もい

もい

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.5

どう説明したら良いのか・・・心を上下左右にガンガンと動かされて、もうコントロールが効かずに、最終的にはまったく予期せぬところで涙が流れている。そして今思い出しても泣けてくる。
誰もが持つハリウッドへの
>>続きを読む

アイアンマン2(2010年製作の映画)

2.8

シリーズの中では一番好きではない。が、ブラックウィドウのアクションを見てるだけで興奮する!

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.5

ファブローさんやっぱり好きだなぁ。観た後サンドを作りました!ちなみにカフェドゥモンドは池袋にもあるよ!

ムーラン・ルージュ(2001年製作の映画)

3.8

全曲素晴らしい。マッシュアップなどいつでも口ずさんでしまう。お笑いの番組で流れるのはちょっと面白くない。

奥さまは魔女(2005年製作の映画)

2.5

ウィルフェレルらしさが薄れるかと心配したが、健在だった。

カウボーイ&エイリアン(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます。

カウボーイ「&」エイリアンの「&」がなぜVSでないのか?それが重要。
ファブロー監督らしいエンタテインメント作品。宇宙人はいまでこそ頭でっかちな姿が定着しているが、大昔に出会っていたら、確かに「悪魔」
>>続きを読む

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

5.0

アクションと音楽が融合すると、こんなにも自然に心が躍る作品が出来るのかと再認識した。全てのタイミングが絶妙。

黄金のアデーレ 名画の帰還(2015年製作の映画)

4.8

これが事実だなんて信じられない!気付いたら泣いてた。クリムトの絵画の見方が変わる。

007 スペクター(2015年製作の映画)

4.4

これぞまさに完結。ボンドらしさがあり、スッキリとしていて素直に楽しめる。戸田のなっちゃんの訳もそんなに気にならなかった!

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

5.0

びっくりした!ストーリーもグラフィックもキャストも全て文句無し。こんなの見たことない。

めまい(1958年製作の映画)

5.0

名作。ドリーズームは今でも使い続けられる素晴らしい技術。

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

5.0

初めて見た時の衝撃、今もまだ味わっていない人がうらやましい!

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

4.5

芸術的で素晴らしい作品。たくさんのキャストが複雑に絡み合い、最後まで展開が予想できない。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)(2014年製作の映画)

3.8

マイケル・キートン復活!エマちゃんもいつもと違う魅力を感じる。アカデミー賞で主演男優賞を取れなかったことも、この映画の一部として感じてしまう!

プリンセスと魔法のキス(2009年製作の映画)

4.8

アナと雪の女王は、これを観ないと語れない!この作品や魔法にかけられてなどにより、ディズニーの暗黒時代から抜け出し、アナと雪の女王の成功へと繋がっていく。
何より音楽が素晴らしい。

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.5

ファンドラル役がまさかチャックのザッカリーに変更になってたとは、観た後もわからなかった!
ロキ様が前回よりアベンジャーズによって存在が大きくなった作品。

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

3.9

コメディタッチの部分も多く、楽しんで観られる。

キャビン(2012年製作の映画)

3.8

大笑いしながら見ました。いまではスーパーヒーローのクリスヘムズワースがこんな役⁉︎で出ています!

アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

4.8

ブラックウィドウの立ち位置が…それ以外は変わらない素晴らしいアクションに大満足です。

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

5.0

特にホークアイを繰り返し観ています。豪華すぎる。こんな映画が観れるなんて思っていなかった。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.2

子供の苦悩はもちろんだが、子供と向き合う母親の姿が印象的。
2人の掛け合いは、演技をこえてとてもリアルに感じる。

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます。

クロエを見ているだけで満足。可愛すぎる。
最後のクレジットでIF 「I STAY」の部分だけ色が変わっていて、主人公がどのように心に決めたかが分かるのがオシャレ。
ヒックヒク泣きながら観た。

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

3.8

イケメンのハウルが崩れていくところがキムタクの演技とリンクしていて良い。全てのキャラクターの感情が激しく上下する様がしっかりと描かれていて、見ていて飽きない。

>|