わだげんたさんの映画レビュー・感想・評価

わだげんた

わだげんた

何でも観ます。雑食です!

ベストテンは2018年に劇場鑑賞分からです(^^)d

映画の見方って、ホントに人それぞれで面白い! 皆さんのレビュー読むのが凄く楽しいです!

スポーツ系の映画が大好物!
ホラーも好きだし、青春ものも好きだし、アクションも好きだし、邦画でも洋画でも、新作も旧作も、映画ってホントにいいもんですね(^o^)v

あ、エロいのも好きです(笑)

映画(649)
ドラマ(0)

サスペリア(2018年製作の映画)

3.2

さすがにここまで行くとエロではないかな。

最低かもしれないですけど、俺は暗黒舞踏というと、裸を想像してしまいます。金粉ショー的な奴。YOU TUBEなんかで金粉ショーとか検索を掛けると、愛知県の大須
>>続きを読む

リベンジャー 無敵の復讐心(2018年製作の映画)

2.7

ブルース・カーンって何者なんだろう?

Netflix発の韓国製アクション映画。なんの予備知識もなしに、韓国映画ということさえ知らずに、何となく観始めました。

主演ブルース・カーンはキレッキレのアク
>>続きを読む

ファイナル・スコア(2018年製作の映画)

3.6

この土日、たまたまロシア人がテロ起こす映画を2本続けて観ました。
そしてどちらも面白かった!

この作品がその1本目なんですが、上映館も少ないし、観ている人も少ない…。
面白いんですけどねー、もったい
>>続きを読む

未知との遭遇 ファイナル・カット版(2002年製作の映画)

3.8

映画館で再見する日が来るとはなあ。
すごくすごく感慨深い。

記憶が曖昧なんですが、いまゆる”大人の”映画を映画館で最初に観たのがこの『未知との遭遇」だったと思います。

今回観たのは『ファイナルカッ
>>続きを読む

麻雀放浪記2020(2019年製作の映画)

1.8

不幸な映画、だそうです。

通常行うマスコミ用の試写や一般試写会は行わないで、政治家向けの(まあ、この辺も戦略なんでしょうが)試写だけ
おこなって、『東京オリンピックが開催されなかった世界を描くってい
>>続きを読む

ユニコーン・ストア(2017年製作の映画)

2.3

わりと人の顔を覚えるのが苦手で。

洋画なんか観てると、全然顔と名前が一致しなかったりします。
カメオ出演を見破るなんて到底できるはずもなく…。なのでたまにテレビの洋画劇場とかで
俳優さんが登場すると
>>続きを読む

バイス(2018年製作の映画)

3.6

野心ある男に、野心ある妻あり。

男は伴侶によって人生変わるんだなぁというのをまざまざと見せつけられました。
この妻をめとっていなければ、チェイニーさんの人生、どうなっていたのかなぁ。

正直なところ
>>続きを読む

ReLOAD リロード(2016年製作の映画)

2.3

これ予算がもっとあれば劇的に面白くなったかも!

アイデアは良いな、と観ながら思いました。ただし、仕掛けがチープなのが残念なのです…。

ゲーマーのマックスの自宅にあるゲームの試作品が届く。プレイして
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

リーアム・ニーソンの作品って、観ればとっても楽しめるし、好きなんだけれど、なぜか劇場で観ることは少ないんですよね…。

この作品も劇場公開時に気になってはいたものの、タイミングが合わず…。WOWOW放
>>続きを読む

ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い(2011年製作の映画)

2.3

いやぁ。まったくもってブルース・ウィルスの無駄遣い(笑)
午後ロー感満載の作品でした。

Netflixの配信終了リストを眺めていて目に付いた作品。なんか配信終了と聞くと急に観ていたほうがいいかな、と
>>続きを読む

オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主(2013年製作の映画)

3.4

これぞFilmarksやってるからこそたどり着いた作品。まったくのノーマークでしたが、褒めてる方が多いのでアマゾンプライムで観てみました!

