マッシュroomさんの映画レビュー・感想・評価

マッシュroom

マッシュroom

映画(2492)
ドラマ(10)
  • List view
  • Grid view

フリークスも人間も(1998年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

西へ行くことを夢見る鉄道技師の愛娘リーザ
盲目の妻と養子に迎えた美声の持ち主シャム双生児と暮らす医師
裕福な生活を送る二組の家族に目をつけたヨハン
SM写真製作スタジオを営むヨハンは陰の共謀者である召
>>続きを読む

深夜の告白(1944年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

自動車保険更新を薦めるため
富豪のディートリクソン邸宅へ訪れたウォルターを
主に代わり迎えたのは美しい妻フィリスだった。
保険のセールスをするはずが魅惑的な彼女の虜になってゆくフィリスは
主ディートリ
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ガキ大将・石田将也のクラスに転校してきた西宮硝子
聴覚障害を抱える彼女は筆談用ノートを使いコミュニケーションを図るが
次第にクラスメイトの誰もが硝子の存在を疎ましく感じるようになる…



取りあえず
>>続きを読む

13人連続暴行魔(1978年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

人影もない町工場
黙々と改造ピストルを作りあげる19歳の青年は
ピストル片手に昼下がりの団地へと向かう… 







         ネタバレになるので
  ↓  作品が気になる方は閲覧しない方
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

海苔作りを営む両親の言伝で市内に海苔を届けに出向く少女すずは
道に迷った際、怪物に捕らえられカゴの中へ、
そこには晩ご飯にされてしまうと語る少年の姿があった。
夜になったら眠る怪物の弱点をつき
無事に
>>続きを読む

スペースボール(1987年製作の映画)

3.8

すっごく下らないんだけど微笑ましくて好き。
(BS録画がたまっているので感想は後で追加します)

海外特派員(1940年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

警官を殴ってしまいクビ寸前の新聞記者ジョーンズは
正義感は人一倍強く政治には無関心という性分をかわれ
社長直々に海外特派員に任命される事に。
ロンドンへ派遣されたジョーンズはオランダの外交官ヴァンから
>>続きを読む

悪魔の教団/レッド・モンクス(1988年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

あらすじは後で追加します。評価」2.2




         ネタバレになるので
  ↓  作品が気になる方は閲覧しない方がいいです。 ↓









    ☆ -------------
>>続きを読む

美人ダンサー襲撃(1977年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

何者かにより薬局内で殺害された薬剤師デザン
犯行後、逃走を試みる犯人のもとへ訪れたのは
頭痛薬を求めるダンサーのマーラだった。
閉ざされたドア越しに閉店を告げマーラを追えす犯人
だがデザンの死体が発見
>>続きを読む

ギムリ・ホスピタル(1988年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

むかーしむかし
天然痘を患いギムリ病院に入院した漁師エイナーは
看護婦にモテモテの患者グンナーと親しくなるが
偶然か否か二人にはある接点があった……
危篤の母親を見舞った孫へ祖母が語る昔話。


* 
>>続きを読む

ドント・レット・ゴー ―過去からの叫び―(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

不甲斐ない父親に不信感を抱くアシュリーの
心の拠り所となる叔父ジャックは弟を穴埋めをするかのように
姪っ子アシュリーの些細な事にも相談に乗っていた。
だが或る日、アシュリーからかかってきた電話が途中で
>>続きを読む

The Dead Center(原題)(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

あらすじは後日追加します。評価3.6








         ネタバレになるので
  ↓  作品が気になる方は閲覧しない方がいいです。 ↓










    ☆ ---------
>>続きを読む

巴里の屋根の下(1930年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

登場人物、皆がカリカリしてるように感じられたんだけど
やっぱり映画って観る人によって
全く感じ方が異なるんだね…
ユーモアが感じられたらまた違ったんだろうけど
ヒロインもちっとも好きになれなかったな。
>>続きを読む

Impetigore(英題)(2019年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

観たくて観たくてたまらなかったジョコ・アンワルの作品
海外での評価も高く期待値が上がりすぎていた感は否めないけど
木造の農村地、影絵、民族舞踊の音楽
石垣に這うツルや樹木など
異国情緒漂うアジアの雰囲
>>続きを読む

緋牡丹博徒(1968年製作の映画)

