せりなさんの映画レビュー・感想・評価

せりな

せりな

洋画・邦画問わず気になった作品を見てます。英国俳優が好きなのでそっち方面に偏り気味。特にBenedict Cumberbatcが好き!

映画(738)
ドラマ(8)

エミリー(2013年製作の映画)

3.0

10分強のショートフィルムだけど、僅かな時間の間に2人のキャラクターがしっかり表現されていた。
フェシリティ・ジョーンズの演技力と脚本が上手いんだと思う。

強気でグイグイいく女性だけど、心の奥には簡
>>続きを読む

Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~(2017年製作の映画)

3.0

伝記的なストーリーだけど、クリスマス・キャロルに合わせてファンタジックな作品に仕上がってました。

ディケンズは、オリバー・ツイスト書いたあとも苦労してたんだね。登場人物が思うように動かないという気持
>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.0

笑えるゾンビ映画!
ゾンビいっぱい出てくるけど色々とゆるい。死に方は酷いけどストーリー的には怖くないよね。

エドガー・ライト監督だし、音楽の使い方が楽しいのは当然として、サイモン・ペッグが若いよ!
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.0

これってバディムービーなのかな?アンゼさんの訳のおかげでヴェノムが可愛く見えてくる罠が…!なんか、ごはんですよとか海苔の佃煮とか言われてるし 笑

死体は出てくるけど、血とか内臓は映らない様な演出なの
>>続きを読む

ライ麦畑で出会ったら(2015年製作の映画)

4.0

監督の自伝的作品でもある本作。光の捉え方が好みで、私は凄く好きな作品でした。

簡単に言えば、スクールカースト底辺の冴えない子の成長物語なんだけど、思春期ならでは揺れ動く感情が主人公の男の子と、ヒロイ
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

3.0

夢の中の様な空気感の作品なので、リアルな生々しさはあまりないんだけど凄く繊細に撮られているなという印象。
メインキャストも繊細な演技の人が主だったけど、田中美佐子は生々しかったな。リンコの事を凄く大切
>>続きを読む

華氏 119(2018年製作の映画)

3.0

ドキュメンタリーとして面白かったです。

バイアスが掛かっている部分はあるだろうが、これが現実かと思うと暗澹たる気持ちにならざるを得ない。
一般市民の為の政治を行おうとしている権力者っているのだろうか
>>続きを読む

マイ・プレシャス・リスト(2016年製作の映画)

3.0

ハーバードを飛び級で卒業できても、まだ19歳だし自分より年上しかいないコミュニティに放り込まれたら人間関係の構築に手間取っても仕方ないよねと思った。天才には天才の悩みがあるよね。
社会と関わりを持てる
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「フォーリーズ」(2017年製作の映画)

4.0

楽しい話かと言われると、そうじゃないんだけど煌びやかな舞台装置に華やかな衣装が美しい舞台でした。
過去に思い描いた理想と現実、若さゆえの愚かさと今手元にある幸せに中々気が付けない人間の愚かさなど、誰も
>>続きを読む

ルイスと不思議の時計(2018年製作の映画)

3.0

ケイト・ブランシェットが良い!
強くて美しいのは勿論、身軽なアクションシーンがカッコよかった。子ども向けのファンタジーではあるけど、ファンタジーが好きなら大人も楽しめる内容でした。
あと、ジャック・ブ
>>続きを読む

エンジェル、見えない恋人(2016年製作の映画)

3.0

世界観の作り込みが足りないかなとは思ったけど、2人の出会いのシーンは淡い色彩の映像とマッチしていて美しかったです。

全体的には雰囲気のある映像なんだけど、時々どうした?ってなるあっさりとした演出が気
>>続きを読む

ステータス・アップデート(2018年製作の映画)

3.0

監督がグリーの人なんだね。
見にきている人たちが、結構グリーの話をしてたし。

いつもアメリカのスクールカーストってああいう感じだよね。
ホッケー部の人たちの描かれ方からホッケー部に嫌な思い出でもある
>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

3.0

面白かった!
ペプシのCM知らなかったんだけど、そこから生まれた映画なんだね。ストーリーがちゃんとあるから、コメディ映画としてしっかりと成立してるし、バスケのプレイも堪能できて楽しい作品。

カイリー
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.0

パズルのピースを掻き集めていくと、予想外の真実にたどり着くけど果たしてそれが本当に真実なの?的なストーリー。
あれこれ手がかりを辿っていく展開はRPGゲームをしてるみたいで面白かった!
色んなカルチャ
>>続きを読む

バーバラと心の巨人(2017年製作の映画)

3.0

見た後に気がついたんだけど、邦題ってネタバレし過ぎだよね…

GIANTSと戦うバーバラの見せ方が上手かった。バーバラが行動してるのは現実の世界で戦っているもの正体は心の中にあるものだけど、その境界線
>>続きを読む

ブレイン・ゲーム(2014年製作の映画)

3.0

予告動画を見て気になってたやつなんだけど、思ってたのと違ったかな。
超能力対決みたいな緊張感が感じられなくて、感じたとった未来を回避してシリアルキラーと対峙するはずなのに、スリリングな展開が無いのは何
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

思ってた以上に面白かった!
全編PC画面で進行していくけど、画面の見せ方やストーリー展開が巧みでモニター画面を見てるだけと感じないくらい動きのある映像で面白かったです。
テキスト打ち方とかで感情表現を
>>続きを読む

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

3.0

アリシアが美しかった!
フェルメールの絵画の世界を小説にしたいと願った作家の作品なだけあって、絵になる美しいカットが沢山ありました。

一瞬で燃え上がった鯉はうまくいかないよねと思いながら見ていたけど
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

3.0

めっちゃキラキラしてた!
日本だとバブルの時代ならああいうノリのパーティーしてる人がいたんじゃないかなと思った。今はあそこまで派手な人あんまりいないよね?