観たいと思ったらすぐ観られる。動画配信のいいところですよね
>>続きを読む

バンブルビー(2018年製作の映画)

4.2

『トランスフォーマー』のシリーズは途中で断念しています。

1作目を観たことは確実なんですが、2作目以降はどこまで観たのか自分でもよくわからず。しかも、観たはずの1作目もストーリーや登場人物などは全然
>>続きを読む

花々(2018年製作の映画)

2.0

まさに”母がしんどい”だなぁ。

青山シアターで配信されていた『マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル』の1本。短編です。

去年はこの映画祭で結構な数観たんですが、今年は短編数本観ただけで終了。う
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.4

当たり前と言えば当たり前なんでしょうが、警察とかには非通知で電話しても電話番号はわかっちゃうんですね。

昔、セガサターン(だったと思う)のゲームで『リアルサウンド 〜風のリグレット〜』ってやつがあり
>>続きを読む

ザ・スリープ・カース(2017年製作の映画)

2.4

映画なんて何やっても許されるんじゃあ! 

…とばかりに『八仙飯店之人肉饅頭』とか『エボラ・シンドローム』なんかを世に放ったハーマン・ヤオ×アンソニー・ウォンの鬼畜コンビ最新作ということで観にいきまし
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.7

スパイク・リーといえば、NBAのニューヨークニックスの試合でコートサイドで奇声を上げている変なおっちゃんというのが一番最初に思い浮かぶイメージ。

あと、これは勝手な僕個人の思い込みなんですけど、なん
>>続きを読む

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。(2016年製作の映画)

2.8

本屋さんで雑誌とか眺めてると”台湾”特集とか多いですよね。

まだ行ったことはないんですが、勝手に好意を抱いている国でもあります。

Netflixのラインナップを眺めていて発見したのが本作。多分、ベ
>>続きを読む

リアル(2016年製作の映画)

2.6

究極の駄作だとか、興行的に惨敗だとか、絶対観ちゃいけないとか言われるとついつい観たくなるへそ曲がりです。

で、この『リアル』って作品、なんとなくWOWOW放送されたのを録画しといたんですが、後でどん
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.4

いやー、変態紳士が変態紳士で良いなぁ。

なにを言っているんだと思われるでしょうが、まあ、 高嶋政宏さんのことです(笑)この映画、ホテルが舞台だけあって、さまざまな宿泊客が登場、しかもクセが強い客ばか
>>続きを読む

ジョニー・ノックスヴィル アクション・ポイント / ゲスの極みオトナの遊園地(2018年製作の映画)

2.6

こんな遊園地、嫌だけど最高だ!

かなり観る人を選ぶ映画に『ジャッカス』って映画があります。まあ、お好きな人もいると思いますが、いかに自分の肉体を酷使して破天荒なことができるかってことを競い合う集団”
>>続きを読む

トリプル・フロンティア(2019年製作の映画)

3.2

えっと、確かこんな童話ありましたよね。

肉を咥えた犬がいて。
その犬が川に架かった橋を渡るときに、水面に映った自分の姿をみて自分だと思わずに、その肉よこせと吠えたところ、咥えてた肉は川に落ちて、結局
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.5

この作品は絶対に絶対に冒頭から観てください、って言われまして。

なんなら映画泥棒の辺りからきっちり姿勢を正して観賞してください、と。

なんだろうう? 冒頭からもの凄い展開があるのかな、と思っていた
>>続きを読む

KARATE KILL/カラテ・キル(2016年製作の映画)

2.8

カラテキル…。カ・ラ・テ・キ・ル???

ストレートすぎるタイトルにクラクラしながらも、発見したからには観るしかないじゃん(笑)

主演は…ハヤテ?
調べてみましたが、詳細わからず。

えっと共演は紗
>>続きを読む

映画ドラえもん のび太の月面探査記(2019年製作の映画)

2.8

なにを隠そうドラえもん好き(笑)!