3.6

BS,王道だけどいい映画だったよ。
(しばらく簡単なレビューしかしません、詳しい感想はまとめて書きます)

ザ・シェフ 悪魔のレシピ(2016年製作の映画)

3.2

映画観たよ、
ちょっとケガしたのでレビューは完治してから。

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.0

評価が高すぎて
逆に気が進まなかったけど観て良かった。

怪猫五十三次(1956年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

怖くもないし芸術っぽさもない
辻褄合わせなのかってぐらい
色んな人出てきちゃっててんやわんや。
他の幽霊映画と比較すると劣るけど
幽霊の祟りや復讐よりも残された者の仇討ち劇という感じ
悪人を成敗するた
>>続きを読む

フリーズ・フレーム(2004年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

近未来的な無機質な装備、退廃的な色彩
おそらく万人受けはしない作風だとは思うけど
何かに固執し囚われの身になってゆく男の心理や
独特の雰囲気も嫌いじゃなかった。
ただアート色が強すぎてストーリーを喰い
>>続きを読む

クリニカル(2017年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

ミステリアスな展開
もしかして…なのかな、いやこうかも、駆け巡る想像
その過程は面白かったんだけどな…
前半が面白かっただけに残念。

子連れ狼 地獄へ行くぞ!大五郎(1974年製作の映画)

3.8

何もかもがカッコ良すぎて
これが最終作だなんて残念、続編作ってほしかった。
また1~3まで再見しようっと。

子連れ狼 親の心子の心(1972年製作の映画)

3.6

大好きなシリーズ
前3作の方が面白かった気がしたんだけどな、
確認してみたら3,4と厳しめの評価
本作はあまりユーモアは感じなかったけどアクションは強め。
もう一回、1から観てみようかな、再見したら採
>>続きを読む

妻の死の価値(2007年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

妻に浮気がバレてしまい夫婦仲に亀裂が生じたクリフ
強気な妻に頭のあがらない彼は
夫婦関係を修復させるべく妻とドライブに出かけるが
不注意により道路を塞いでいた大木に激突
横転した車内から何とか這い出た
>>続きを読む

がんばれ、リアム(2000年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

不況の煽りを受け安い賃金で働く労働者の流入により
職を奪われ失業者が増えつつある最中
造船所で働いていた父も解雇となってしまう。
家族5人で仲睦まじく暮らしていたリアム家だったが
父の失業により生活が
>>続きを読む

マッド・ハウス(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

新たな環境で心機一転をはかるサラは理想的な物件と出会う。
住人が集う広い中庭に洒落た部屋
何より気軽に声をかけてくれる住人の親しみやすさに
心惹かれた彼女は新生活に胸躍らせていた、
だが転居して間もな
>>続きを読む

キラーソファ(2019年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

殺人事件の捜査のために
ダンサーとして活躍するフランチェスカのもとへ訪れた刑事
かつて彼女の恋人だった男性の切断された写真を提示すると
事件解明のため情報提供を求められるが
フランチェスカは男性からの
>>続きを読む

トワイライトゾーン/超次元の体験(1983年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

このドアを想像の鍵で開けてください、新しい次元が広がります…
プロローグと4話のオムニバス






         ネタバレになるので
  ↓  作品が気になる方は閲覧しない方がいいです。 ↓
>>続きを読む

美しき緑の星(1996年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

自然体と自然、便利の代償、
ユーモア溢れる人達の姿に
失ってしまった多くのモノをまた改めて気付かされる
現実社会が動物農場になりつつあるからこそ
スピリチュアルっぽさが胡散臭く感じ部分もあるかも。
>>続きを読む

The Blue Hour(英題)(2015年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

学校での虐め、家族からも蔑ろにされどこにも居場所がないタム
ゲイである事へも後ろめたささえ感じてしまう孤独な日々
そんな中、インターネットで知り合ったファムと出会う。
心惹かれる合う二人の関係は親密に
>>続きを読む

The Wretched(原題)(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

両親の離婚を受けとめきれずにいるベンは
休暇中、離れて暮らす父親と過ごす事に、
船着場のバイトで知り合った同年代のマロリーや
隣人の少年ディロンとの出会いもあり
長閑な環境でゆったりとした時間を過ごし
>>続きを読む

>|