。
仲間や資金集め、
練習から本番へ
ドタバタといろいろありますが
南米らしい陽気な感じで
乗り越えていくのが
>>続きを読む

午前3時の無法地帯(2013年製作の映画)

2.0

今泉監督と本田翼目当てで鑑賞。

雰囲気やテンポといった
今泉監督らしさがよく出ていて、
本田翼は天使と見紛うほどかわいくて
イケメンダメ男をやらせたら
日本一のオダギリジョーも素晴らしいんですが
>>続きを読む

全然大丈夫(2007年製作の映画)

2.0

荒川良々さんいいなぁ〜。

しょーもないというか、
全体的にくだらないんだけど
そこがいいんだよね。

木村佳乃さんのキャラが
いまいちハマらなかったです。

ほんとにほんとにほんとにほんとに
ライオ
>>続きを読む

名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)(2003年製作の映画)

5.0

服部くんかっこええなぁ。

それにしても強い。
コナンくんも蘭ちゃんも
ついでに毛利のおっちゃんも。

京都の雰囲気も推理も
とても良かったです。

初めて観たはずだけど
すぐ犯人分かったから
どっか
>>続きを読む

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

4.0

おかしいと思ったことを
正直にいうってものすごく
勇気がいることだよね。

あからさまなものから
日常的なものまで
様々な差別があり
心苦しくなりました。

黒人用のトイレを作れとか
声を大にしている
>>続きを読む

鉄道員(ぽっぽや)(1999年製作の映画)

4.0

鉄道員の、
男の生き様を見せて頂きました。

雪深い北国の終着駅で
来る日も来る日も
愚直に仕事に取り組む姿勢が
とても絵になっており
さすが高倉健さんだなと。

雪子とのエピソードは
とても心が温か
>>続きを読む

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

3.0

あぁレオ様。
なんと美しいのだろう。

世界中の女性が虜になったのもよくわかる。
野郎の私でも惚れてまう。

冒頭小物感を隠しきれないチンピラたちがドンぱちし始めた時は映画を間違えたかと思いました。
>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

3.0

青春の恋愛に痛みはつきもの。
だけど、だけど
あまりに辛すぎる。

学校のはみ出しものと転校生。
始めはちょっとダサいかな?
とも思ったけれど
突き抜けた感じがカッコいいです。
音楽もいい感じ。

3
>>続きを読む

ベル・エポックでもう一度(2019年製作の映画)

4.0

あのミーティングに参加したい。

ファンタジーと思っていたら
なかなか生々しい話ではないか。

時を経て関係が冷めてしまった
ヴィクトルとアントワーヌ。

変化してしまったことを嘆く夫と
変化しないこ
>>続きを読む

>|