chachaさんの映画レビュー・感想・評価

chacha

chacha

怪物 モンスター(2010年製作の映画)

2.5

だらだらと流れてく展開に少し飽きてしまった。
ドキドキハラハラ感は〇
ストーリー重視なら△

スカイライン-征服-(2010年製作の映画)

2.7

結局何が言いたいのか最後まで全然分からなかった。疑問点が多すぎてストーリーが掴めないのが残念。
映像の迫力はまずまずあったけど全てに物足りなさを感じてしまった。

ムーラン(1998年製作の映画)

3.8

ひたむきに頑張る姿は芯の通った女性そのもの。憧れるし、こうでありたいと考えさせられる
女性らしい強さが滲み出てて、力の強さより心の強さが大事なんだと教えてくれる映画。
ディズニーはいつも愛と勇気と希望
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.2

こんなことが実際に起きていたとは驚き。
何が正しいのか分からないけど、彼を賞賛する人は多くいるはず。
難しいなと感じる場面も多々あり、長たらしく感じてしまった

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

3.7

感動、この一言に尽きる
いろんな困難があっても、前向きを向いて生きようとするその姿に勇気をもらえる
近くにいる人を大切にしなきゃいけないなと思わせてくれる映画

チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話(2017年製作の映画)

3.8

青春そのもの!
自分の青春時代を蘇らせてくれる、胸が熱くなる映画。
実話と思うと感動が倍増する

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

4.4

ストーリー、音楽、映像、全てが◎
大人になっても冒険心を持ってた方が、世界が広がるなと思わせてくれる

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.7

実話だけあって、全てがズシッときた
結論的には切なさと悲しさが大半。
こんな現状があるんだってことを知ることができたし、当たり前の小さな幸せに感謝しないといけないなと思わされる

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

4.3

アクションでもホラーでもないのにドキドキハラハラが止まらない映画!
衝撃のラストに心臓のバクバクがおさまらない
久しぶりにハッとさせられる映画に出会った気がする

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.6

歴史についてもっと知りたくなった!
キャストも役にハマってて◎
ちょっとしたところに細工がされてて面白かった
時間とともに移り変わってきた街並みを想像しやすい描写も◎

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.3

とにかく泣いた。
愛の意味とは、生きるということはどういうことか、最後は自分に問いかけたくなるような映画。
恋愛ものかなと思ってたけど、とんでもない。
結末を肯定するわけではないけど、すごく感動した

SING/シング(2016年製作の映画)

4.2

とにかく歌ってスゴイなと思わせてくれる映画。
何かをする側、それを受け取る側、両方感動できるのは音楽の素晴らしいところだと思う
ただ動物たちが奮闘する映画ではなく、大切なことを教えてくれるストーリーに
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.7

さすがディズニーと言わんばかりの、感動的なストーリーと耳に残る音楽がよかった

ペット(2016年製作の映画)

3.4

笑えるシーンもあり、思わず応援したくなる可愛さがよかった◎

グレートウォール(2016年製作の映画)

3.0

先が読める展開ではあったけど、迫力とハラハラ感には満足◯

植物図鑑 運命の恋、ひろいました(2016年製作の映画)

3.0

主人公の仕事もプライベートも充実さに欠ける毎日を送るあたり、すごく共感できた

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.4

そおゆうことだったんだ、と謎だった部分がスッキリ解決した。
実話を元にという所がより感情移入できて◎
夢ってそう簡単に諦められるものでもないし、諦めちゃいけないものなんだと教えてもらったきがする

シークレット・アイズ(2015年製作の映画)

3.8

同志でありながら親友とも言える存在ってなかなかいない。
いろんな意味で深い信頼関係で結ばれてることが分かるのが最後の描写。

殺人を犯した人間に死刑を与えることに納得がいかないってとこ共感できた
苦し
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.6

だんだん謎が解けていくのが面白かった。
はっと気付かされる瞬間の爽快感が◎
ただ1回観ただけで全部理解するのはちょっと難しい。

中国の人に、主人公はなんて言ったんだろう
どうして彼を動かすことができ
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

4.1

とにかく手に汗を握る、ある意味ハンカチなしでは観られない!
結末が不確かなところも、想像力を引き立てる

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

3.3

3つの試練は、実際に彼女が体験した魔法であったと信じたい
悲しい結末かもしれないけど、大好きな家族と過ごせるようになってよかったなと率直に思った

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.8

私のそばにもベイマックスがいてくれたらなぁって思った
愛らしいベイマックスの姿に終始癒される。

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.9

とにかく切ない。
もし私だったら…と考えてしまうくらい引き込まれる映画。
青春ていいなと思い出させてくれる。

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.0

何度観ても元気が出る!感動する!
切ない思春期の女の子の想いも覗かせるし、何事も諦めず挑戦していく姿に、大人の階段を登るキキを観ることができる

ズートピア(2016年製作の映画)

4.0

主人公の勇気と行動力と正義感には頭が上がらない。
自分にはないものを全部持ってたから、羨ましいなと思うと同時に、そんな自分を前向きにさせてくれるような映画だった

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.2

恋する主人公の気持ちが真っ直ぐでよかった反面、後半は長たらしく感じてしまった。

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.2

暗いニュースを見ることが多いからこそ、こんな温かい気持ちになれる映画に出会えてよかった!
世の中まだまだ優しさに溢れてる。

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.4

戦争の悲惨さを感じると同時に、必死に生きようとする兵士たちの姿、彼らを助けようとする国民の想いに感動した。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

こうなってほしいなと思う気持ちが先走り過ぎて、ラストはとても切なく感じた。
お店の名前を見た瞬間、涙腺崩壊。
一番大好きな人とは結ばれないとはこおゆうことなのかと実感。

海底47m(2017年製作の映画)

3.2

やっぱりそうだったか…と思うような悲しいラストシーン。
暗い海の底で奮闘する女性2人の勇気にはあっぱれ。

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

3.4

アクションシーンはハラハラが止まらなかった
途中から結末が読めてしまったのが…。

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

3.8

人と人との繋がりがとても良かった。
次は誰と誰が繋がっているのか、すごく気になった
タイムズスクエア行ってみたいなと思った!

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.0

レイチェルマクアダムスが可愛すぎる
恋人との愛だけじゃなくて、家族の愛も感じられるあったかい映画。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

4.3

本当の愛って、こうゆうことなんだなと教えてもらったような気がした。

君の名は。(2016年製作の映画)

4.2

映像がとてつもなく綺麗。
もう一度観たいと思ったし、何度観ても感動できる映画だなと思った!