王道なストーリーではあるけど、親子や家族、
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.0

録画してたのをちょこちょこ見てたんだけど、噂通り字幕欲しいやつだった。時々早口で聞き取れないし、言葉遣いも武家言葉だったりお国言葉だったりで聞き取るハードル高かった。
公開当時は官兵が三成になったと思
>>続きを読む

花戦さ(2017年製作の映画)

3.0

キャストは豪華だけど、ストーリーは地味だと思う。だけど、このストーリーで派手にするのは難しいだろうし、演出でメリハリをもっと持たせたら良かったのかな?
生け花は素晴らしかったので、自然の風景とか植物の
>>続きを読む

リグレッション(2015年製作の映画)

3.0

やっぱり生きてる人間が一番怖いやつだった。
てか、アメリカって定期的に悪魔崇拝とかカルト的なものが流行って事件が起きるよね。
やっぱり教会の影響が強いからなのかな。実話ではないけど、実際の事件から着想
>>続きを読む

ナショナル・シアター・ライヴ 2018 「イェルマ」(2017年製作の映画)

3.5

カルチャヴィルの中村さんに「イェルマ」はズンってくるけど、面白いと言われてたのがよくわかった。リアリズムを突き詰めた脚本と演出に、役者の凄まじい熱量の演技で濃密な舞台だった。
NTLiveではなく、直
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.5

優しい世界の映画だった!

プーと会話する時のユアンの話し方が優しくて癒されたし、プーさんやイーヨー、ティガーたちが可愛かった。

頑張り過ぎることよりも、何もしないでいることで得るものが大切。日本人
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.0

アーミー・ハマーの出てる今作を見るために1作目から見てたけど、やっと追いついた。
最後まで嫌な奴だったな。

このシリーズは、マックイーンのレーシングカーとしての活躍というよりも、人生の岐路においてど
>>続きを読む

カーズ2(2011年製作の映画)

3.0

カーズの続編だけど、メーターをメインに友情の物語だった。
ドックがさらっと居なくなってしまってる展開に衝撃だったよ。
中の人のポール・ニューマンが亡くなったからみたいだけど切なかった…。

今回はレー
>>続きを読む

カーズ(2006年製作の映画)

3.0

車を擬人化する設定が斬新だなと公開当時思ってた気がする。
乗り物としては存在していないし、どこから新しい車が生まれてくるのか気になる…
続編に出てくるのかな?

田舎町のみんなとレースに出るんだろなと
>>続きを読む

判決、ふたつの希望(2017年製作の映画)

3.5

レバノンの難民であるパレスチナ人との問題として描かれている映画ではあるけど、宗教や人種、難民問題による戦争や内戦といった、今も続いている争いの根っ子の部分を可視化している作品。

裁判を通じて、それぞ
>>続きを読む

ヒトラーと戦った22日間(2018年製作の映画)

4.5

絶滅収容所が反乱が原因で潰されたって話は、以前にどこかで読んだか聞いた記憶があったんだけど、映像作品として見ることができたのは良い経験でした。

ナチスやホロコーストに関する作品には沢山触れてきたけど
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.0

前作以上にポール・ラッドのコミカルなシーンが多くて楽しかった!娘のキャシーの可愛さは今作にも健在。元嫁の再婚相手込みで仲良しなのが面白かったし、みんないい人過ぎた。

前作で薄々、母親は生きてるんじゃ
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

3.0

人間のエゴというか醜い部分を濃縮したような映画。
出てくる人たちは、自分の行動の結果について責任感がないから、色んな所で問題が起こって行くのを見せ続けられる!

思いやりとは何か、問題提起してるんだと
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.0

アントマン&ワスプを見る前に予習!
劇場公開当初はmarvelにそんなにはまってなかったのもあって映画館では見てなかったんだよね。

アントマンになる経緯と愉快な仲間たちのコンビネーションが面白かった
>>続きを読む

フィセント・ファン・ゴッホ 新たなる視点(2015年製作の映画)

3.0

試写会にて。
このシリーズ、ラファエロとモネも見てるけど、アーティスト毎に異なる視点で掘り下げているのでよりアーティストのことを知れる気がする。

ゴッホをテーマにした作品はいくつか見たことあるけど、
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

4.0

トレッキーの人もそうじゃない人にもおすすめ!
自分の中にある大好きという気持ちを大切にすることは、支えになるということを優しい色あいのスクリーンに描き出していた。

自閉症の女の子の日常と、好きなもの
>>続きを読む

世界で一番ゴッホを描いた男(2016年製作の映画)

3.0

中国でゴッホの複製画を大量に制作しているある男性のドキュメンタリー。

仕事だと思っていたはずが、絵と向き合っているうちに芸術家的な感情が湧き上がっていく過程とか、中国の社会的な事とかドキュメンタリー
>>続きを読む

ブレス しあわせの呼吸(2017年製作の映画)

3.5

ポリオ患者と家族の物語なんだけど、悲壮感なく前向きに生きた姿を描いていて見て良かったと思える作品だった!

ポリオって名前は知ってるウィルス疾患だけど症状とかよく知らなかった。戦後間もない頃の重症患者
>>続きを読む

>|