わだげんたさんの映画レビュー・感想・評価

わだげんた

わだげんた

何でも観ます。雑食です!

映画の見方って、ホントに人それぞれで面白い! 皆さんのレビュー読むのが凄く楽しいです!

スポーツ系の映画が大好物!
ホラーも好きだし、青春ものも好きだし、アクションも好きだし、邦画でも洋画でも、新作も旧作も、映画ってホントにいいもんですね(^o^)v

あ、エロいのも好きです(笑)

映画(548)
ドラマ(0)

日日是好日(2018年製作の映画)

4.1

樹木希林さんの人生教室。

なんとなく、劇場で観とかなくちゃいけない気がして、一番大きなスクリーンで掛かってるシアタス調布へ。

何度か劇場で予告は観ていたので、茶道のお話、くらいの予備知識。もちろん
>>続きを読む

デス・ウィッシュ(2017年製作の映画)

3.0

うーん、マンダム( ̄ヘ ̄)

ってブロンソン・ギャグ、すっかり通用しなくなって久しいですね(^_^;)

さてさて、ブロンソンの名作『狼よさらば』のリメイクをイーライ・ロスが撮るということで楽しみにし
>>続きを読む

ファイティン!(2018年製作の映画)

2.9

パラピリポ\(^_^)/

さてさて、『新感染』で俺の中の株がぐんぐん上昇したマ・ドンソク兄貴の最新作。アームレスラー役がそのまんまやん! ってツッコミたくなるくらい似合います(*^^*)

実際、マ
>>続きを読む

ジャングル ギンズバーグ19日間の軌跡(2017年製作の映画)

3.7

今こそ、魔法だ! 魔法を使え!

スイスアーミーマンの時に放屁しまくる死体役を演じてて、あまりの芸域の広さにびっくりさせられたダニエル・ラドクリフ。ハリー・ポッターから死体は振り幅広すぎですが、今回は
>>続きを読む

サイコキネシス 念力(2017年製作の映画)

2.8

もしも冴えないオヤジが超能力を持ったらー\(^_^)/

なんかちょっと前に邦画でも同じようなテーマの作品がありましたが、アレをさらにベタにしたような作品でした。

監督は『新感染 ファイナル・エクス
>>続きを読む

スカイライン-奪還-(2017年製作の映画)

3.0

なんだかんだで女性がアクションするにはタンクトップが最高なんだよ(笑)!

昨日前作の『スカイライン 征服』観まして。想像より面白かったのと、思わせ振りなラストのおかげで劇場へ足を運びました。近所の劇
>>続きを読む

スカイライン-征服-(2010年製作の映画)

3.0

この作品が2010年製作で、続編が2017年って、結構間隔開いてるんですね。もっと言うと、2017年製作なのに日本での公開は2018年の秋って、かなり遅めの公開。

しかもあんまり公開規模大きくないみ
>>続きを読む

アフターマス(2016年製作の映画)

3.0

哀愁のシュワルツェネッガー。

劇場公開時見逃してた作品。評判が高かったので、ずっと観たかったんですが、ようやくWOWOW放送で捕まえました。

なんとなくのあらすじを知ってたものの、ほぼほぼ前知識な
>>続きを読む

マッドタウン(2016年製作の映画)

3.1

OH! バッドトリップ\(^_^)/

不思議な映画。
正直よくわからないんだけど、つまらないかと言われれば、そんなことはなくて。

お話もそれこそ夢だか現実だかさだかではなく、登場人物、まともな
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

3.2

意外と上映館が少ない!

わりと良く利用するシネコン3館の内、2館が上映なしで、1観は4DXのみ。

ってか、4DXのみの上映ってあるんですね(^_^;) 初めてのタイムスケジュール!

4DXで観る
>>続きを読む

グリーンルーム(2015年製作の映画)

2.0

無人島レコードって、定番の質問があります。

一人で無人島で暮らすとして、LPレコード1枚だけ持っていくとしたらなにを持っていきますか?

