しんさんの映画レビュー・感想・評価

しん

しん

映画(561)
ドラマ(0)

ミッドサマー(2019年製作の映画)

4.5

わらかない・理解できないサイコ系恐怖。

と思ったけど、あの村の人からすれば何も不思議ではないし、昔からの風習なので狂ってもなければサイコでもないのがだんだん理解できた。

人間が1番怖いみたいに捉え
>>続きを読む

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

2.8

めちゃくちゃ普通。
斬新さはゼロ。故に安心してみれる。
やられ方ショボい。

アナベル一瞬でてきたけど、この系列のパターンほぼ一緒。休みののんびり午後にちょうど良い。

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ(2019年製作の映画)

3.9

めちゃくちゃ醜い。
姿も動き方も中身も思考も醜い。
思考能力ゼロの本能型シリアルキラー。
こんなに画面越しにもくせぇ映画は初めて。
そしてホンカという殺人鬼の物語と同時にドン底売春婦の物語なのかもしれ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

評判通り社会問題を扱いながらもエンタメとしてきっちり面白い。
韓国ってそんなに格差社会なのかなぁと思いつつ、やっぱ金持ちと貧乏は生理的に交わらないんだろうなと。
貧困の話は結構観てて気分オちる。

>>続きを読む

マリッジ・ストーリー(2019年製作の映画)

3.3

離婚したいし、裁判も勝ちたいはずなのに、どちらもどこか相手を気遣っている。

望んでいるが、望んでいないような。
引き下がれないのか、譲れないのか、妥協できないのか、我慢できないのか。

形は崩れて戻
>>続きを読む

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.1

いろいろとややこしい。
結構無理やりな展開な為、どゆことってなる。
ただ暴力シーンは流石。
韓国で武器が斧ってベーシックなの?
牛骨で殴り潰したり、斧で頭かち割ったり
というかミョン強すぎだろ

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.6

2.3と比べても映画っぽかった。
敵がいて、やられてやってみたいな、王道の流れ、ウシジマの過去も垣間見れてラスト感もあって良し。

人に優しく、人の為にってのは賛成だけど、駄目駄目なヤツに対しては自業
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

2.5

ミステリーも内容もキャラもオチも全部薄い。
半分くらいにしてもっと一人ひとり掘り下げた方がいんじゃない。
無理やり謎解き要素出すのも何かね、、

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.0

埼玉県民はどういう気持ちで見てるんだろう。
評判が良かっただけに期待していたので、その割には微妙かな、、
笑いも展開も普通。
映画でこんなにGACKT観るのはじめてだからそれは新鮮だった。
群馬、、

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

2.8

2に引き続きストーリーが弱い、、
ドラマと対して変わらんどころか、ドラマよりスケール小さくないか?
あんま映画にする意味がな、、
もっと敵とかウシジマを掘り下げるとかして欲しい
てかあんまウシジマでて
>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part2(2014年製作の映画)

3.0

ウシジマくんって結構終わり方容赦なくて好き。
ただ、1よりも映画感が少ないかな、、
ストーリーが小粒

マザーレス・ブルックリン(2019年製作の映画)

2.0

激渋、、、

ノートン出てるってだけで予備知識なしでいったら、政治色強めのミステリーで正直無理だった、、、

よく考えればノートンってもうこんな感じのやつしかでないよなぁ

好きな人は好きかもしれない
>>続きを読む

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

2.5

ホラーではないよね。

生理を迎えた女の子が本来の人魚になってく感じをリアルに再現した内容だけど、今まで人間として生きてきて、はい貴方は人魚でしたってそりゃ受け止めきれないだろ笑
自殺もしたくなるわ。
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

3.0

意外性とか特別面白い内容とかがあるわけでもないけど、何か普通に観れた。

ほんと、内容はまんま題名のスマホを落としただけなのにだった。
スマホの怖い要素を最大限にアピールできていたと思う。

成田凌の
>>続きを読む

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.8

ずっと重い。

側から見たら絶対うまくいっていないカップルなのに、本人同士達では底の底の細い薄いもので繋がっていて、それがお互い今の自分に必要なものっていうか、支えというか。
ただこんなカップルにはな
>>続きを読む

クラウン(2014年製作の映画)

2.9

ホラー映画→モンスター映画
どんでん返しとか意外性みたいなのは全然なくて、良くも悪くも安心して観れる。

怖くはないし、グロも何か無理やりでうーんって感じ。

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

2.9

想像してた凌辱監禁モノではなく、意外な展開ではあったが、個人的にそんなに好みじゃない。
こういうものはもっと単純でスカッと見たい。
エロなし、グロ多め。

ELI/イーライ(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

これは良くも悪くも予想はつかない。

ただやっぱ最終的に悪魔が絡んでくると急にリアリティはなくなるなぁ。
最後X-MENみたいになってたし。
ハッピーともバットとも言えないエンド。

てかあのちょいち
>>続きを読む

ヒストリー・オブ・バイオレンス(2005年製作の映画)

