わかなさんの映画レビュー・感想・評価

わかな

わかな

夜明けのすべて(2024年製作の映画)

3.9

人の中に自分ではどうしようもないことがあるように、外の世界にもどうにもならないことがある。みんなに等しく朝が来る。
カムカムの亡霊である私は2人の再会がとても嬉しかったけど、「藤沢さん」と「山添くん」
>>続きを読む

アナログ(2023年製作の映画)

4.4

みんながみんな誰かのことを思って行動してるあったかい映画!お母さんと指切りするシーンが特に好きだった。なんの邪念もないラブストーリーを久しぶりに観た。
桐谷健太と浜野謙太の友達ぶりが最高。大阪まで来て
>>続きを読む

Gメン(2023年製作の映画)

4.3

仕事終わりに観るには最高だった〜
登場人物みんなキャラ立ちしてて2時間あっという間だった!
特に岸くんファンってわけではないけど、門松勝太ガチ恋で困った。
コメディとアクションのバランスも良かった!

君たちはどう生きるか(2023年製作の映画)

3.7

なんだかよくわからないけど、宮﨑駿の映画だということはよくわかった

キングダム 運命の炎(2023年製作の映画)

4.9

紫夏編、想像していた展開なのに涙が止まらなかった。杏さんと吉沢さんをはじめとするキャスト陣の熱演と、臨場感がものすごい。

馬陽の戦いも、飛信隊の活躍が気持ち良くてなんだか泣けてきて…。
って感動して
>>続きを読む

リバー、流れないでよ(2023年製作の映画)

4.3

やっぱりヨーロッパ企画の脚本大好き。
非日常群像劇が本当にうまい…。
異常事態で謎に結束力が強まっていく様がめちゃくちゃツボなんだよな〜!!!
「2分を繰り返す」という前情報だけで鑑賞したので、こんな
>>続きを読む

サマーフィルムにのって(2020年製作の映画)

3.9

眩しすぎるよ、私にはもう2度と戻ってこない青春時代が眩しい!!!
ビート板が時かけ読んでたけど、ストーリーが時をかける少女のオマージュっぽいな?
女子3人組の親友感がとても良かった〜!
凛太郎が未来か
>>続きを読む

1秒先の彼(2023年製作の映画)

4.1

京都を舞台にしたファンタジーラブストーリー。「1秒」ずれることが重なってもたらされる世界…
ハジメとレイカがとにかくキュート。2人ともちょっとずつズレてるんだけど、そのズレを岡田将生と清原果耶がうまく
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

3.7

夏っぽい映画が観たくて。
何気にしっかり観たのは初。
夏の長野、the夏で最高!
わびすけさんとおばあちゃんがめちゃくちゃ良いのよ〜〜!!!

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -決戦-(2023年製作の映画)

4.5

漫画読んでて展開知ってても泣いてしまった。吉沢さんと虹郎くんの闇の演技が光る。

この豪華キャストはもう集まらないと思うけど、こういう終わり方なのね。武道の戦いは続く、ってことね…。

場地さんと千冬
>>続きを読む

交換ウソ日記(2023年製作の映画)

4.2

王道胸キュン要素を盛り込みつつも、軽すぎないラブストーリーだった!
とにかく文哉くんのビジュがいい。片思いに苦しんでる時の表情が1番魅力的です…

前から待ち望んでた文哉くんと板垣瑞生さんの同い年共演
>>続きを読む

honey(2018年製作の映画)

3.4

少女漫画原作とは思えない物騒な展開があって驚いたけど、平野さんがかっこいいのでオールオッケー

怪物(2023年製作の映画)

4.6

誰かにしか手に入らない幸せなんてしょうもない。
子役2人の瑞々しい演技と大人キャストの重厚な演技が光る!
人間誰もが、社会という怪物に脅かされてるのかもしれない。

メタモルフォーゼの縁側(2022年製作の映画)

4.3

えりちゃんを羨んでたうららが、「頑張って」と声をかけることができた描写でうららの変化を表してるのが良かった。終始優しい世界観で泣けてしょうがない。
つむっちとの幼馴染としての距離感も最高。

ヴィレッジ(2023年製作の映画)

4.0

どこにも救いがない話だけど、こういう重い話は好きだと再確認。
「犯罪者の息子」を背負ってずっと生きてきたのに、父をその状況に追い込んだ張本人は何にも覚えていないという現実。
「村八分」という歴史の授業
>>続きを読む

東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-(2023年製作の映画)

4.5

一言でまとめると「愛憎」
爽やかさとはかけ離れたドロドロのブロマンス、大好物です。
追加キャストがめちゃくちゃ良い味出してた。永山絢斗さんと虹郎くんがすごーーく良かった。永山さんに葛藤する役をやらせた
>>続きを読む

監視者たち(2013年製作の映画)

3.6

🐿なジュノがいい感じに生意気でよかった。ストーリーはシンプルだけど、映画としてはわかりやすくてとてもよかったです!!

BLUE GIANT(2023年製作の映画)

4.3

ボコボコに言われても諦めずに自分を曝け出した雪祈が好きだ…。轟音上映で観てよかった。特にサックスは生で聴いてるみたいだった。天音くん声優向いてると思った!!