ってやつ。

LPレコードってのがミソで、今だとalbumの
>>続きを読む

動物世界(2018年製作の映画)

3.5

カイジが男前になってる!
ちょっぴり大谷翔平に似てるし!

超名作マンガ、福本伸行先生の「賭博黙示録カイジ」を中国で映画化。ってか、これ全く知らなくて、filmarksの他の方のレビューを観てるときに
>>続きを読む

ザ・プレデター(2018年製作の映画)

2.9

プレデターの1作目を観たとき。
なんて面白い映画なんだって思ったのを今でも覚えております。

その後、シリーズ化され、しまいにはエイリアンと共演するまでになるわけですが、やっぱり1作目は越えられない。
>>続きを読む

若おかみは小学生!(2018年製作の映画)

3.3

これ、チケット買うの恥ずかしかった。。。

諸事情でチケット販売機ではなく、窓口でチケット購入。なんかタイトル言うのが恥ずかしくて、でも言わなきゃ買えないし、ようやく意を決して小声でタイトル言ったら、
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.0

音をたててはいけない。
そして細かいところ、つっこんではいけない(^_^;)

昨日、エミリー・ブラントの作品を観てたので、彼女の主演作二日連続鑑賞となりました。

町山さんがラジオで取り上げてて、興
>>続きを読む

オレの獲物はビンラディン(2016年製作の映画)

2.6

実話かい!

ただただニコラス・ケイジの怪演をほぼほぼ失笑混じりに鑑賞。
面白いシーンもあるんだけど、爆笑までいかなかったのは、この監督の他の作品と同様。
でも、ボラットの時は腹立ったところもあったか
>>続きを読む

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

3.5

記憶を無くすほど呑んで、翌朝超絶二日酔いで起きた時の恐怖。

徐々に思い出していく、不穏な出来事の断片、なんて時はもう生きた心地しません。

あるいはなにか大切なもの無くなってるとかね。財布とか、スマ
>>続きを読む

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.8

原作のコミックが確かマンガ大賞かなんかを受賞してて。興味はあったんですが、読むには至らず。

なのでこの作品をそれほど期待せずに、けれどもなんとなく気になって劇場へ。

うーん。面白かった(*^^*)
>>続きを読む

マクファーランド 栄光への疾走(2015年製作の映画)

3.5

「お前ら、悔しくないのか!」
「悔しいです(≧口≦)」

って往年の傑作ドラマ『スクールウォーズ』のワンシーンを思い出しました。

ボロ負けから学ぶものを教えてくれる秀作でした。

ケヴィン・コスナー
>>続きを読む

パパはわるものチャンピオン(2018年製作の映画)

3.8

ぐわーっ(>_<) 泣けたぜ。

わたくし、オールドプロレスファン。しかも時期に偏りがあります。少年時代に夢中になり、一端離れて社会人になってからの数年間。ハマったなぁ。週プロ、ゴング、ファイト、毎週
>>続きを読む

エヴェレスト 神々の山嶺(2016年製作の映画)

3.4

これ、山岳カメラマンの深町はどれくらい借金背負うのかしら。ってか、それも含めて出版社が補填してくれるのかな???

夢枕貘さんの傑作山岳小説の映画。谷口ジロー氏が作画したコミック版もあるんですが、どち
>>続きを読む

バッド・ジーニアス 危険な天才たち(2017年製作の映画)

3.8

たかがカンニングって思うかもしれないけど、ここまで規模がでかいとほとんど人生掛けた闘いなのです!

個人でやるカンニングの場合、結構できることって限られてて。せいぜい消しゴムとか鉛筆にキーワード書き込
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

1.9

汗流さない部活ものは心に響かない。

原作は7巻くらいまで読んで止めてしまいました。ラジオで原作ファンのケンコバが面白かったって言ってて、ちょうどWOWOWで放送されたこともあり鑑賞。

。。。うーん
>>続きを読む

牝猫たち(2016年製作の映画)

2.9

ロマンポルノだけどエロさはないな。

とろサーモンってテレビなんかではヒール役はいつも久保田の方だけど、本当に悪いのは村田の方かもしれないな、と思っちゃうくらいとろサーモン村田が不気味に怖かった。
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.6

粘着テープがあれば何でもできる!!!

