うほさんの映画レビュー・感想・評価

うほ

うほ

映画(153)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ビギル勝利のホイッスル(2019年製作の映画)

3.0

3時間の長さなのに所々カットを感じさせる場面があったから改めてインド映画凄すぎるなと思った
えっ今!?というタイミングでダンスが入るけどそれがインド映画
前半のダンスが好き。バックダンサーのキレがいい
>>続きを読む

無職の大卒(2014年製作の映画)

3.8

前半のコメディ強め感も良かったけど後半の爽快感も良かった
2股の要素だけ謎だったけど年上部下が面白かったからまぁいいか
曲が上がる。メイン曲で踊って欲しかったなぁ

背景地味目だけどダンスあり

結婚は慎重に!(2020年製作の映画)

2.8

疾走感がある
ガチャガチャしている
許嫁の子の顔が好き。弟の娘はキャラがいい

ダンスあり

ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた(2006年製作の映画)

3.4

シュールさもあり結構好き
キャッスルが出ている
北方と南方の乳を持つ友人がよい

きっと、またあえる(2019年製作の映画)

4.0

笑えるしあったかい物語。とても良かった
インド映画にリアリティは求めてないからいいんだけどやっぱりバスケは上手い下手に関わらず経験者と未経験者の差が仕草に出るスポーツだなとは思った
デレク兄貴が好き。
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

アウトレイジ思い出す
被害が凄いから最後やり返したけどスッキリ感は薄いかなぁ

来る(2018年製作の映画)

4.5

めっっちゃ面白かった
あんな派手なホラーないし祓い文化のごった煮面白すぎだし松たか子は最高
前半はひたすら妻夫木死ねーーー!!!と思うけどあの前半あってこその良さ

WAR ウォー!!(2019年製作の映画)

3.5

リティクとタイガーの足が長い長い
アクション凄かったけどBGMがない時が2回くらいあって意図は分かるけど気分の上がる曲が欲しいな〜って思った
MIPとワイスピのパロ好き
インド映画は最高にかっこいいタ
>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.5

平日の夜に見るにはちょうどいい映画だった。変わり者同士の恋愛
2人以外ほとんどセリフがなくて会話劇なのも好きだった

恋するレシピ 〜理想のオトコの作り方〜(2006年製作の映画)

3.0

時々入る動物のくだりが不思議だった。嫌いじゃないけど
タイトルなんで恋する「レシピ」なの?見るまではシェフの話かと思ってた

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

2.5

ステイサムが赤ちゃん救い出すシーンと刑務所シーンが好き

サーホー(2019年製作の映画)

3.0

プラバース爆上げ映画
展開が二転三転四転くらいする
インド映画は映画館に限る
プレーム兄貴にも出てるニール二ティンムケーシュもいる。相変わらずのいいたれ目

ダンスあり

マリーゴールド・ホテルで会いましょう(2011年製作の映画)

3.5

さすがに老後にあのエネルギッシュなインドで過ごす気にはなれないけど好きなインドの雰囲気を味わえたのと動かないと進まないことの大切さは良かった

幸せのポートレート(2005年製作の映画)

2.0

うーんいろんな方面に中途半端でコメディがやりたいのか感動させたいのかわからない感じ

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.0

コメディ弱めのストーリー
でもジムキャリーが動けばコメディになる
安定を手放して自由を手に入れたトゥルーマンは彼女に会えたのかな

ミート・ザ・ペアレンツ(2000年製作の映画)

2.5

主人公がついてなさすぎて途中かわいそうになってしまった

プレーム兄貴、王になる/プレーム兄貴、お城へ行く(2015年製作の映画)

4.5

コテコテのインド映画が見たかった私にとっては大当たりでした。必ずハッピーにしてくれる最高のデトックス
サッカーのシーンと長女との仲直りシーンが好き
垂れ目のイケメンはずるい
目だけオーランドブルームの
>>続きを読む

きみといた2日間(2014年製作の映画)

2.8

私の苦手なトイレつまりの話があったのでちょっとマイナス
目が大きければいいってもんじゃないな

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

3.5

クリスチャンベイルもマッドデイモンももちろん良かったんだけどウォーキングデッドの鼻の大きい人じゃん!って気付いてからは彼に夢中だった
ジョンバーンサルのリーは自分の立場は守りつつも主人公サイドをアシス
>>続きを読む

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

2.5

親が原因の不幸が多すぎるなと思ったけど5/12か…一応半数以下だった
好きな堤監督ではなかったけど青春ジャンルにあればまだマシな評価だったんじゃないかな
安定の邦画だなという感じ

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.5

喜劇からのホラー&悲劇。どっちの立場に立つかで見方の変わるとても面白い映画だった

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

3.0

原作リスペクトが強く感じられた
冴羽獠は国を越えてもカッコいい
getwildは名曲

LIFE!(2013年製作の映画)

2.5

幻想演出系苦手だな。ストーリーは好きなんだけど幻想混ぜてくるのに現実も少し非現実的なところがあってギャグなのか感動なのかわからなくなってしまった