3.7

ネンバーグにしてはわかりやすい部類。

人って変われることは変われるけど、根底の本能的な部分は残る。というか在り続ける。

暴力性って遺伝するかも、、、みたいな1つの考え方をみせられた。

ヴィゴかっ
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

3.1

何を観ようかなーってふと思った時にスターウォーズでもなく、アナ雪でもなく、どうしてもこういう系に惹かれて観てしまう。「わたしは光をにぎっている」なんてタイトルだと、なんか深読みもしたくなるでしょ。>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.1

結構前から提唱している『田舎の方が怖い』説。
何にもなくてやる事ないと、どうしても本能的な快楽で遊ぶようになってしまいそう。

個人的に復讐はあり。
いじめられて自殺する人はいっぱいいるのにいじめられ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.4

ストーリーも感動も王道。
まぁそりゃ感動するよねっていう。

実際のトリーチャーコリンズ症候群よりも結構抑えめな感じで、そんなに酷い顔か?と思ってしまった。

それでもトリーチャーコリンズ症候群の人が
>>続きを読む

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.8

シャイニングとはまぁほぼ別物って感じ。
ところどころオマージュあるのは嬉しい。

て考えるとそんなにちゃっちい感じじゃないちょっとクールな能力バトルって感じで個人的に結構好きでした。

そして意外と音
>>続きを読む

トラヴィス・スコット: Look Mom I Can Fly(2019年製作の映画)

3.6

あんなLive死人でるだろ、、、

トラビスはそんな聞かないけど、USではやっぱり相当人気なんだろうね
ってのがひたすらわかる映像

廃園したエストロワールドという遊園地を蘇らせるアルバルへの想いは熱
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.0

物語が薄っぺらいし、ビジュアルが全体的にダサい。
これくらいがDCだと普通なのかな。

アクアマンの見た目が乱暴そうで、粗暴な感じなのにめっちゃ優しくて人助けしまくってんのは何か新しい

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

3.2

エモ映画として、少し薄い気がした。
何かそれっぽいことをやってることはわかるんだけど、あんまり伝わってこない。

シムウンギョンみたいな冷静つつ馬鹿になり切ってハイテンションのあのキャラは好き。

>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

4.0

普通ありそうな殺す時のコミュニケーションというか駆け引きみたいなのが一切なく、主要な人物でもバンバン殺してく。
虐殺するまでに意外と前置きが長いようにも思えるけど、それがより人物とか雰囲気を構築して良
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.7

少しねらいすぎてる感はあるけど、ダーク青春ジャンルとしては結構良かったーかな?

登場人物がまぁまぁぶっ飛んでて若者のリアルでもないし、生々しくもないんだけど、何となく生きることに対しての不安みたいな
>>続きを読む

ロサンゼルス女子刑務所(2013年製作の映画)

2.4

刑務所ってだけでドラマになるけど、やっぱ女刑務所は迫力ねーな

喧嘩シーンとかポカポカ殴っててまぁ全然痛そうじゃないし。
グロくもないし、エグくもない。
エロも脱いでるだけでそんなにエロさは感じん。
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.4

もっと苦戦しないで、最強であってほしい。伝説とか怪物とか呼ばれてる割には結構毎回ギリギリ、、笑

銃撃であんなにパンパン撃ち殺すのは何か面白くて、あの手首を捻って斜めに打つのもカッコいい。

目新しさ
>>続きを読む

楽園(2019年製作の映画)

3.5

人間、群れると自分で考えることがなくなって、あげく雰囲気に酔ってロクでもないことしかやらない。
その村単位。

ずっと思ってんだけど田舎の方が都会より閉鎖的で干渉し合い過ぎて人間関係厳しくて、偏屈で怖
>>続きを読む

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ3(2015年製作の映画)

2.9

1.2と比べて動機も復讐も弱い。

このシリーズで観たいのはそういうのじゃなくて、もっと単純に激しい復讐をしてほしい。求めてるのそこだけだから、そこだけはしっかりやってほしい。

宮本から君へ(2019年製作の映画)

5.0

観る前から想像以上に最高なのはわかってた。観てやっぱり想像以上に最高だった。

前半の中野靖子=蒼井優が激しくて
後半の宮本浩=池松壮亮が激しかった
基本ずっと激しいんだけど

蒼井優の中野靖子が中野
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.7

ダークナイトのジョーカーと比べて、ビジュアル的にクールで美しかった。
ダークナイトを見返すとヒースレジャーのジョーカーは何か泥臭いというかコミカルというか。
ただ誕生した時がホアキンでどんどんジョーカ
>>続きを読む

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ2(2013年製作の映画)

3.5

やったらやり返される
1と内容はほぼ変わらず復讐モノ

マジでそれだけなんだけど、それだけで良い。
でも1より女優可愛いかもしれん。
そういうの大事。

SAW レイザー(2009年製作の映画)

1.9

時系列がややこしくてわかりづらくて、それが悪い方向にでてつまらん。
ところどころ素材的には良いとこもあったけど、活かせず終了。

>|