この間観たジェイソン・ステイサム×化け物鮫に続いて、ドゥエイン・ジョンソン×超高層ハイテクビルのお話。で両方とも中国がたんまりお金を出してるんだろうなって共通点
>>続きを読む

僕とカミンスキーの旅(2015年製作の映画)

3.0

芸術家はわがままなんですよ。

段取りの時間に、30分創作のための材料を持った職員の到着が遅れれば、もう創作意欲が無くなっちゃうんですよ!!!

って、それは横尾忠則だよ!!!

。。。

横尾忠則だ
>>続きを読む

遊星からの物体X ファーストコンタクト(2011年製作の映画)

3.0

オリジナルの『遊星からの物体X』に続いて続編でもあり前日譚のこちらを鑑賞。

それにしても『遊星からの物体X』って邦題、素敵ですよね。原題もシンプルで良いですが、邦題も好きです。

で、邦題ではファー
>>続きを読む

遊星からの物体X(1982年製作の映画)

4.0

これ最初に観たのいつだったかな。テレビ放送だった気がする。なので字幕スーパーで観るのは初めて。。。だと思います。

もう何年前に観たのかも忘れてるけど、観ているうちにいろいろ思い出した。これは80年代
>>続きを読む

しあわせはどこにある(2014年製作の映画)

3.7

「しあわせってなんだっけ、なんだっけ♪」とかつてCMでさんま師匠が唄っておりました。

さんま師匠曰く、しあわせとは
『ぼん酢醤油のある家さ♪』だそうで。

確かにぼん酢醤油は時に人にしあわせをもたら
>>続きを読む

トマホーク ガンマンvs食人族(2015年製作の映画)

3.8

自力じゃたどり着けない映画というのがあって。

たどり着いてしまえば凄くツボな映画なのに存在にすら気づかない映画が多分世の中には山ほど転がってるんでしょう。

そんな中、宇多丸さんのラジオで紹介されて
>>続きを読む

バスジャック(2013年製作の映画)

2.0

Netflixのもうすぐ配信停止リストを眺めていたら。。。

『バスジャック』という作品が目に留まりまして。

……。バスジャック???
ひょっとしてアレでは???

Netflix立ち上げて検索して
>>続きを読む

ヤンヤン 夏の想い出(2000年製作の映画)

4.0

どうやらこの映画と「冬冬の夏休み」がごっちゃになってたようで(^_^;)

てっきり少年ヤンヤンの夏休みの思い出、みたいな映画だと思って観てたら全然違ってました。

ってか、むしろヤンヤンの話ではなく
>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

3.6

ワスプがエロい( ̄▽ ̄)

なんすかね、コスチューム萌えってやつですかね。X-MENにおけるミスティーク的なエロ。いいっス(^-^)v

マーベルの中でもコメディ要素が高い作品。物語の規模も¨地球滅亡
>>続きを読む

ミュラー探偵事務所(1986年製作の映画)

1.8

VHSで発売されてその後DVD化はされず、そのまま埋もれていく作品がたくさんたくさんあります。

かといって、それらの作品をすべてサルベージしていくのは到底無茶な噺で。なので何かきっかけがないとなかな
>>続きを読む

We Love Television?(2017年製作の映画)

2.6

土屋敏男という人はなんて残酷でいじわるなんだろう。

それはテレビマンとしてある種の番組を作るためには必要なものであり、誰もがここまで非情になることはできないから、¨残酷¨で¨いじわる¨はやっぱり稀有
>>続きを読む

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

2.9

ジェイソン・ステイサムが鮫映画に出るって聞いたときに、同僚とストーリー予想したんですが、概ねそのままでした(笑)

まあ予想と大きく外れたのは思った以上に鮫がでかすぎたことと、思った以上に中国臭がハ
>>続きを読む

>|