桜のような僕の恋人(2022年製作の映画)

3.7

桜の季節に観てよかった。原作読んで映像にしたら綺麗だろうな〜と思ってたけど想像通り!永山絢斗と桜井ユキの演技がめちゃくちゃ好きだった。終盤やっぱり残酷〜!!

君の結婚式(2017年製作の映画)

4.3

たった一言の失言で大事な人を失ってしまった切なさ。何事もタイミングが大事だな…。
キムヨングァン、初恋の人を追いかけるとか似合いすぎる。パクボヨンとの身長差も可愛くてお似合いだった〜!

阪急電車 片道15分の奇跡(2011年製作の映画)

3.8

原作が大好きなので敢えて観てなかったけど、ほとんどのエピソードが上手くまとめられててよかった〜!あと関西弁ネイティブの人多くてキャスティングもよかった。中谷美紀さんの説得力よ…。

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

3.7

中学の同級生の多田と行天。2人のコンビネーションがクセになる。べったりじゃないんだけど、お互いが欠かせない存在で。
2人ともちょっとベクトルは違うけどめちゃくちゃ良いやつ。良い人っていうか、良いやつっ
>>続きを読む

私のオオカミ少年(2012年製作の映画)

3.6

ソンジュンギが体当たりで狼少年を演じてる。食べ方も豪快で話もできないチョルスがスニに手懐けられていくのが最高。パクボヨンほんっと可愛いな…
ユヨンソクがめっちゃくちゃ嫌な奴で出てきた時驚いたけど嫌な役
>>続きを読む

タイタニック:ジェームズ・キャメロン25周年3Dリマスター(2023年製作の映画)

5.0

劇場で鑑賞できて本当に良かった。
やりたいことの1つが叶った。
オールタイムベスト更新。

マチルダ・ザ・ミュージカル(2022年製作の映画)

3.4

学校が遊園地化したのには笑ったけど、子どもが悪い大人に立ち向かう話は良いね

その日の雰囲気(2015年製作の映画)

3.6

すべてが想像通りの展開だけど、ユヨンソクとムンチェウォンという好きな2人のラブコメなので満足。ユヨンソクなんでこんなに色気があるの〜!!

ONE PIECE FILM RED(2022年製作の映画)

3.4

ウタのことが最後まで好きになれなくて不完全燃焼になってしまった。後半は熱い展開も多くて面白かったし、Adoの歌はすごく良かったです。ていうかこれ、冷静になったらめちゃくちゃ怖い話じゃないですか…?子ど>>続きを読む

ブラックナイトパレード(2022年製作の映画)

3.5

せっかくの福田作品なのに、吉沢さんのおふざけがあんまり見れなかったのが残念。今度はもっとぶっ飛んでる役やってほしい。福田作品好きなんだけど今回はあんまり笑いのツボに入らなかったな…。
サンタクロースハ
>>続きを読む

ラーゲリより愛を込めて(2022年製作の映画)

4.5

この作品のことを思い出す時は、いとしのクレメンタインを聴こうと思う。こんなに重くて辛いお話なのに、思い出すのは登場人物の笑顔と涙。どんな時でも、生きてさえいれば、そこにはきっと希望がある。山本さんが訴>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

3.9

その土地の人々の声が「いってきます」「ただいま」とか、ありふれてるように思えるもので。
それさえ言えればいいのに、突然言えなくなってしまうんだな、って思った。
震災は自分も体験したことなのにどこか他人
>>続きを読む

初恋(2006年製作の映画)

3.4

宮﨑あおい見たさに鑑賞。新解釈三億円事件。
実際にあった事件を取り扱っている割にはあっさりしているような…?
10代の青臭さと昭和の雰囲気が相まってすごく危うい雰囲気を醸し出している。学生運動とか今と
>>続きを読む

劇場版 私立バカレア高校(2012年製作の映画)

3.5

普通に面白いんだけど、劇場版ならではの盛り上がりに欠けるというか…。脚本もツッコミどころ満載だしな。玉森裕太さんが全部持っていった感。久しぶりに尖ってる玉ちゃんが見れて満足。
文恵×哲也ルートの希望を
>>続きを読む

線は、僕を描く(2022年製作の映画)

4.0

重い過去に囚われた霜介が水墨画に出会い、自分に向き合うことになる。
水墨画を描くシーンの美しさとパワーがすごい。臨場感とか瑞々しさがすごく伝わってきた。一本の筆と墨からあんなにパワーをもらえる絵が生ま
>>続きを読む

レオン(2018年製作の映画)

3.5

ネトフリ配信終了前に、吉沢さん目当てに。

ドタバタコメディを想像していたら、それ以上にとんでもないコメディだった。様子のおかしい山崎育三郎さんと何にも知らない不憫な吉沢さんが見どころ。吉沢さんが爽や
>>続きを読む

アキラとあきら(2022年製作の映画)

4.2

新人研修で火花を散らした瑛と彬が別々の道を歩み、9年経ってから共に1つの案件を担当する。

主演2人のキャスティングが絶妙だった。竹内涼真の熱さは嘘がなくて、やっぱり池井戸作品に向いてるなと。横浜流星
>>続きを読む

>|