毎回観るわけではないんですが、劇場版のドラえもんは気になる存在で。ただ対象年齢を考えるともっともな事だと思うんですが、上映開始時間は午前中とか午後の早めの時間が多
>>続きを読む

盆唄(2018年製作の映画)

3.0

今年もまた3.11がやってきました。
もう8年になるんですね。

『ホテル・ハイビスカス』『ナビィの恋』の中江裕司監督が福島県双葉町を舞台にしたドキュメンタリーを作ったと聞いて劇場へ。中江監督といえば
>>続きを読む

ファースト・キル(2017年製作の映画)

2.4

ビックネームを使う場合どんな役をあてがうのかは難しいところで…。

ブルース・ウィルスが出演してるんですが、まあ、なんかあると思いますよね。彼はいったい、何者なのかっていうのが、この映画の見せ場だと思
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

3.7

今は家で映画観るにもの凄く恵まれてる時代じゃないですか。

もちろん人にもよるとは思うんですけど、まず購入したDVDがあるじゃないですか。で、ハードディスクに録画したのがあって、さらにそれをディスクに
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

2.9

思ってた展開と違うんじゃあ。

タイトルからしても、ポスタービジュアルからしても素直な恋愛物だと思って観始めてしまって。エル・ファニングは可愛さに惹かれてってものあり。

まあ監督が『ヘドウィグ・アン
>>続きを読む

アリータ:バトル・エンジェル(2018年製作の映画)

3.0

予告、劇場で何回も観たけど、なんとなくピンときていませんでした。

他の方も感じてた方多いみたいですが、あのデッカイ目の女の子に違和感アリアリで。

それでもジェームズ・キャメロンとロバート・ロドリゲ
>>続きを読む

アルカディア(2017年製作の映画)

2.8

この映画、原題がネタバレらしく(笑)
観終わってから、原題調べたらなるほど、と。
邦題の方がベターですね。

WOWOWの録画での観賞だったんですが、カルト宗教を扱ったSFスリラーとあおってあって、ど
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.5

イーストウッドの新作をスクリーンで観られる幸せ。

しかし、御大88歳ですか。すごいなー。監督主演ですもんね。確かにスクリーンに映る姿は紛れもなくジジイではあるものの、まあ、そういう役だしね。

前の
>>続きを読む

スリープレス・ナイト(2017年製作の映画)

2.9

日曜日の昼間になんとなくテレビ番組表眺めてたら、WOWOWでこの映画が放送されることに気づき、リアルタイム視聴することに。WOWOWの番組って録画視聴することが多いので、観てる最中に誤って一時停止とか>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.3

ファミリーサイズのピザをあんなふうに食べるの初めて観た(笑)

アカデミー賞作品賞を受賞したせいもあってか、平日に観にいったにも関わらず一番大きいスクリーンが8~9割埋まっていました。女性客が多かった
>>続きを読む

天才作家の妻 -40 年目の真実-(2017年製作の映画)

3.2

やっぱり思い出すのは佐村河内守氏なわけで…。

この映画、東京・吉祥寺に新しくできた映画館で観ました。”アップリンク吉祥寺”っていうとってもおしゃれな映画館。

5スクリーンあって、一番大きな劇場でも
>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.1

あー、これは正直ナメてたなぁ。

ほぼほぼ前知識無しで。アカデミー賞獲ったということもあって興味は出てきたものの、散々実写化したものを何でいまさら、とか思ってました。

実際、『ヴェノム』での例のアレ
>>続きを読む

ROMA/ローマ(2018年製作の映画)

3.6

Netflixって、ボカシ無しでいけるんすね。アレ。
わりとモロなんでびっくりしました(笑)

アカデミー賞前に観ておくか…。家で。
って、新作映画を家で観られるようになって久しいですが、バリバリの作
>>続きを読む

>|